2017年12月11日

DESTINY 鎌倉ものがたり

mv62448-s




三丁目の夕日の作者の漫画が原作なんですね。

結婚したての作家と歳の離れた奥さん

鎌倉では人間や幽霊、魔物や妖怪が混在しているってファンタジー

堺雅人、高畑充希主演です

高畑充希は可愛いですねえ。
でも、この役は過保護のカホコのキャラと若干かぶってますね。
まあ可愛いから許せますが(笑


行ったことあって観た風景の鎌倉にこんな日常があるなんてなんか面白いですね。

いろいろ昭和感が漂いますが

話はファンタジーで、前フリが最後にわかって「ああそうなんだねえ」って感じでした

死神っておどろおどろしい感じですが、安藤サクラ演じる死神はなかなかいい感じ
彼女もいい役者です

泣いたりは出来なかったけど、ハラハラしたりはありますね。

面白かったです


☆☆☆☆☆☆6個

次は8年越しの花嫁 スターウォーズかなあ


20017年
1月5本
2月3本
3月2本
4月0本
5月2本
6月3本
7月3本
8月3本
9月3本
10月1本
11月2本
12月1本
計28本

今年は少なかったなあ計30本くらいかなあ・・・。




lapanja at 11:05|PermalinkComments(0)

2017年11月27日

火花

mv62553-s






芥川賞に輝いた、お笑いの又吉直樹による同名小説を、板尾創路が映画化。


どんな話かと思ったらこんなだったのね。
暗そうだからドラマになった時も録画はしたけど見なかった。

auのコマーシャルで浦島と鬼のこの二人だからちょっと気になって観て来た

芸人の先輩後輩の話だけど、原作者がお笑いの世界にいる人だから、実際こんな話もあるんだろうなと
リアリティはありましたね。

どの世界でも、プロ意識を持ってやるって事と、実力のあるなし、思いの大きさ、売れるのと売れないのでは何が違うんだろうって考えさせられる

若い人の話だから、ハッピーエンドなのかそうでないのかは今後に決まると思うが、
結構切ない話だと思った。

エンターテイメントではない文学の賞をとった話だからこんななんだろうね。

エンディングの歌はたけしの作詞作曲の「浅草キッド」
これも芸人だから書ける歌詞なんだろうね


☆☆☆☆☆5個


観たい映画気になる映画は東京でやってなかったり、都心まで行かないと見れない単館もの
DVDになるかなあ・・




lapanja at 15:02|PermalinkComments(0)

2017年11月22日

泥棒役者

mv62391-l






朝ドラ「とと姉ちゃん」の脚本書いた方の脚本監督です

関ジャニ∞の丸山君主演のコメディ

昔の仲間に脅かされて、泥棒をすることになった主人公
入った童話作家の家で勘違いされまくっていく話

最初は笑えるが、いつしか感動話
勘違いシチュエーションはアンジャッシュのコントのようなすれ違い
若干無理はあるけど

編集者役の石橋杏奈はNHKのコント番組で鍛えられてるからか、思いっきりできてましたね。

感動話のもたつき感はあったけどまあいいです。

高畑充希の可愛さは半端じゃないね
うまい演技です

なかなか良くできた映画でした

☆☆☆☆☆5個

最近みたい映画少ないなあ
次は何観よう

20017年
1月5本
2月3本
3月2本
4月0本
5月2本
6月3本
7月3本
8月3本
9月3本
10月1本
11月1本
計26本








lapanja at 12:54|PermalinkComments(0)

2017年10月15日

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

mv62177-s





新たに作られ、何年も前から続いてます

元々の昔の猿の惑星に続いて行くのでしょうが、調べると最初の猿の惑星は2673年の話だから、かなり先の話です。

今回もそうですが、アメリカの大好きな話ですね
奴隷のような差別、支配からの解放、独立って感じです

今回出てくる女の子がノバと名付けられるけど、最初の話で出てくる女性もノバだったようです。
まあ同一人物って設定ではないでしょうが。

戦争モノとして観ると、わかりやすい映画です。

勧善懲悪って感じですが、人間側の大佐って冷酷な感じですが、案外筋の通った人なんですね。

あと、みんな猿だから顔の区別がつかないですね。
そしていろんな環境の猿がいて、しゃべれるのとしゃべれないのでも進化の過程があってなかなかよく出来てます

オリジナルの猿の惑星ではそうとう進化して文明も発展してますのでそこまで行くのに相当な年月だったのでしょう。
猿の種類は人種の違いと見とけばいいのかな?
アメリカだから理解できる設定ですね。
日本だったらニホンザルが大多数を占めてるってなるのかな?

今回の話は
ある分岐点を迎えましたが
きっとまだまだ続くのでしょう。

きっと観るでしょうね


面白かったです
☆☆☆☆☆☆

20017年
1月5本
2月3本
3月2本
4月0本
5月2本
6月3本
7月3本
8月3本
9月3本
10月1本
計25本



lapanja at 16:55|PermalinkComments(0)

2017年10月01日

ナミヤ雑貨店の奇蹟

mv62037-l





イオンシネマズつきみ野が今度の2月で閉館って話は残念です。
グランベリーモールも再開はまだまだ先だし・・・
そんな気持ちで観て来た映画

9月最終日に観てきました

東野圭吾 原作の映画

3人の若者が強盗に入って逃げ込んだ先
もう閉店して何十年とたった「ナミヤ雑貨店」で起こる様々な奇蹟

時間軸があっち行ったりこっち行ったりで最初は頭が混乱するが
観ていくうちにつながっていき、その縁や出来事に感動します。

ファンタジーなのと映画化にあたって端折ったところもあるだろうけど
なかなかいい話でした。

逆に原作がどのように文章で表現してるかが気になります

悩み相談をしていたナミヤの店主(西田敏行)が気にしてた、相談者のその後
そして店主が死んでからの事

自分がどう人に影響を与えていたのか気になるのは、自分も思います

相談が手紙ってのがいいですね。

いいお話でした

☆☆☆☆☆☆6個


次は猿の惑星 ミックスかなあ





lapanja at 11:10|PermalinkComments(0)