TEASPOT 紅茶雑記〜ティータイムのある日常〜

いろいろやってる紅茶のひと・やすえが語る、紅茶についての雑感あれこれ。 読めば紅茶が飲みたくなる?!

紅茶講座を開催します。京都で。〜ダージリン・ティーパーティーinシェ・ル・ボタニスト

昨日のブログでも触れていましたが、
シェ・ル・ボタニストとTEASPOTとの、
およそ8か月ぶりのコラボ企画として、
出張喫茶でもなく、TeaMeetingでもなく、
紅茶講座を開くこととなりました。


以下、概要です。



◆日程:7月10日(日)
    *「0」が付く日はドーナップの日!
◆講座時間:*内容は1回目・2回目とも同じです*
    1回目…13:00〜14:30
    2回目…15:00〜16:30
◆会場:シェ・ル・ボタニスト(京都市左京区田中東高原町15)
◆定員:各回10名まで(先着順)
◆参加費:3000円
    (紅茶とジェニーさん特製イングリッシュマフィン付)
◆内容:紅茶講座+ティータイム
    1.ところで「ダージリン」って何?(産地のはなし)
    2.ダージリンはひとつじゃない?!(季節のはなし)
    3.ダージリン飲み比べ(テイスティング)
    4.ダージリンティーでティータイム
◆講師:安江貴世(日本紅茶協会ティーインストラクター)
◆申込方法:
    1.フェイスブックのイベントページ参加ボタン押下
    2.TEASPOTシェ・ル・ボタニストの「CONTACT」より
    *いずれの場合も、
     参加希望回(1回目/2回目)をお知らせ下さい。

※キャンセルについて※
    資材準備やキャンセル待ちの方への対応のため、
    申込後のキャンセルの場合、必ずご連絡ください。
    連絡なく当日キャンセルの場合には、
    今後のイベント参加をお断りする場合があります。  





講座内容は、2014年10月に大阪で開催した
紅茶講座〜もっと知りたい!ダージリン〜
と基本的には同じですが、
茶葉は今年のものを中心にテイスティングの予定です。
(もしかすると種類は少し増やせるかも)
できるだけマニアックにならないよう、
初心者の方にも楽しんでいただける内容でお送りします。






なお、紅茶講座に参加されない方も、
朝11時〜12時過ぎ頃までは、
・ドーナップのイートイン
・クオリティシーズンのダ
ージリン
をお召し上がりいただくこともできます。
(こちらは申込不要、紅茶はカップ提供・1杯500円






まだ少し先…ではありますが、
お申込み、お待ちしております。

小さな図書館と、植物のお庭へ

昨年秋からの不調も、少しずつ収まってきたので、
少しずつですが、お出かけもしています。
脱!引きこもりを目指せるか!?




というわけで、昨日は久しぶりに、
京都・左京区のシェ・ル・ボタニストへ。


少し前から、毎週水曜日に、
「小さな図書館」という試みをされています。


2016-05-25-14-34-50











「小さな図書館」の詳細は、ジェニーさんのブログ、
「小さな図書館」について
をご参照ください。




フェイスブックページにアップされていた、
こちらの本↓



も、少し拝見させていただきました。

(今朝きいていたラジオでたまたま、
牧野富太郎博士のことを言っていたので、
この本に「牧野先生が」という文章を見て、
何だか不思議な感覚に陥ったりして)







そして、
前庭には、紫陽花が咲きはじめていて。

2016-05-25-17-22-04











紫陽花にもいくつか種類があって、
これは確か「ガクアジサイ」なんですよね(うろ覚え)。




あと、
ミントが元気に伸びていましたが、

2016-05-25-17-21-31











このミントたち、実は去年の鴨川ピクニックの時、
河川敷で摘んできたミントの子孫だそうです。

ミントの繁殖力って本当に強いんですね…。







というところで、
久しぶりのTEASPOT&シェルボのコラボ企画が、
7/10に決定しました!
今、がんばってイベント告知ページを作ってますので、
近日中にアップいたします!

