2008年06月26日

馴れ合い相場

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落 16:05分現在 ガソリン 1730円〜1970円安 灯油 1480円〜1970円安 原油 230円安〜2080円安で推移 夜間 8月限 134.41ドル▼0.14 昨晩のNY原油市場は、需要低下を示す在庫統計の発表が嫌気され下落したもの 東京市場では、海外安を受け 全面安の展開だが、12日移動線割れは、3週間ぶりだけに、大騙しか、崩れの初動か? 今後の展開が注目される。一歩間違うと、夜放れ連チャンストップに遭遇するから、リスク管理が難しい。 これで、不発なら 次ぎのシナリオが、見えて来る。

 225先物市場は、13850円▼30 FOMCを無事通過した安心感から、高寄りスタートしたが、買いが続かず、頼みの年金買いも、小規模に留まり、結局伸び悩んで引けた。過去2ヶ月間に渡り、13500円〜14500円の保合相場が継続している事は、今後の波動発生を示唆するもので、現状では、参戦リスクも高いが、指標が出現するなら、打って出るのみ

 ユーロ/ドル相場に気を取られ、ドルの暴落・暴騰が恐いと見ていたら、いつの間にか、大きく暴落しているのは、日本円だった。対ユーロでは、史上再安値を更新しており、この3国通貨で順位を決めると、ダントツで強いのは、ユーロ やや弱いのが、ドル 一番弱いのは 円との構図だった。対ドル・対ユーロの両国に対しての、円安が、株式市場の底堅さに繋がっている。 ユーロとドルの馴れ合い相場は、7/3日のECB理事会での、金利引き上げに向け 大きく動こうか?

landsky at 16:51│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