2019年04月25日

10連休は上振れリスク?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 昭和・平成・令和と時代は否応なく移ろいますが、新元号の令和まで引き継ぐもの、あるいは、引きずるもの、また、断ち切らなければならない因果玉も? 新しい時代も、楽しいトレードを続けたいものです。

 日経225先物は、6月限 22350円△180円(大引け現在) 前日の米株安に東京市場な小幅スタート後は、円安含みや、好業績期待の押し目買いに上昇で引けました。10連休前にしての、IV値の低下や、その他オプション比等の内部要因は、連休中の海外市場が堅調である事を示唆しており、身構えている投資家が多い分 年末のような、クラッシュか回避されそうな雰囲気です。CALL オプションの取り組みから見れば、5/10日のSQ着地は、22500円か、23000円か、上振れの可能性を考えます。 

 東京ガソリンは、先限 59800円(新甫) (大引け現在) +550円〜+400円 今週はイラン原油の輸入禁止措置を延長しないとの報道に、半年ぶりの水準まで上昇の石油市場でしたが、昨晩は米在庫統計の増加に小反落の動きです。東京市場は円安支援に上昇で引けていますが、0.618戻りを越えての上昇であり、戻り過ぎの印象ではあります。10連休中の崩落パターンをイメージしていましたが、するとしても、安心させた連休明けとなるかも?



landsky at 17:34