というわけで7/10は京都!
みなさんスケジュール帳にメモしてお待ちください!!



追記:
作りました↓
https://www.facebook.com/events/1711809079079063/
フェイスブックアカウントをお持ちでない方の参加希望は、
TEASPOTのお問合せフォーム
http://teaspot.jimdo.com/contact/
よりお願いします。

インターネットは現代の文明開化か

先週のことですが、
久しぶりに紅茶教室の講師をつとめさせていただきました。





その経緯のことについて、
もしかすると一部の方には役に立つかもしれない、
と思い、
覚書として、ここに記録しておこうか、と。






意外と言えば意外かも知れませんが、
TEASPOTの今までの活動は、
大前提として、
実際に私が行ったことのある場所や、
お会いしたことのある方、
また(ネットだけでなく)面識ある友人知人の紹介が、
イベント開催などの最初のきっかけとなっていました。





ウェブサイトもブログもSNSも開設しながら、
最初のきっかけは、まずリアルありき。

ウェブサイトもブログもSNSも、
結果としてはあくまで、
リアルでお会いしたあとの補完や、
リアルでお会いすること前提での情報提供、
という使い方でした。






が。






先週の講師のお仕事は、
TEASPOTのウェブサイトからのお問合せだったのです。







今だから言えますが、
このお問合わせを頂いたのは、
私がいちばんダメダメだった時

もし、リアルでのきっかけありきでしか、
紅茶の講座やイベントを考えていなかったとしたら、
この期間に営業活動などは全くできなかったに違いなく。






加えて、問合せをくださったのは、
私の居住市内の企業関係の担当者の方で。


数度のメールのやりとりののち、
打合せで初めてお会いした際に、
どうして私に?とお聞きしたところ、
「(地名)」+「紅茶教室」+とあるキーワード
で検索すると上位に出てきた、
ということでした。



…もう、ね、この瞬間、
即座にこちら↓を思い出した私です。

プロフィールに川越高校出身を入れている思わぬ威力






まずご覧いただいたのは、
このブログではなくウェブサイトの方だったそうですが、
プロフィール欄に、現在の居住地を明記しておいて、
本当に良かったと思ったのでした。







「紅茶」だけで検索をしても、
私のサイトがすぐ出てくるわけではないですが、
「紅茶」+何かしらのキーワード
で、
何かしらの情報をお探しの方に見つけてもらえる、
ということは、
インターネット普及前なら想像もできなかったこと。






紙媒体に広告を打たなくても、
駅前に看板を出さなくても、
そこいらじゅうでチラシを配らなくても、
興味を持ってくれそうな人に、
自分の存在を届けることができる。



…ということを、今回改めて実感したのです。





と同時に、
ティーインストラクターなど、紅茶関係の資格を取っても、
ウェブサイトやSNSなどを運営されている方って、
もしかすると少数派なのかもしれない、とも。







ただ、ご覧いただければお分かりのとおり、
かなりデザインセンスのないサイトなため、
もし同業者(?)のみなさまが本気出されると、
すぐに検索圏外に放り出されそうなので、

私としては、
「ネットわかんないー。ブログ面倒ー。SNSこわいー」
というみなさまには、今後もそのままでいてもらえればと(笑)







何はともあれ。

今回お世話になりました、
住友電気工業労働組合伊丹支部のみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

おかげさまで、今まで自虐的に言っていた
「地元に全く根ざしていない活動やってます」
を、今後は封印することができます。

実は人見知りですがお茶会やってます

実際にお会いしたことがある一部の方には、
信じてもらえないかも知れませんが、
実は人見知りなんです。こう見えて。




小学生の頃には、
クラス全員の前に立って何かしゃべるとかは、
自分には一生、関係のないことだと思っていたくらい。







それがどこでどう間違えたのか、
人前に立って1時間とか講義するようなこともある、
「ティーインストラクター」なんて資格まで取ってしまうまでには、
いくつかの転機が人生の要所要所で起こってたりするのですが、
それを物語ると多分一か月くらいかかるので、
適当に省略するとして。





