September 30, 2012

ピアノが辛いとか、カトリックとか

29sep12b















うちの生徒ちゃんはお気楽に育つのか、悩み深い子が居ない。
悩んでお教室へきた生徒ちゃんが1年ほどでお気楽になるみたい。

お気楽とは安穏とする事じゃない。
"お気楽" の実態は最善を尽くす結果なのだ。
克己的にお勉強して成果をゆだねること。

ストイックな精神がもたらすのは、
抑圧じゃあなくて安堵ではないかしら?

**

ピアノ科学生ちゃんや卒業生ちゃんのお悩みを聞く時がある。
するとピアノが辛い、って言葉を耳にすることになる。

練習が辛いと感じる年少さんの段階からもっともっと先へ進んだ人たちの心の問題に触れる場が割合にあり・・・それはもうお顔を合わせると食い気味に相談事を吐露する格好なんだわ。

如何に悩んでらっしゃるかは食いつき具合でよく伝わってる。
でも私はいつも、彼女達がおそらく求めてるだろう答え・・・

----- 誰だって悩み、ピアノを辛く感じるのヨとは応じない。

**

私はピアノが辛くなかった。
長時間のお稽古も、酷く叱られることも、なかなか弾けるようにならないことも、身体条件が悪いことも。

  *ピアノを諦めてる人へ(1)4.20ライブちらし
  *          (2)5.30パリの風ちらし

**

1)

1つはピアノや音楽への向き合い方の問じゃあなかった。
ピアノと同じくらい小さな年から身体に染み込んだカトリックの大きな柱の問だ。

私の精神構造の根本に、苦しみは忍んだのち神様にお捧げするので、苦しみを受けるのを恐れないことを求められる教えがある。

だから仮に辛いと感じる一瞬があるとしても、
[辛い] ことが [辛いからイヤ] の感情に結びつかず
[辛いから避けたい] 風にもあまり考えない。

辛いと感じなくなるほどの喜びを得るほうを求める。
ヨブ記に憧れるのかもしれないし、欲張りなだけかもしれない。

  何事につけ癖のようなもので
  ピアノに対しても同じだっただけ。

**

2)

2つ目は音楽の素晴らしさの問だ。
音楽を偉大なものと感じ、心から愛し、
大きな音楽の前に居るのを大切に思うか否かだ。
辛いとか苦しいとかのつまらない個人感情が
どうでも良くなるほど愛せるか否かだ。

相談事めいた吐露に毎回毎回同じ答えしかできない。
正しくもなく、求められてる言葉でもないかも。
それでも自分の体験と実感でしか話せない。

  貴女にとって辛い、貴女が苦しい。
  それは貴女の中で貴女自身が
  一番大事だからじゃあない?

自分以外のものをただ愛することは何と困難なのだろうと思う。

  音楽を愛してるつもりで居ながら
  音楽より自己愛を優先するから苦しいのじゃない?

  音楽を素晴らしいと思うなら
    貴女の気味や雑念や
      貴女の自信や他信や
        自意識や劣等意識や
          競争心や敗北感や

  貴女を雁字搦めにする心理が
  音楽の前にどんな姿か見てみるといい。

  それらを美しいと思うなら持ち歩くといい。
  音楽に勝るほど美しいものじゃないなら捨て、
  捨て切れずにあるものは音楽の中に捧げればいい。

**

理性をもって理念を得て、
抱え切れないものは委ね捧げる。

その道筋に誠実だったという処にだけ
確信と安堵を見つけられるのだと思う。


2もやはり考えの大枠としてカトリックの影響大で培われたところかもしれない。私は此処から離れることはできなくて、そのことを幸福に感じる。

愛するとは何か。未熟で実践できないままでも音楽を愛する歓びだけは、心を柔らかにして手を伸ばせば湧く泉のように与えられているのだもの。

**

さあ譜面を復習しながらお出掛けです。
本日のファゴットパーティー+プラスの皆様、どうぞよろしくお願いいたします・・・♪


■お教室関連リンク
*ピアノを諦めてる人へ(1)4.20ライブちらし
*          (2)5.30パリの風ちらし

*ゆる〜いピアノ室へ生徒ちゃん募集
*ヘンレ色のピアノ室
*小さい生徒ちゃんのフランス教材
*趣味の生徒ちゃんのモンヴェル教材
*楽譜って綺麗・・・
*ピアノ室の紙ものと色紙展
*ババールのお教室
*繋いだ手のしらべ:転調
*アンティークメニューの使い道
*大人から始めるピアノ

*ラヴェル "ソナチネ" 1楽章
*クッキーとヴァリエーション・レッスン

*ピアノレッスン1:辞めちゃう理由?
*       2:楽しみって何?

