2016年05月11日

ヒーローマニア-生活-

mv59445-s





前情報はほとんどなく観に行きました。
このB級感がもしかしてあたりかもって思って

演者もいい人がそろってるし、アクションもよさげ

演技が下手って言われてる東出昌大も案外コメディ系だといけるんじゃないかと思って
行ってみました


話は治安の悪い街をうだつの上がらない主人公が施設ヒーローとなりゴミ退治する話

個性的な仲間も増えて、友情やまあもろもろあってって

キックアスの日本版かな

う〜〜ん
設定やキャストは良いんだけどねえ

B級感が中途半端かな

三池監督が作ったらもっと面白かったんじゃないかと思う

はじけ方が物足りなかった。

アホにやるならもっとアホに
「変態仮面」並みにはじけてほしい。

東出ももっとはじけて良いと思う。頑張ってはいたけどね。

小松菜奈の脚は魅力的だし、彼女ははじけてた
鶴太郎もよかった。

終わり方もいまいちかな。


期待しないで行ったら思いのほか面白かったってなること多いけど

う〜〜ん
まあこんなもんか。


☆☆☆☆☆5個

今週末から結構面白いの多い気がする。


lapanja at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月02日

ちはやふる -下の句-

mv58635-s





上の句を観たんで、下の句も

少女漫画のスポ根モノですね

嫌いではない

スポ根にありがちな設定
圧倒的な強さのライバル現る!!って感じ

松岡茉優 は良いですねえ。あまちゃんでGMTのリーダーだったころはあまりぱっとしてなかたけど
今はバラエティでも活躍してますね
真剣佑(まっけんゆう)ってナニもんだよ!!って思ってたら千葉真一の息子だったのね
よく見りゃ似てる


スポ根モノにありがちな、圧倒的ライバルは高校生の割に老けたセリフ回しはまあ仕方ない
その競技において凄い才能があってもそれ以外は普通の高校生か何のとりえもないはずなのに
全てにおいて凄いってなってる設定が多い。

でもこの映画はそんなことなく競技以外は普通の高校生ってか、ダサいのはウケるね。


いやあ面白い

続編も決まったらしいけど、ここらで止めておいた方がいいような気もする

競技かるたってどんなんだろうと調べたけど、暗記力、集中力、体力、瞬発力、と必要なのね。
少し興味出たけど、暗記力が無いから無理ですな。

エンドロールで気が付きました

「つみきみほ」が出てました。
お母さん役で訛もあって。
あのころの美少女も、お母さん役やる年になったのね。

もっとじっくり見ておけばよかった。


上の句の方が新鮮で面白かったけど、上下で対ならまあよかったのかな


ファーストデーで1100円で観てきました。

☆☆☆☆☆☆6個


次はテラフォーマーかな・・・。

lapanja at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月25日

ズートピア

mv59165-l





ディズニーの映画です

横浜の動物園ではありません
yjimageUL0NK8PH






それはズーラシア

ゴムパッチンで一世を風靡したお笑い芸人でもありません
yjimage87VS2KO2







それはゆーとぴあ

動物たちが人間のように暮らす街の話です

動物戦隊ジュウオウジャーのジュウランドでもありませんimagejuumann










本能覚醒!!!(でも映画的にかぶって設定はあるのかも・・・。それは見てのお楽しみ)

そしてバンビーノにニーブラされることもありません
yjimage








この動物の世界はかつて肉食動物、草食動物があったけど
本能が抑えられ進化し共存できる世界になったって設定

ズートピア初のウサギの警官
優秀だけでど期待されてない
配属されても駐車違反の取り締まりしかさせてもらえない

ズートピアで起こった肉食動物だけが失踪する事件を
詐欺師のキツネのニックと警官のウサギのジュディが解決する話

結構よくできた話でした
サスペンスものとしてもわかりやすく面白い

色々な動物が出てるからキャラ的にすごく楽しめるしよくできた設定です

キツネが性格悪いものだって扱いだったり


事件や話の根幹の部分にアメリカ的な発想がありますねえ。

「差別」問題が根底にあるんです。
アメリカの映画って結構こんな感じだね

猿の惑星もそうだったしね。

差別からの権利を得ること

そしてアメリカンドリーム的なもの

そして大団円

まあ悪くないけど、文化の違いって映画に出ますね。


主題歌はEgirlsのAMIちゃんでしたね 
ガゼル?の声優もしてた

外国版の歌と若干声質が違って少し違和感あるけど

僕は日本版の方が好きかな。


見やすいし面白くてとてもよかったです

☆☆☆☆☆☆☆7個

次はアイアムヒーローか ちはやふる下の句かなあ
まだまだ観たいのあるなあ
やっぱりGWって映画業界でできた言葉だけあるねえ

2016年
1月 3本
2月 3本
3月 3本
4月 5本
計14本


lapanja at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月21日

蜜のあわれ

mv58710-s




詩人で小説家の室生犀星が、自身をモデルに金魚の化身との日常を描いた小説を映画化したファンタジー


ポニョではないです(笑)
でもポニョっぽいかも・・

勉強しなかったんで、室生犀星って昔国語の時間に名前聞いたくらいしかないけど
「ふるさとは遠きにありて思うもの・・・」って詩を書いた人なんですね・・。

自分の事を「あたい」と呼ぶ金魚の化身の女の子と老作家のやり取りが面白い
室生犀星の妄想が作品になったんでしょう

老いてもエロ妄想はするものです

セリフは原作に沿って書いてるんだと思うけど
古いセリフ回しだったり、表現がストレートでなく、趣きあるし、かえってエロチックな想像を掻き立てられます
なんかそういうのイイですね。

今は何でもストレートすぎるし見えすぎる。
観てる(読んでる)方の想像力が作品に深さを与える。

話もコミカルで面白い

でも考えると深い話ですね

老いや死に対する考え、不安を表現してるのかな?


二階堂ふみはいい女優になりました
この金魚の役は彼女でしかありえないし、あそこまでできる若手女優はいないんじゃないかな?

彼女のデビューはドラゴン道場で一緒だった澤屋敷君が出てた「ガマの油」
役所広司の初監督作品だったと思う。

その時は彼女のあのしゃべり方に違和感があって、上手だとは思えなかった
その後 園子温監督の「ヒミズ」で大ブレイク
あのしゃべり方が超個性になっていい感じになりました。


話も映像も役者もよくて面白い映画でした。


☆☆☆☆☆☆☆☆8個

めったに同じ映画を観に行ったりしないのに「あやしい彼女」をもう一回観て再度感動してしまいました
ブログ感想は再度書くことはしないけど今月観た映画に1本として加算してます

4月はいい映画観れてうれしい。

2016年
1月 3本
2月 3本
3月 3本
4月 4本
計13本


lapanja at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月06日

暗殺教室〜卒業編〜

mv59114-m






前篇は見ました
とてもよかった

後編も期待しました
残念でした

何だろう・・・。

寝てたからかな?


前篇は不思議な内容だけど、学園モノっぽくて好物でした


後編はやっぱり余計なお涙や事実の解明解かなくてよかったのかも
それと怪獣ものっぽかったし・・・。


もっと単純な方が好きなんだってきづいたよ


☆☆☆☆4個



lapanja at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)