初対面の人と話をするのって、
何もなければ、緊張するものだと思うのですが、
間に何かのきっかけがあれば、
案外にスムーズに進むもの、だったりします。







そういう場面で、
「紅茶」って、
とても活躍してくれたりするんじゃないかな、と。







TeaMeetingなんてイベントを始めたそもそものきっかけは、
自宅に在庫になりつつある茶葉の消費でしたが、
人が集まって、お茶飲みながらわいわいする、
っていうのが私自身も楽しかったのと、

最初からインターネット(twitter)を使って告知していたため、
参加される方の共通点が、
“私のことを知っている”しかなく、
(私がその人を知ってる訳ではない場合も少なからずあり)
初対面の人たちが、そこで紅茶をきっかけに、
会話が生まれていく、というのが、

最初にTeaMeetingを始めた時には、
思いもよらなかった“収穫”でした。





で、
人見知りであるはずの私が、
ずっと、ずーっと、しゃべりながら、
ひたすら紅茶を淹れては注ぎしていて、
紅茶について訊かれれば答える、
という感じで、結局ずーっとしゃべってる。






いや、
そんなにずっとしゃべってなくてもいいはずなんですが、
うれしくなって、しゃべるのが止まらなくなっちゃうんですよね。






もちろん、TeaMeetingに来たからと言って、
私の話をずっと聞いてなくてもいいし、
参加者同士で話していてもいいし、
黙ってお茶を楽しんでてもいいです。

が、
たいていの参加者の方々は、
それなりにおしゃべりを楽しんで行かれます。





そういった、対話の糸口を、
紅茶が担ってくれるのが、
TeaMeetingなのかな、と。










そんなわけで、
人が嫌いじゃないけれど人見知り、という方は、
いちど試しにTeaMeetingに参加してみませんか?

ヒトミシリーやすえがお迎えいたします(笑)。




※直近のTeaMeetingはこちら↓

http://blog.livedoor.jp/lapsang1239/archives/52039011.html
https://www.facebook.com/events/1550261551941756/


※まだ仮決定状態ですが、7月にも開催予定です。


※割とフレキシブルに開催できますので、
「うちのスペースでやってみない?」
というお誘いにも、随時対応いたします♪

紅茶の茶葉の分量は意外に自由という話

先週末から体調がすぐれないせいか、
スパイスを使ったカレーが無性に食べたくなり、
今日の昼食に作ってみました。






… で、
カレー粉がないので、
自宅にあるスパイスを適当に合わせ、
カレー粉として使いながらふと思ったこと。





香取薫さんを初めて知ったのは、



↑こちらの本で、
その時のエピソードは別ブログに書いてます

(「インドへお嫁に…」)

が、ここから興味を持ったので、その後購入したのが、



今日のツイートに書いた「インドごはん」はこちらです。



もちろん、それぞれのスパイスの特徴とか、
基本的なことを知っておく必要はあるけれど、
それを押さえたうえで、使用の自由度はあって、

たとえば、私の家に今あるターメリックは、
ちょっとクセが強いのでやや控えめに使うとか、
今日は寒いからジンジャー多めにするとか、
急に夏日で体が暑さ慣れしてないからチリを効かせるとか、
午後から人に会うからニンニク入れないとか、
口臭対策も兼ねてクミンとカルダモン使うとか、

…うん。我ながらかなり自由だな。



(スパイスについては、以前よく参加してた、
ジプシーハウスのカレーのイベントでも、
基本的なことをかなりしっかり教わったのが、
この自由さに現れているのかもしれません)




で。



紅茶の茶葉の計量も、
全く同じではないけれど、
通じる部分もあるかな、と思ったわけです。




実は紅茶の茶葉の適量って、
書籍によってかなりばらつきがあります。

そして茶葉の商品パッケージの表記も、
それぞれ違いがあったりするので、

真面目に読むと、
「正解はどれ?!」
ってなるかも知れません。




でも、
茶葉の使用分量も、
実は自由度が高い、と私は考えてます。



紅茶は嗜好品なので、
例えばAさんにとってはちょうど良い濃さでも、
Bさんにとっては渋いかもしれない。


Bさんも、紅茶だけ飲むなら渋くないのがいいけど、
甘い甘い砂糖菓子と一緒に飲むなら、
普段より少しだけしっかり淹れた紅茶の方が、
口の中がさっぱりするかもしれない。


