2018年12月17日

商品相場と株式相場は、経済の両輪

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。公開価格1500円で決定したソフトバンクの上場が、今週の19日(水)にあります。1万株ぐらい買って、初値で売り抜けようかと思いましたが止めました。10%程度の利益が見込めそうですが、来年からの通信料金値下げの趨勢や、米国株の天井感など悪材料が多い中、20%の税金払って妙味は薄いと判断しました。10%損なら、150万円 10%利益なら、120万円(手取)ですが、初値はどう出るか興味津々です。

 日経225先物は、12月限 21450円△150円(大引け現在) 米株の大幅安の反面、日経平均は小幅な高寄り後は反発で引けました。円安が下支えとなっている事や、週末の大幅安で中国景気の悪化は織り込まれているとの評価され本日の上昇となっているようです。今週は米FOMC後の円高進行が警戒されます。

 東京ガソリンは、先限 大引け 52970円(-330) (大引け現在) -250円〜-330円 中国経済指標の悪化に下落した海外市場に、東京市場も軟調で引けました。商品相場と株式相場は、経済の両輪 米株に陰りが出た以上、商品相場の多くは、戻り売り戦略が必要でしょうか?



landsky at 17:01