2018年09月05日

天災時には賠償責任はなし

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。昨日は、60年ぶりの風台風が近畿圏を襲来です。被害の全貌は、不明ですが、現在解っているだけで、所有するマンションや、本社ビル等、3棟に被害を被っています。2棟は建物被害なので、保険対応が可能ですが、1件については、物置がマンション入居者の車に衝突して、車が破損したと言う事です。当然のように保険賠償と思っていたら、保険屋曰く、天災時の賠償責任は、火事と同じように、民法では免責となる為、保険金は出ないとの事です。賠償責任ないとしても、家賃を貰っている入居者なので、無下に突き放すわけにもいかず、見舞い金との対応になりそうです。不動産投資にも、様々なリスクがあるものですが、今のところ少額の損害で終わりそうです。

 日経225先物は、9月限 22560円▼210円(大引け) 米中貿易摩擦が激しくなることを警戒して、日経平均は反落で引けました。前日の米株安に加え、中国株の下落も嫌気され下げ幅拡大したようです。米国との貿易摩擦は、カナタ・中国・欧州・日本と多くの問題を抱えており、9/20日の自民党総裁選も控えて、不透明感は残りそうです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 64360円(+80)(大引け現在) +220円〜+80円 メキシコ湾への暴風雨接近に急伸後は、ドル高進行に上値抑えられ反落の海外市場でしたが、日足を見る限り、目先はコツンとした感じがします。 



landsky at 17:20