そして、Aさんも普段は濃い目に淹れるのが好きでも、
ちょっと前夜に深酒したりした翌朝には胃を労わって、
気持ち少なめの茶葉で淹れて飲みたいかもしれない。
(↑実体験を元にお送りしてます・笑)




なので、
茶葉の量やお湯の量を加減しながら試してみて、
自分が今飲みたいのはこんな感じ!が、
自由に加減できるようになると、
紅茶がより楽しく、美味しくなる、と思うのです。


(飲食店で提供する場合にはまた別の話となりますが、
あくまで個人で楽しむ上では、自由度が高い方が楽です)




もちろん、
紅茶を淹れるに当たっての基礎は押さえる必要がありますが、
(何度も持ち出すゴールデンルール参照)
あとは楽しく美味しく味わってもらえれば、
それが一番かなと思う次第です。

紅茶のセミナーの情報〜日本紅茶協会ホームページから

一昨日同様、日本紅茶協会の企画について。



日本紅茶協会では、
ティーセミナーや研修会を随時開催しています。



紅茶生産国の在日大使館などで、
紅茶のいれ方やレシピ、生産国の文化などを、
初心者でも楽しみながら知ることができる、
「紅茶を楽しむ会」や、

紅茶に関連するテーマを一つ絞り込んで、
一日完結で学びを深めることができる、
「スペシャルティーセミナー」、

より専門的に紅茶を学ぶ、
「紅茶特別研修会」、

ティーインストラクターやティーアドバイザーの
資格取得を目的とする
「養成研修」など、

様々なセミナーがあります。




開催場所は圧倒的に東京都内が多いのですが、
名古屋や大阪、福岡など、
主要都市で開催されるセミナーもあります。




特に、スペシャルティーセミナーは、
興味のあるテーマの時には、
たまに参加しているのですが、
今年の9月に、
「カラダにいい紅茶の楽しみ方」
というテーマのセミナーが開催されることとなりました。

7月23日(土)東京で開催されるほか、
9月2日(金)大阪・メルパルクホールでも開催されます。
(新大阪なので大阪以外の方も便利かも)





申込方法は、日本紅茶協会ホームページから、
受講希望セミナーの申込用紙をダウンロードし、
FAXまたは郵便はがきでの申込となります。



あと、今回は大阪開催はないのですが、
東京と福岡で開催される、
「カレーと紅茶」も、ものすごく気になるところです。




このスペシャルティーセミナー、
お値段は少々張りますが、
セミナー時間中にティータイムもあり、
紅茶等のお土産もつくことを考えると、
お得なセミナーではあります。



ちなみに…

以前に参加した「紅茶とミルク」のときには、
何とタカナシのクロテッドクリームが、
ティータイムだけでなくお土産にも入ってて、
めっちゃ幸せ気分に浸ることができました!
(↑美味しい物にはめっぽう弱い私)





今回も、とある〆切に追われてなければ、参加したいところです…。

「なんでもない日おめでとー」なお茶会への誘い

ちょっと今週めずらしく忙しいこともあって、
今日も軽めのブログです。



先日、久しぶりにTeaMeetingを開催して、
改めて思ったことですが、
私がしたい“お茶会”って、
アフタヌーンティーパーティではなく、




不思議の国のお茶会の方が、
イメージに近いのかな、って。

teaparty










私の役回りはもちろんアリスではなく、

madhatter











マッドハッターでしょう(笑)




気分はいつだって、

「なんでもない日、おめでとー!いぇー!」

な感じです(笑)。






…そんな私の狂いっぷりを見物するには、
ちょうどよい機会が近々あります。

TeaMeetingを久しぶりに開催します。大阪で。


itochihaさんがFacebookでイベントページ作ってくださいました↓
https://www.facebook.com/events/1550261551941756/

