2010年09月21日

理不尽なストップ刈りの襲来

大躍進中?? →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 日経225先物市場は、9530円▼40円 米国株高を好感して買い先行後は、今晩の米FOMCを前に積極的な売買が見送られ、売り戻される展開で引けました。FOMCは、27:15分(明日未明)で、さらに米国が、金融緩和するなら、ドル安・円高傾向となるので、米株にとっては、上昇要因 日本株にとっては、円高での下落要因となります。 双方ともに、逆三尊型が完成しており、侮れる線形ではありません。

 底入れの形状は、大別すると、長期低迷型の、ナベ底の他、1点底 2点底(ダブル底) 3点底(逆三尊型)とあります。 後ろに行く程、反発力が強いものです。 なぜなら、安値圏での滞空時間が長く、安値取り組み=売り仕掛けした人が多いからです。  この場合、買い戻す暇を与えずに、急騰する事が多いものです。日経平均も、米株も、今回は、逆三尊(三点底)からの上昇なので、慎重姿勢が懸命でしょうか?

 今日の石油市場は、海外高に上昇 東京ガソリンは、90円〜160円高推移  夜間原油 11月限は、75.96ドル▼0.23 週末のNY原油は、2週間ぶりの安値圏で終了したのに反して、昨晩の市場では、米株高を背景に反発 東京市場では、小幅高で引けており、3連休で、どれ程 上ぶれして帰ってくるか期待しましたが、期待外れの展開でした。 しかし、今晩からの、東工取の、夜間取引延長で、どんなに、恐ろしい揺さぶりが、これから、待っているか?? 今月からの、上位10社の、手口非公開で、彼らは、安心して、価格の誘導・操作が出来ると言うもの。 買い方・売り方双方とも恐怖の、理不尽なストップ刈りが想定されます。  

 実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!



landsky at 15:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