2017年08月10日

大勝負をかけようか?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 災害は忘れた頃にやってくると言うが、相場の世界も同じもの。相場の安定的な勝利は、慢心を生み、その慢心は、予想しなかった、魔坂の相場で大損切りを招くもの 曲がり出した焦りで、損を取り返そうとすると、どんどん深みにはまり込むアリ地獄と同じである。 絶好調の時に不振の種がまかれ、不調の時にこそ 成功の種がまかれる。 曲がりの時期か、当たりの時期か? 相場を読むより、自分の流れを読む事が大事です。 さて、次週こそは、大勝負をかけようか? 思案中です。 

 日経225先物は、9月限 大引け 19710円▼20円 北朝鮮情勢が警戒される中、日経平均は昨日の反動に小幅高寄り後、小幅続落で引けました。注目のSQ値は、1万9825円92銭で着地ですが、 過去2ヶ月間の保合を下抜けしている事から、下値波乱は続きそうで、グアムへのミサイル威嚇の北朝鮮情勢が明日からの3連休でどう進展するか注目されます。

 東京ガソリンは、先限  大引け 49110円△380円 +410円〜+380円 米在庫統計の発表を受け、3日ぶりに反発した海外石油に東京市場も反発で引けました。重要変化日を、迎えるドル円相場と、戻り天井圏を形成しつつるNY原油は、相反する方向性を示しており、東京市場での反応の仕方が難しいところですが、テクニカル的な急所に達するなら参戦するべきかと見ています。



landsky at 16:25