…上記ページの参加ボタンを押下しなくても、
当日直接、会場へお越しいただければOKです。

(今回はうちの夫氏も巻き込みました・笑)






なお、こんなおかしなお茶会を、
開催させていただける機会も、常時募集中です。
もし、もしも、
「おもしろそうやなー。うちでもやってー」
という方ありましたら、
どうぞご一報くださいませませ。

紅茶が当たるキャンペーン〜日本紅茶協会「5月はアイスティー月」

昨日のブログがボリューム多かったので、
今日は軽めにいきます。



日本紅茶協会が今年から、
「5月はアイスティー月」
というキャンペーンを開始しました。

(立夏は5月6日頃なので、
暦の上では5月はすっかり夏ですから)




それに伴い、現在、
「ハッピー紅茶セットプレゼント」
として、紅茶が当たるアンケートを開催しています。



応募に関する詳細は、
日本紅茶協会ホームページに掲載されています。
(↑期間限定なのでトップページへのリンクにしてます)



応募期間は今月末(5/31)当日消印有効、
このご時世に郵送のみの受付で、600名に当選なので、
競争率は意外と低いのかもしれません。


(懸賞に当たるコツとして、
応募期間がさほど長くなく、応募が面倒なものは、
競争相手が少ない、というのは鉄板ですから)



どんな紅茶が当たるかは、
届いてからのお楽しみのようですので、
お時間ある方はチャレンジされてもよいかも。




日本紅茶協会のホームページには、この他にも、
セミナーやイベント情報なども掲載されているので、
紅茶に興味のある方は、時々でも見てみられると、
何かしらの情報は入手できるかと思います。

猫まみれのビルが大阪・心斎橋に出現!~NECO REPUBLIC大阪店移転オープン

「紅茶好き」と「猫好き」とはかなりの高確率で被っている、
という私の独断と偏見とに満ちた経験則をもとに、
本日のブログはお送りいたします。




以前に別のブログでもちらりと書いてました
ネコリパブリック大阪が、
新しい場所へ移転されたとのことで、
先日、行ってまいりました。

新しいお店は、
何とビル1棟まるごと「ネコビル」です!

2016-05-13-14-31-50











場所はヨーロッパ通り沿い北側、
三休橋筋より少し西です。


心斎橋駅方面からだと、
アーケードからヨーロッパ通りを東
(御堂筋の反対方面)へ入り、
「しし座」と「おとめ座」の間のブロック
2016-05-13-14-32-11










(↑これが「おとめ座」)
を目安にすると分かりやすいかも。



2016-05-06-16-29-33












1階はカフェバー。
ソフトドリンクだけでなく、ビールやワインなどのお酒や、
パスタなどの軽食も楽しめます。


2016-05-13-15-24-29










ヨーロッパ通りに面しているロケーションなのもあり、
ちょっとおしゃれなカフェバーな雰囲気。



2階に猫グッズ展示販売スペースの「ネコ市ネコ座」があり、
3階の猫エリアへ入場の受付も2階のレジにて。
(初めての来店の場合は、
利用上の注意点などの説明があります)


受付横のゲートにて、スリッパに履き替えてドアを開け、
階段を上ると、もうそこは猫さんたちのスペースです。

2016-05-13-14-44-17











爪とぎの上でお昼寝中なのは、
3階の看板猫、たわしさん。

2016-05-13-15-13-50











3階にはキャットタワーがあるのですが、
明るいせいか、猫さんたちはこちらより、
照明をやや落としている4階の方が好きらしく、
この部屋の人口…いや、にゃん口密度はあまり高くなく。


