2018年04月16日

シリア攻撃は1回限り?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。米英仏のシリア攻撃後に、最初に開く市場ととして、東京市場の出方を楽しみにしていましたが、無風状態だった事にがっかりです。円相場は、円高に振れなかった事は、本質的に相場が弱い事を示唆しているのか? 注目されます。怖いので、ポジションを減らしていましたが、明日からは拡大して行きます。しかし、損も嫌だけど、お金もあまりいらないので、程々にしたいところです

 日経225先物は、6月限 21850円△40円(引け現在) シリアへの軍事攻撃は、1回限りで短期に収束するとの見方に、日経平均は小幅高で引けました。ドル円相場は、107円前半の動きであり、とリスク回避に動いていない事も好感されているようです。今晩の欧米市場はどう反応するか? 投機筋の出方が注目です。

 東京ガソリンは、先限 大引け 58620円(-480)(大引け) -240円〜-480円 シリア攻撃で、どこまで走るか期待した石油市場でしたが、高寄り後は反落で引けています。以下週足のように、多くのシーンでサポートされた200週移動が下降中である事から、本格的な上昇波動には、日柄不足のように思います。

sekiyuq0414

landsky at 17:22