2020年01月17日

過剰流動性マネーの乱舞

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。震災関連のニュースが多くなっています。 1.17のあれから25年 長い年月が経ったものです。転勤で大阪に来て、数日後の出来事であり、あの日の出来事を鮮明に覚えています。巷では、1946年の南海トラフ地震から74年が経過し、大規模地震の可能性が高いとされますが、静岡から宮崎までの広い地域で、震度5〜7の強い揺れが予想されているようです。それにしても、神戸は綺麗に復興したものです。

 日経225先物は、3月限 24030円△90円(大引け現在) 前日の米株が続伸し最高値を更新した流れを引き継ぎ、東京市場は上昇で引けました。 円相場が1ドル=110円台前半と、約8カ月ぶりの水準まで進行した事や、モルガン・スタンレーの好決算発表から、金融系全般が押上げられ好感されたようです。24000台を固めながら、さらなる上値を狙っているようです。

 東京ガソリンは、先限 55070円(+160) (大引け現在) +150円〜+160円 海外石油高や110円台の円安進行に日経平均は小幅上昇で引けました。円キャリー・トレードで、投機マネーの指標でもある、ドル円相場の円安進行はリスクオンの継続を示唆するもので、基準線上昇は、18ヶ月ぶりの指標が点灯しています。この春には過剰流動性マネーの乱舞となりそうです。

sekiyus01.17aop

landsky at 17:45