2008年06月20日

1993年凶作相場

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン2110円安〜2280円安 灯油 2940円安〜3250円安 原油 910円〜2380円安 で推移 夜間 15:00現在 132.30ドル△0.37 昨晩のNY原油市場は、中国がインフレ抑制を目的とした石油価格や、電気料金の値上げ報道した事が需要減退観測に繋がってのもの 東京市場では海外安を受け 一時 ストップ安の急落したが、売り一巡後は下げ巾を削る展開だが、中国が、たった 20〜25%程度 製品価格の値上げしただけで、需要減退するものなら、30ドルだった原油が、5倍近くの140ドルまで上昇するはずがないし、元高もあって、インパクトは少ない。WTI納会を過ぎ 次週からの波動が楽しみでもあり、恐くもある。

 225先物市場は、13960円▼180安 中国株安や、モノラインの格下げによる不透明感により続落 7/11SQ納会まで、3週を残す事となったが、だいたいの着地地点が見えてきた。

 中西部を襲っている洪水は、15年ぶりとの事だが、東京コーンは、当時上場していないし、穀物系は、IOM大豆だけだった。当時の記録的な被害は、「Great Flood of 1993」と言われているようだ。当時の凶作モデルから、今年の穀物相場を予測すると、概ねのパターンが見えてくる。大豆・コーンのイールド(単位面積収量)は、当時と同規模を考えて、10〜15%ダウンと考えられる。収量減少分を価格で折り込む為には・・・。 今年の穀物相場を勝つ為には、凶作モデルパターンを頭に叩き込む必要がある。1993年凶作相場の価格推移パターンを日足チャートで確認した上で、10〜15%減産モデル作戦で、望めば勝機が見えてくるか? 週末会員報で、コメントしたい。 1993年当時の日足を見たいなら、簡単操作のエッジトレーダーをお勧めする。

 夏相場を勝つ! 週報会員(商品)募集中 大相場に強いぞ〜  →詳細はこちらから

landsky at 18:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