北方眼聞録

ある北海道人の、喜怒哀楽つづり… または、そこから生まれた詩の数々。

北海道人のいい所は、建て前があまり無いところ。
だから時々、乱暴な言葉を使ったり、きつ~い内容を書いたりするかも…
でも悪気はないよ(*゚ー゚*)

今回、新カテゴリー作って食事記録(時々ですが)残していこうと思います。

理由は、美味しいものを食べる楽しみを大切にしたいから…というか、美味しいという幸せ(食べる事)が好きだからですね💕

病気ごときで「食べる楽しみを奪われる」とか思い込んでいる人、「ダイエット=食べない」と思ってる人に、「そんな事はないんだよー✨」と知ってほしいのだ。

----------
さて、そんな私ですが

昨年(2016年)7月、会社の健康診断で糖尿病の数値で引っかかりました(^_^;)

何とヘモグロビンA1cが11.2%😲
10月に専門医で再検査した時には 11.6%😲😲
空腹時血糖値 270mg/dl 😭

という、このままいけば透析まっしぐらな数値だった。

※因みに健康な人の数値は
ヘモグロビンA1c 4.3~5.8%
空腹時血糖値 100mg/dl未満、食後血糖値 140mg/dl未満

まあ、祖父、父と糖尿病の家系、10年ほど前の職場のストレスによる暴飲暴食もあり、みるみる太ってしまったので当然の結果ですわね。

人生に楽しみがなければ、そのまま早死にコースもあったのかもしれませんが、まだまだ生きて楽しみたい事があるので✨✨
それじゃ、食事療法やってみるかなーって事で

栄養士さんに指導されてる

1日あたり1500kcalくらい、一食の糖質69g以内、一食の蛋白質は160kcal以内、(最近は更に、夕食は500kcal以内)

野菜などの繊維質を先に食べて、糖の吸収を穏やかにする

これらを目安に、2016年10月からスタートしました。

ただ、体質というのも人それぞれですから参考までに書いておきますね。
私、とっても太っていまして……それなのに
HLDコレステロール(善玉) が標準より多く
LDLコレステロール(悪玉) が標準以下
中性脂肪も標準の中間以下という

医師も困惑の数値の持ち主😅

そのせいなのかどうか?
食事療法始めて1ヶ月で
空腹時血糖値 120mg/dl
ヘモグロビンA1c 9.4%

8ヵ月経った現在は
食後血糖値 110mg/dl
ヘモグロビンA1c 6.0%

医師も栄養士さんも驚きのスピードで変化が表れております。


最初は1日に3回少し強めの薬、朝と夜に弱い薬を飲んでいましたが、今は弱い薬を毎食前に飲んでいて、もう少し数値が下がってきたら薬の回数や量を減らせるとの事。

このまま続けていけば、薬を飲まなくて良くなる可能性が高いとな!!

「糖尿病になったら一生薬を飲まないといけない。」という声をけっこう聞きますが、それって間違った情報なのでは?
そして、その偏った情報に踊らされて「だったら美味しいものを食べる事ができない食事療法なんてしないで薬を飲めばいい。」なんていう人も多いのでは?

そんなのナンセンス!

楽しく美味しく食べれば良いことずくめだったんですよ

というのを広めたくて、美味しそうな写真を残す余裕があった時には、その内容を紹介していこうと思います。

もちろん、ダイエットにも効果的ですよー♪
 
 



image


献立名 おおよその量 kcal(糖質 g)

の順序で記載

ご飯 90g 151(33)
筑前煮っぽいもの 中皿1 211(21)
お吸物 お椀1杯 30(2)
茹で小松菜ドレッシング味
(鮭フレークちらし)  小鉢1 40(3)

合計 432kcal(59g)

お吸物の具は、ワカメと麩 味付けは桜の塩漬け2花

小松菜の味付けドレッシングはノンオイル

ご飯が残り少なかったので90gですが、100gにしても 168(37)なので、500kcal以内で抑えられます。

少な目ご飯以外は見た目も満足な量でしょ?

ご飯少な目のままなら、低カロリー低脂肪のデザートも食べられますね💕
 
 
 

流れが変わる前の
風の正午

濃い緑の葉が光を反射して

きらめく

大地の鼓動が
幹を伝うように螺旋を描いて
大気に立ちのぼる

雲がゆっくりと動いてゆく


見つめて
聞いて
温度を感じて

私の中に… その脈動が満ちる

─── ほら

今日だけの

とっておきの音楽が聞こえてきた

少し乾いた夏のスタッカートが

「踊ろう!」と
私を誘う
 
 
 
       [END]

2017.03.13続きを読む

↑このページのトップヘ