2019年08月16日

OPECの口先介入

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。金価格の高騰で、現物保有者の中では売却する人も多いようですが、NY金は大口ファンドは、買い越しを増加させており、さらなる上値追いの動きのようですが、短・中期的には上値の急所となりやすい線形でであり、どんな調整をするのか注目しています。

 日経225先物は、9月限 20390円△10円(大引け現在) 世界的な景気減速懸念が残る中、昨日の米株の戻りが鈍い事や、円高気味の動きを嫌気して軟調で引けました。盆休暇中の大波乱相場でしたが、一方通行にならなかった事が先行きを暗示しているように思います。 
 
 東京ガソリンは、先限 46650円(+0) (大引け現在) +10円〜+0円 景気後退不安の高まりに加え、米中貿易紛争激化が相場を圧迫 東京市場では堅調な夜間で下げ幅縮小して引けました。 OPECの協調減産を上回る自主的な減産を行っていると伝えられ、市場に対する口先介入に一生懸命なようです。景気リセッションの中、石油価格の下落はやむを得ないところです。問題はどこまで深いか?

sekiyur0808c

landsky at 17:17