2019年11月14日

光陰矢の如し

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 秋が深まり段々冬への足音が聞こえて来るようです。今年の残り1月半です。歳を取ると月日が流れるのが早く感じると言います。その理由について、一節には、感動がなくなるからと言われ、歳をとると新しい経験と同時に、感動いうのが少なくなっていきます。脳はいつもの行動を行っている間は、自動処理を行なっている状態になります。その結果、時間が経っているとか自分が何かをしているという感覚と記憶処理もしないままに生活をするようになります。それにより時間があっという間に過ぎるという感覚が生まれるようです。 月日が流れるのが早いと感じる人は、新しい経験をすることが不足している、感動不足になっているという事。私も面倒がらず、新しい事にチャレンジしたいものです。

 日経225先物は、12月限 23120円▼180円(大引け現在) 前日の米ダウの過去最高値更新を追い風に小幅反発スタートした日経平均でしたが、香港情勢や米中貿易協議の動向に対する警戒感の他、中国景気減速懸念に売られ続落で引けました。米株高に対して逆行安であり、今晩の欧米市場から大幅安を期待したいところです。9月19日天井規模の下落なら、22580円 7月25日天井規模なら、21800円が試算されるところです。

 東京ガソリンは、先限 52520円(+380) (大引け現在) +450円〜+380円 米在庫週報の発表を前に、FRB議長とOPECが経済の明るい見通しを示したことが材料視され、東京石油市場は上昇で引けました。明日にずれた在庫統計では増加が予想されているようですが、12月のOPEC総会と、サウジアラムコの上場が焦点 政治的な思惑が広がります。

sekiyur1111

landsky at 16:21