2019年06月27日

元手なしで資産10憶円

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。この5年〜10年の間に不動産投資に参入した人の殆どが勝ち組となっています。トレードで儲けた資金を元手に、我々もコツコツと収益不動産を買い増しして来ましたが、借金に対する抵抗もあり、低レバレッジ・低リスク戦略で進めて来たので、資産膨張も限定的でした。 しかし、脱サラして、フルローンの高レバレッジ戦略で進めた人の中には、元手なしの10年で、総資産10憶になった人もいるようです。 株やFXと比べ、トレンドが長い不動産市場です。世界的な金融緩和継続で行き場の失ったマネーや、骨抜きとなる一国二制度を嫌った、中華圏マネーが日本の不動産投資に今後も流入する公算。東証REIT指数は、12年ぶりの高値に接近中ですが、不動産市場は今しばらく(数年)は底固い動きが続きそうです。

 日経225先物は、9月限 21260円△210円(大引け現在) 米トランプ&財務長官の発言で、米中首脳会談の進展期待が高まり投資家心理が改善、日経平均は上昇して引けました。香港紙によれば、「米国と中国は暫定的な停戦で合意した」と伝えられており、中国関連株が上昇が目立ったようです。 材料的なピークアウトは、明日・金曜日か、月曜日か? 

 東京ガソリンは、先限 51430円(+90) (大引け現在) +350円〜+90円 米原油輸出の過去最大となった中、製品在庫の大幅減少に海外石油高に、東京市場も上昇で引けました。 既にNY原油の日足は、200日移動に達し戻りの急所に到達しています。ここまでは予定どうりですが、さならる上昇なら、意外高の可能性も考えられるところです。なにしろ、材料蒸し返し相場だったので・・・。

 世界的なEV自動車へのシフトに加え、米中貿易摩擦による中国の景気後退の余波は、白金需要減退懸念に表れ、金との値鞘は史上空前の値幅に開いています。通常なら産金コストの観点から減産となって需給調整が行われずはずですが、白金だけが安くても、ロジュウム・パラジュウムの価格高騰により、鉱山会社の収益は向上しています。 以下チャートで一目瞭然 NY白金は、2016年の安値近辺であるのに対して、NYパラジュウムは、3.3倍の価格水準であり、大きく乖離していまます。 

sekiyur0622e

landsky at 16:51