2012年08月22日

強気材料も知ったら終いです

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。

 日経225先物市場は、大引け 9110円-40円 前日の米株安や、短期的な過熱感に、前日夜間高値 9250円から一転の小反落スタート後は、投機筋の2000枚規模の売りが頻発し下げ幅拡大したものの、後場からの売り一巡後は、今晩の米FOMC議事録を前に、売り進む向きも見られず、様子見ムードが拡がり、下げ幅を縮小して引けました。ダブル底&ダブル天井型となっていますが、高値を出し切ったのでしょうか? 出し切ったなら、2週〜5週程度の下落波動が期待されます。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +220円〜+460円高推移 夜間原油 WTI 9月限は 96.52 ドル推移 北海原油 9月限は、114.26ドル推移 ユーロ高によるリスク選考の投機買いに昨日の欧州時間から、上昇した市場でしたが、高値更新後は、反落しています。リスク選考の動きに、投機マネーの買い攻勢でしたが、シリアの内戦が、中東全域の紛争への波及懸念が、不安感となって過剰に反応していますが、強気材料も知ったら終いです。

 東京白金は、売り飽きムードの中で、爆上げ連騰となっています。南アフリカの鉱山の暴動をきっかけとして、火が点いたようです。 アパルトヘイト(人種隔離政策)を不満として、黒人労働者組織が、白人鉱山経営者側への不満を募らせての暴動は、1990年台の20年以上前の過去の話です。ネルソン・マンデラが、ノーベル平和賞を受賞しでも、南アの人々は、貧困から抜け出せず  今は、黒人労働者同士の抗争のようですが、白金は、3ヶ月ぶりの高値更新しており、売り方は総踏みの価格域まで上昇しています。今後の1週間が重要な局面を迎えそうです。



landsky at 16:58│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