2018年05月30日

有名なサブリース悪徳会社

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 レオパレス21 (8848) は、建築基準法違反の手抜き工事が見つかり、753円  -71 円 (-8.6%) で引けました。会社側は、「意図的な手抜き工事ではない」と言って、業績に対する影響も少ないように言っているが、この会社は、有名なサブリース悪徳会社あり、サブリースを切られて返済不能となった任意売却物件を多く見かける。 奴ら、確信犯であり、悪事がまだまだ炙り出されそうな雰囲気です。株価はまだまだ下がるか?注目してます。

 日経225先物は、6月限 22030円▼270円(引け現在) 前日に引き続き、欧州政治リスクに下落した欧米株に、東京市場は大幅続落で引けました。 独DAX指数も、日経平均と同じように、50日移動への下落であり、0.382押し達成した事もあって、陰の極となりやすいところです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 61290円(-230)(大引け) -400円〜-230円 サウジ・ロシアの増産警戒に下落した海外市場の流れに、東京市場も続落で引けました。概ねシナリオどうりの展開ですが、ラマダン明けの投機マネーの変化を警戒です。 

sekiyuq0530op

landsky at 16:25