2019年02月12日

今日もストップ安!

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 レオパレス21(8848)の株価が、335円▼80円と、2日連続のストップ安 手抜き工事の補修工事費用で、赤字幅の拡大見通しの発表によるものです。地主に寄生して、暴利を貪るビジネスモデルが、その内に破綻すると思っていましたが、案の定です。同じビジネスモデルは、レオパレス21の他、大東建託、東建コーポレーションも同じ穴の貉です。 長期一括借り上げと謳って、途中で賃料を大幅減額させる手法で、昔から多くの競売物件をみかけます。 地主とは、本来 「農地,山林,宅地などの土地を貸し付け,その地代で生活する者」ですが、今の地主の殆どは、戦後の農地解放で、無償で土地を分け与えられた小作人上がりである事が多く、労せず土地を得た人の二代目か、三代目なので脇が甘いようです。財産を作る事は簡単でも、相続して、何代も受け継ける事は難しいものです。

 日経225先物は、3月限 20880円△590円 大引け現在 休日中のアジア市場が堅調に、日経平均は高寄り後は、買い戻しが誘発され大幅高で引けました。夜間安値は、20160円からの上昇幅は、720円であり、待ったなしの暴騰劇です。 上のドル円チャートは、25日移動を割れずに上伸しているのに対して、日経平均は大騙しに振るい落とし後で、提灯買いが投げさせられ、取り組みは軽くなった分だけ、上昇スピードが速かったようです。振るい落とし後の上昇は、買う暇(時間)を与えない事が鉄則であり、投機筋の力技が勝ったようです。騙されて、悔しいです。
 
 東京ガソリンは、先限 大引け 52900円(+840) 大引け現在 +1090円〜+840円 海外市場の戻り歩調や円安進行に東京市場は大幅反発で引けました。ドル高進行にも下落しない海外石油市場は、底固さを感じます。株式市場同様、大戻しも警戒されるところです。

sekiyur0212op

landsky at 16:30