ラポンテびより

こんにちは、新副代表の山村です。

今年もまちチョコはご好評につき沢山の方にご購入いただいているようで、ラポンテとしては何よりの幸せです。

ラポンテメンバーは毎日チョコの発注やまちチョコのパッケージ巻き、店舗へのお届けなど国立市を駆け回っており、その忙しさもまた、まちチョコが国立市の皆様に愛されている証拠で、感謝しています!

さて、ラポンテは相変わらずたった6人のメンバー(うち1年が1人)で運営しており、このままではラポンテの存続が危うい‼ということで教室に置きビラの配布作業を始めました。

ビラにもある通り、6人で国立市のお店をカバーするのは大変困難なことです。
フェアトレードに興味がなくても、私達を手伝ってあげよう、という動機でも構いませんので、是非ミーティングにいらしてください笑

最近個人的に改めて思うことについて。
それは、
「まちチョコは本当に美味しい!」
ということです。
まちチョコは市販のチョコとは違い、やはり格段に美味しいと思います。
まちチョコの最大の特徴は、"まろやかな口どけ"です。
それもそのはず、このずば抜けてなめらかな極上の口どけを実現させているのは、フェアトレードの素材にこだわっているからなのです。
まちチョコの発注元、People Treeさんのホームページによると、おいしさのこだわりは「フェアトレードの原材料、乳化剤を加えず72時間練り上げる製法、植物性油脂代用チョコとは異なりデリケートなココアパウダーを贅沢に使用」していることだそうです。
秋冬だけの限定販売なのも、このデリケートさのため。
まちチョコは今年、People Treeさんのチョコの中から4種類を選びましたが、私は最近他のフレーバーも買うなど、このチョコレートの美味しさに改めて感動しています。

これはチョコレートに限った話ではありませんが、フェアトレードの製品は本当に質がいいのです。それを消費者が購入するとき、「国際協力のため」「途上国への貢献」と、倫理的な理由から買おうという意志が起こるケースが多いと思いますが、フェアトレード製品はそれ以上に高品質という武器で他の商品と同じように市場で戦えるだけの機能性や味を持っています。
まちチョコを通して、そのことが皆さんに実感を持って伝わることを願っています。

今年最後のブログ投稿になります。
今年度もラポンテの活動やまちチョコ販売に協力していただいた方々、本当にありがとうございました!

そして、来年ももっと多くの方にまちチョコが、そしてフェアトレードが届きますように
DSC_1093

こんにちは。ラポンテの新代表となりました、経済学部2年の山崎です。前代表の感動的な代替わりのメッセージを読み、ラポンテを引き継いでいく責任感をひしひしと感じている今日この頃です。今後も国立市の人にはもちろん、多くの人にフェアトレードについて知ってもらうきっかけとなるサークルを目指して活動していきたいと思っています!

 

さて、本題に入ります。

先日から新体制での活動が始まりました!

こちらが活動の様子です。

jpg-large

みなさん、何かに気づきましたでしょうか?

 

そう、人数が少ない!!!

1人お休みがいたのですが、その人をいれても現在ラポンテのメンバーは6人です!)

確かに、ラポンテの活動は週1回のミーティングだけです。

兼サー先にもぴったりなくらいほのぼのしたサークルです。

 

ですが、ちゃんとしたビジネスをやっているのです!

ビジネスをやるのに、6人では想像以上に大変です!!

 

このブログを見て、少しでもラポンテに興味を持ってくれた方がいらっしゃったら気軽に活動にお越しください!

いきなり活動見学に行くのがためらわれたら、メールでの問い合わせからでも構いません!

新しい仲間をラポンテ一同心からお待ちしております。

 

Twitter: @LA_PONTE

Mail: laponte@hotmail.co.jp

Facebookもやっています。

 

以下、ラポンテの活動の詳細を載せておきます。

<主な活動>

国立市限定フェアトレードチョコ、まちチョコを国立市の様々なお店で販売しています。

<その他の活動>

特に決まっていないので、やりたいことを自由にやっています。

例えばこれまで、

・スターバックス国立店のコーヒーセミナー開催への協力

・森永製菓、フェアトレードラベルジャパンなどの企業をお呼びしての講演会

・高校への出張授業

・阪大のフェアトレード推進サークルとの交流

など、活動の幅を広げています。

<活動日時、場所>

金曜5限 1317教室

(この時間に来られなくても、店舗渉外の参加だけでも大歓迎です!)

 

こんにちは、ラポンテ代表の早田です。このブログの初回投稿以来の2度目の登場になります。


2度目なのですが、多分これが最後の投稿になるかと思います。
というのも、今日をもってラポンテは代替わりで、僕たち3年生は引退になります。

1年生の春にラポンテに入ってから2年半、去年の冬から代表をさせていただいて1年。無意識でいると「あっという間だったなぁ」というような極めて月並みな感想をウダウダ書いてしまいそうで、どういう内容が締めに相応しいかあれこれ考えつつPCに向かっているところです。




この1年、様々な新しいことにチャレンジしてきました。

というのも、ラポンテは10年にわたってまちチョコを続けて来て、国立市内でも少しずつまちチョコが浸透してきているのを感じていました。一方で、これまでまちチョコを手に取っていただく機会のなかった方にフェアトレードを、ラポンテを知っていただくチャンスがあまりにも少ないのではないか。
このような思いから、まちチョコを、ラポンテを、フェアトレードをより多くの方に知っていただくべく、大学内外に向けて積極的に発信していく方針をとることにしました。今年開設されたこのブログもその一環です。

新しい取り組みは随時このブログで記録、ご報告してきました。ここでひとつひとつの取り組みを取り上げることは致しませんが、各所でフェアトレード推進活動ができたのではないか、と一定の成果を感じています。これも大学内外でラポンテの活動を支えて下さった皆様のおかげに他なりません。やることなすこと僕たち自身が慣れないことばかりの中、ラポンテの活動趣旨にご賛同いただき、ご協力くださった方々の存在なくしてこの1年は無かったと思います。ここで改めて御礼申し上げます。

また、学生団体間の交流促進の一環で夏休みに大阪を訪問し、大阪大学のフェアトレード団体PROMEさんとの交流を行いました。僕が大阪の出身だからという半ばこじつけのような理由でお声がけさせていただいた企画でしたが、とても有意義な交流会を行うことができました。これが学生フェアトレード団体の東西交流の端緒になればこれ以上の幸いはありません。PROMEの皆様、ありがとうございました。



そして、いろいろな新しい活動と並行して10年目のまちチョコプロジェクトに取り組んでいます。
僕は3回にわたってまちチョコプロジェクトに関わってきましたが、本当に市民の皆様の支えなくして成立しないな、と痛感してきました。きっとこれからも市民の皆様にたくさん支えられながら まちチョコは続いていくのだろうと思います。皆様これまでのご支援ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。





新しいことに取り組みつつ、先輩方が積み上げてこられたまちチョコの10周年を迎えるという充実した1年でしたが、やり残したことを挙げればキリがないし、こうすればよかった、ああすればよかった、と後悔することもたくさんあります。学生が限られた予算、時間、人数でやれることの限界を知ったというのがこの1年の正直なところです。しかし、矛盾するようですが、学生の力でここまでやれるんだ、という実感も得ることができました。後輩方にも希望を持って、自由な発想でフェアトレード普及活動を続けてもらえると嬉しいです。



僕の役目はこれでおしまいとなりますが、今後ともまちチョコを、ラポンテを、どうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップヘ