2012年11月28日

今回も、絶妙なタイミングで売り参戦

こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、9300円-130円安  ドル高や米株安に、軟調なスタートとなった東京市場でしたが、寄り付後には、海外ヘッジファンドとみられる株価指数先物への買いが断続的に入ったようで 9410円までの戻りがあったものの、後場からは円高進行に、利益確定売りが膨らみ安値引けして引けました。 5日移動を割れる予想どうりの下落でしたが、以下チャートのように、今回も、絶妙なタイミングで売り参戦が出来ました。非の打ち所のない条件が揃って、行きも帰りも、利益を頂けそうです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン、-190〜-560円安推移 米株安やドル高連動で下落した海外市場に、東京市場は反落して引けました。決算期末に向けたファンドの換金売りと思われ、軟調継続は、××日頃頃までと思われます。次ぎの波動に乗り遅れないように・・・・。

 昨日発表のCFTC建ち玉報告では、対ドルで円の売り越しが増加した事 対ドルで、ユーロの売り越が増加しており、各通貨で、ドル買い参戦が有利と思われます。昨日の戻り高値は、美味しく、ユーロを売らして頂きました。あとは、何時 鍋に入れるか? 



landsky at 17:02│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