2017年04月18日

投機筋の理論

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 ドル円相場は、北朝鮮の地政学リスクに108円台前半まで突っ込みましたが、今日は戻しています。日本が被害を受ける地政学リスクでも、円が買われるのは、これ如何に? 理屈で考えれば、円安なのですが? 相場は、投機筋の理論で動くものです。 以下日足のように、チャネル急所からの小反発です。

 日経225先物は、6月限 大引け 18440円△130 米国株高や円安進行に、日系平均は大幅高寄りスタート後は上げ幅縮小して引けました。 今日の高値18550円は、前週末SQ値との窓であり、上値への忘れ物を取りに行っただけとも思えます。やはりSQ値は上値の節目となりました。

 東京ガソリンは、先限  大引け 50420円 +240円〜+210円 シェールガス増産を受け下落した海外市場に、東京市場は円安相殺で小幅高で引けました。さて、NY原油のPCサイクルが新トレンドに入っているならば、確率80%で・・・。

sekiyup0418op1

landsky at 17:37