2016-05-13-15-14-03










ちなみに壁に貼られたシールの英文の言葉は、
「不思議の国のアリス」の台詞だそうです。
英語の得意な方、ぜひ行って訳してみてください。




そして4階は…

2016-05-13-15-12-09










「CAT&BED&BOOK」のスペースということで、
こちらでは、ベッドでごろんとしながら本を読んだり、
お昼寝したりできます。

2016-05-13-15-00-18










天井近くにはキャットウォークも設置されてるので、
お昼寝してたら猫さんが添い寝してくれる、かも。

…ですが。

2016-05-13-14-58-59










どっちかというと、
猫さんががっつりベッドを使用してらっしゃいました。

2016-05-13-14-47-03










ベッドに上ろうとしたら、
思いっきり拒否されてしまった私…(苦笑)。



2016-05-13-14-57-28










猫さんたちは、高いところで昼寝しつつ、
時折、人間を見物されている様子。


2016-05-13-14-46-01










本棚には猫関係の本や漫画、写真集など、
おもしろそうな本がたくさんあったので、
猫さんに構ってもらえない私は、
今回は、読書タイムを楽しんでまいりました。。。





猫さんと遊んだ(?)あとは、1階でひといき。

2016-05-13-15-21-55










紅茶メニューもいくつかあったのですが、
あえての「りんご猫紅茶」を。

ちなみに「りんご猫」とは、
「猫エイズウィルスキャリア」の猫さんを、
ネコリパさんでは啓蒙活動の一環として、
このような愛称で呼んでいるとのこと。
(ウイルスキャリアだからといって、
必ず発症してしまう訳ではないのです)




冒頭にリンクを張ったアメブロの方でも触れてますが、
ネコリパさんの理念はずばり「猫助け」。

保護猫カフェだけでなく、
不幸な猫をなくすための様々な活動を広く知ってもらうため、
イベントを開催したり、情報誌を発行したり、
猫グッズ(猫用だけでなく人間が使えるものも)
を販売したり、などなど、
いろいろなことをされています。




2016-05-13-15-43-36










(ネコビルでも情報誌は販売されてます)


そして、それらの活動資金を集めるため、
「クラウドファウンディング」も活用されてます。


(偶然ですが、少し前に大阪中津にて購入した、
「仕事文脈」VOL.5に載っていた、
ネコリパの河瀬麻花さんのインタビューの中に、
クラウドファウンディングサイト「きびだんご」
についてのお話も触れられていました)



今回のネコリパ大阪店移転にかかる費用も、
クラウドファウンディングで募ってらっしゃいますが、
金額を達成したら事業にかかるというのではなく、
目標の1000万円達成する前に、
もう移転プレオープンをされているんですよね。

(クラウドファウンディングって、all or nothing、
つまり目標金額に達しなければ一円ももらえない、
というシステムのところが殆どですし、
1000万円って設定金額としてもかなり高額なので、
見守っていた身としては、ハラハラものでした)

プレオープンの5月6日の時点では、
確か900万円くらいだったかと記憶してるのですが、
5月7日に無事、1000万円は達成!


で、
「ストレッチゴール」として、
1800万円集まったら、
ビル5階にコワーキングスペース、
屋上にパーティースペースを作る!
という目標をかかげ、
クラウドファウンディングは継続中(5/22 22:21まで)。


詳しくは、クラウドファウンディングのページに掲載されてますので、
ネコビルにかける、ネコリパさんの思いは、
私がつらつら書くよりも、こちらを読んで頂く方がいいでしょう。

「5階建て保護猫複合施設「ネコビル」を大阪心斎橋に作りたい!


ですが、すでにお店がオープンしているので、
実際に行ってみた上で、
(できればスタッフの方のお話しなども聞いて)
支援するかどうかを自分で判断できるかとも思います。






猫まみれのコワーキングスペースって、
さぞかし仕事が捗らないだろうなあ(妄想)




…と思いつつ、お店を出たのですが。


店入り口に↓
2016-05-13-15-45-14










ネコリパさん、本気です!!





