2018年12月25日

ダブル天井と、消費税再延期シナリオ

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。この日本株の暴落は、消費税増税の再延期を示唆するもので、安倍首相は、来年の衆参同日選挙を目論んでいるようで、消費税延期の是非を問う、大儀名分なら勝てると踏んでいる事でしょう。株式投資は、消費税延期シナリオで、戦略を練り直すべき。

 日経225先物は、3月限 18970円△150円(大引け現在)  前日の米株大幅下落を嫌気し、日経平均は朝寄りから、窓を空け暴落して引けました。 米政府機関の一部閉鎖懸念などで、リスク許容度が低下した海外勢が日本株に売り攻勢をかけたようです。ているようです。 2万円の大台割れ語は、ある程度のリバウンドを期待しましたが、クリスマス休暇中の早すぎる展開に驚きです。上週足では200週移動をあっさり割れており、日経平均は、ダブル天井からの下値目標値は、2.0倍下げ=15800円も試算されるところです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 43220円(-4080) (大引け現在) -2320円〜-4080円 クリスマス休暇前の短縮取引の中、米国と中国の貿易摩擦激化による世界の経済成長や原油需要減少警戒に大幅下落の海外石油に、東京市場は暴落で引けました。早い段階から、2014年モデルの暴落パターンを予測しながら、上手く売り参戦できなかったのが悔やまれるところです。

sekiyuq1225op

landsky at 18:05