2014年10月31日

売り玉が踏まされました。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。午後からは驚きの相場展開でした。怪しい雰囲気はありましたが、多数のポジションを仕掛けていると、個々に戦略を検討すると頭がフリーズします。曲がった玉は撤退 利が乗ったポジションだけ残すと、シンプルに考えるのが得策です。

 日経225先物は、16490円(+820)引け 米株高やGPIF改革の認可公表するとに、新聞報道に朝から買い先行後は、13:40分頃に日銀が追加金融緩和するとの報道に急騰、円安進行を巻き込み連動しながらの、暴騰劇となりました。昨日の信用空売り比率は、36.6%と異常値が出現した事による咎めが今日の後場、爆騰につながったようです。GPIF材料と、日銀追加緩和で強気材料の出尽くしと思いましたが、想定外の動きには向かわない事が大事です。生き残るこつでもあります。

 東京ガソリンは、先限 74480円(+450) +330〜+450円 ドル高進行による欧米石油市場の下落に前場は下落でしたが、後場の日銀緩和からの円安進行に、東京ガソリンはプラス圏に復活する上昇で引けました。しかし 所詮、円安は、ドル高進行の裏返しであり、ドル高は欧米石油市場の下落であり、どちらが強いのか? 格言どうり、相場に聞けば解る事です。 

 驚きの円安進行 しかも、日経1面のGPIF報道は、塩崎大臣が”聞いていない”と、本日の公表については、否定しており、どんな経緯で報道されたのか? ガセネタで相場を動かすのは仕手相場と同じです。せっかくの売り玉は、踏まされました。せっかくのFXの6連勝記録(+1685pips)が、昨日のロスカットヒット(-100pips)でストップしました。

 



landsky at 17:25