2007年03月26日

Washington Postの安倍批判

現在アメリカの議会(下院)で所謂従軍慰安婦を巡って議論が行われていますが、24日付けのWashington Postに以下のような記事が掲載されています。従軍慰安婦の問題を拉致問題と関連付けて、安倍首相及び日本政府の対応の違いを批判するものですが、取り様によっては一種の「相殺論」になりかねないようにも思います。

Shinzo Abe's double talk                                                                    

He's passionate about Japanese victims of North Kore--and blind to Japan's own war crimes

「首相の態度・姿勢が誠実ではない」という批判のようです。

THE TOUGHEST player in the "six-party" talks on North Korea this week was not the Bush administration -- which was engaged in an unseemly scramble to deliver $25 million in bank funds demanded by the regime of Kim Jong Il -- but Japan. Tokyo is insisting that North Korea supply information about 17 Japanese citizens allegedly kidnapped by the North decades ago, refusing to discuss any improvement in relations until it receives answers. This single-note policy is portrayed as a matter of high moral principle by Prime Minister Shinzo Abe, who has used Japan's victims -- including a girl said to have been abducted when she was 13 -- to rally his wilting domestic support.

「自らの支持率を回復させるために拉致被害者を利用している」と見ています。確かに、そういう部分がないとは言えないでしょうね。

Mr. Abe has a right to complain about Pyongyang's stonewalling. What's odd -- and offensive -- is his parallel campaign to roll back Japan's acceptance of responsibility for the abduction, rape and sexual enslavement of tens of thousands of women during World War II. Responding to a pending resolution in the U.S. Congress calling for an official apology, Mr. Abe has twice this month issued statements claiming there is no documentation proving that the Japanese military participated in abducting the women. A written statement endorsed by his cabinet last week weakened a 1993 government declaration that acknowledged Japan's brutal treatment of the so-called comfort women.

日本では従軍慰安婦ですが、それに相当するのがsexual enslavementでしょう。直訳すれば「性奴隷(制)」。a 1993 government declarationとは所謂「河野談話」のことでしょうね。安倍首相は一旦は疑念を示したようですが、その後継承する主旨の発言をして微妙に軌道修正を図った模様。このあたり外交的には失策だと思います。多分今でも本音では河野談話を認めたくないのでは。もっとも、河野談話自体、その場しのぎ的なものであったことは否めませんが。

In fact the historical record on this issue is no less convincing than the evidence that North Korea kidnapped Japanese citizens, some of whom were used as teachers or translators. Historians say that up to 200,000 women from Korea, China, the Philippines and other Asian countries were enslaved and that Japanese soldiers participated in abductions. Many survivors of the system have described their horrifying experiences, including three who recently testified to Congress. That the Japanese government has never fully accepted responsibility for their suffering or paid compensation is bad enough; that Mr. Abe would retreat from previous statements is a disgrace for a leader of a major democracy.

ここで20万人という数字を出していますが、根拠が示されていないので何とも判断しかねます(historiansって具体的には誰々でしょう)。確かにこれまでのところ補償は十分ではないかも知れませんが、「アジア女性基金」を通して支払われた補償金が全く意味のないものだったとは思えません。

Mr. Abe may imagine that denying direct participation by the Japanese government in abductions may strengthen its moral authority in demanding answers from North Korea. It does the opposite. If Mr. Abe seeks international support in learning the fate of Japan's kidnapped citizens, he should straightforwardly accept responsibility for Japan's own crimes -- and apologize to the victims he has slandered.

安倍首相を弁護するつもりなどありません。元々支持していませんから。ただ、拉致問題と従軍慰安婦問題とを関連づけて、「拉致問題で国際的な支持を得たいのであれば、日本の戦争犯罪を認めて従軍慰安婦に謝罪せよ」という論理には疑問を覚えます。

もちろん、従軍慰安婦問題は「もう済んでしまった過去のこと」として黙殺することはできないと思いますが、拉致はそれとは別個の問題であり、同列に論ずるが如き論調には同意しかねます。

「右」とか「左」などという表現はあまり適切ではないかも知れませんが、所謂「右側」の方々は、拉致に関して北朝鮮当局や朝鮮総連を激しく非難する。一方で所謂従軍慰安婦については否定的な立場を採る傾向にあるように思われます。反対に「左側(リベラル派)」の方々は、従軍慰安婦問題を極めて重大な犯罪行為として日本政府及びその同調者を糾弾する。他方、拉致についてはやや消極的な立場にあるように思われます。

私自身は左右(という表現が適切かどうか躊躇しますが)どちらの側の言い分にもそれぞれ妥当なところがあると思う一方、どちらにも全面的には賛同できかねます。

最後にちょっと話がそれますが、そもそもアメリカが直接の利害関係があるわけでもない他国の行為に対して「謝罪せよ云々」などと偉そうに言えるのでしょうか。「目く○鼻○そ」の類のようにも思いますが・・・・



laoying at 15:16│Comments(0)TrackBack(0) ニュース | ニュース

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