2018年09月28日

関西直撃の可能性

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 前回の台風21号の被害修理も終わっていないとこに、またもや、大型の台風がやって来ます。関東への影響は陸地を通過する事で勢力の減退が予想されるので、大きくはないでしょうが、予想進路で上陸・直撃が見込まれる関西は、戦々恐々です。自動車もひっくり返り、新築の屋根瓦も飛ぶような台風がまた来ると思うと・・・。憂鬱な休日となりそうです。 

 日経225先物は、12月限 24130円△300円(大引け現在) 113円台半ばへの円安進行に、日経平均は高寄り後は上げ幅拡大です。輸出関連株を中心に全面高となっており、27年ぶりの高値更新となっています。FOMC後の下落巾は、250円程度と限定的でしたが、9/7日安値(22180円)からの上昇幅は、2110円巾と待ったなしの連騰パターンであり、年初来高値を更新したばかりであり、追随買いするにしろ、リスク戦略が難しいところです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 69660円(4月限)(大引け現在) +190円〜+480円 イラン原油の供給減少に対して、OPEC&非OPEC諸国は、増産の意向がない事や、戦略備蓄の放出に対して否定的な事など、強気材料ばかりの環境になって来ましたが、投機マネーは、さらなる買い上げを狙っているか?

sekiyuq09281op

landsky at 18:13