なお、現在はプレオープン中なので、
オープン時間やお休みの日などの情報は、
ネコリパ大阪さんのTwitterFacebookページを、
行かれる前にチェックされることをおすすめします。
(本日5/16は定休日のようです)

ちょこっと台湾へ〜台湾でお茶以外も味わう(番外編だよ)

台湾の旅の記録・たぶん最終回。


(2泊3日だったので、ブログも3日ということで)



昨日書いたように、
初日の昼間からいろいろ食べましたが、
この夜も、がっつりと食べてました。



通りすがりのおばちゃんの言葉は、
もちろん日本語ではなく現地語でしたが、
まるで大阪のおばちゃんのようでした(いい意味で)。



夜市の屋台に今ひとつ食指が動かなかったので、
普通のお店にしようと通りを歩いてたのですが、
ほんまにおばちゃんありがとう、なぐらい美味しかったです。

(お店の場所は、滞在した大橋頭駅の北、
延三観光夜市の通り沿いでした)



ちなみに泊まったホテルの建物。

2015-12-02-16-35-06











このカーブの具合が面白いなと。

2015-12-02-15-16-45











建物全部ではなく、一部がホテル。
入口が少し分かりにくかった、
「9INE HOTEL」(たぶん「ナインホテル」)


2015-12-03-07-53-46










こちらはMRTの駅のホーム。
2月て何?と思ったらホームの番号なのですね。

(少なくとも私たちが乗り降りした)駅はどこも、
ホームドア完備でした。






…あ、一応、観光もしましたよ。

故宮博物院とか。
2015-12-02-09-47-31











真面目に見学したら一日かかるくらい広いので、
とりあえず「翠玉白菜」と「肉形石」だけは押さえようと、
館内うろうろしてたら、案内の係の人に、
「ハクサイ(を探してるの)?」
と聞かれる私たち。
(きっと他の日本人観光客も、
白菜訪ねてくるんやろな、と納得)

正直言うと、展示を見てた時間より、
ミュージアムショップにいた時間の方が長かったかも。
(大してお土産も買ってないけど、
おもしろいグッズとか多くてついつい)



お昼ご飯は、とりあえず台北車站へ。
MRTの駅から、台湾鐡道の駅ビルに移動。
ここからは新幹線も出てるので、
いわば東京駅名店街、みたいな感じのお店が並ぶ中、
席の空いてそうなお店を見つけたので。


このあと、一昨日書いた九份へ向かうわけです。
(時系列的に説明するならば)




…で、九份から戻ってからの夕飯に、士林の夜市へ。

こちら、地下街にも屋台が展開されていて、
雨が降っても楽しめる、という触れ込みだったのですが、


…こういうアクシデントも旅ならでは(苦笑)。

なので、外の屋台を食べ歩いてました。




ここで唐突に、台湾の郵便ポストです。

2015-12-02-12-25-01











赤が速達と国際郵便用、
緑が台湾国内普通郵便用だそうです。



そして唐突に、台湾の路線バスです。
2015-12-02-12-09-15











なんだかどこかで見たようなキャラクター…。


(駅の広告など見る限り、
漫画・アニメの好きな方も多いような気がします)





そして、ホテルの最寄り駅よりも、
いちばんたくさん乗り降りしたかもしれない駅。
2015-12-03-00-27-50












MRTは地下を走る区間もあれば、地上(高架)もあるので、
「地下鉄」っていうのはちょっと気が引ける。。。



2015-12-02-08-19-24











都市部の交通は車もバイクも多く結構激しいので、
やっぱりMRTが観光には便利な気がします。




そして最終日。
比較的早い飛行機だったので、朝食は空港で。



今回の台湾行きで、
こんなに近いなら、もっとフットワーク軽く行けるよな、
と改めて思い知りました。

というか、このゴールデンウイークの間、
身近な方々で台湾へ行かれてた方が多くて、
ああそうだと思い出してブログにまとめた、
というのもあります。




ただ、次に行くなら、
もっと事前に調べていこう。そうしよう。





おまけ。

こんな時でもないと乗るきっかけがないラピートで、
関空から帰ってきたのでした。
Twitterにフォローを!
facebookにいいね!を!
QRコード
QRコード
アクセスランキング レンタルCGI
Amazonライブリンク
楽天市場
プロフィール
アクセス元ランキング
記事検索
参加中の人気ブログランキング・よければ投票もお願いします♪
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