2019年09月06日

次週再反落も想定

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。1999年から20年を越えた相場コラムですが、近年ではすっかり、サボり癖がつき、月3〜4回の更新となってしまってます。老体に鞭打ち会員向けに投資情報の発信を続けていますが、いつまで続ける事が出来るか?  若年層の参入が少ない事から、市場衰退も続いていますが、東京商品取引所と、日本取引所グループが経営統合する事をきっかけに、復活して欲しいところです。

 日経225先物は、9月限 21200円△130円(大引け現在) 好調な米経済指標に上昇の米株や、107円台まで進行した円安を好感して日経平均は続伸で引けました。国内機関投資家によるやれやれ売りも散見され上値を抑えらた場面があったものの、売り方は踏み切ってないようで、断続的な買いが継続のまま引けました。米株は再び、大きな窓を明けており、次週再反落も想定されるところ 国内は、どこまで上値を伸ばすとこるが出来るでしょうか?

 東京ガソリンは、先限 47870円(+70) (大引け現在)+10円〜+70円 米原油在庫減や米中貿易摩擦への懸念後退を受けて上昇した海外石油の流れを引き継ぎ、東京市場は堅調で引けました。NY原油日足は陽線の出現比率が高まっており、基調転換の可能性も浮上ですが、同時に、8/7日安値から22営業日が経過し、戻り天井の急所日柄も接近しており、58ドル以上は限定的との見方もされます。



landsky at 16:40