■HP
*ピアノ室

lasalledeconcert at 06:21││  パリの生活5 

この記事へのコメント

1. Posted by 金平糖   September 30, 2012 12:00
5 毎日、楽しみに拝見しております(*^^*)

ピアノが辛い…
自分の技術レベル的なものは度外視すれば、
私もいまだに感じたことのない感情です。
先生も怖かったし、相性が合わない先生も曲もありましたが…

自分の弾く姿勢について物申していただけるなんて、
より良い方向に進めるなんて、
こんな嬉しいことはないです。

レッスン室を出て泣いたことは数限りなくありますが、
ほとんどが、先生の求められる事ができない情けなさでした。
今度見ていただける時までに、絶対克服するぞという決意に変わりますが。
前後の遊び時間を気にするような薄い演奏はバイエルの頃から大嫌いでした。
そんな適当なことをするくらいなら、辞めて遊べば良いので(^-^)

ピアノが好きなことと、自己愛は違うという先生のお話に、とても共感します♪

自分の感情なんて音楽の錬磨の前では大したものではなく、
神や大地や空と同じように、
受け入れる大前提の下の自我でなくてはいけないかなと
小さな自分は思いました。

先生の選ばれる表現は分かりやすく、胸に染み通ります(*^^*)



2. Posted by S   October 02, 2012 00:27
金平糖様
お出ましどうもありがとうございます^^
そうですね。生活人どなたもが、しなければならない沢山のことを抱えてらっしゃるとしても、志を誓ったときの気持ち、一等したいことだっていう気持ちが続く限り、ずっと幸せで居られるものですネ^^
何世紀昔に楽器を作ってくださった方や国や文化、其処に育った作曲家さんたちが下さるものをなるべく忠実に受け取ってゆきたい... と、私も自分のレベルは度外視して願っています^^
またお遊びにいらしてくださいませ...♪
Cours
ピアノレッスンのご希望
聴音、音楽史など
ご相談に応じます

ご紹介者様が
いらっしゃらない場合は
お教室専用アドレス

le_cours88@yahoo.co.jp

までお問い合わせくださいネ ♪
Album
メインサイトパリの風
ページです

ブログ写真のアルバムや
バックナンバーなども
どうぞご覧になって下さいね
Nouvelle
=====================


**3月5日(日)**
11h〜13h 

《クラブ・プーランク》

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**4月15日(土)
13h〜14h45

《パリの風 bis》
公開ライブリハーサル

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**5月3日(祝)
14h〜15h45

《パリの風 コンサート》

神戸芸術センター
シューマンホール
Caractere
***ブログに登場したお友達***

女の子ちゃんのお友達

=タピオカちゃん=
水色の瞳の親友
離れてる今はメル友

=フラミンゴちゃん=
東洋が大好きな
フォトグラファーちゃん

=ママン手袋=
フランスでのママン

=マルシェ籠ちゃん=
昔ホームステイをした
大家族のお家の主婦様。
今はメル友

=マダム・ビスコッティ=
教会のお友達
明るくしっかりした
お年上の主婦様

=ナイチンゲールちゃん=
うんと近くに住む
綺麗な声の親友

=レモンカナリアちゃん=
お花が大好きな
ご近所のお友達。
ほっそりした姿もお声も
カナリアのよう

=タマゴカナリアちゃん=
レモンカナリアちゃんの卵。
つるつるピンクのホッペの
カナリアお嬢様

=ポニーテールちゃん=
中学校の同級生
登校の友

=マダム・ノベルティー=
美人でおもてなし上手な
ノベルティー夫人

=雀ちゃん=
ウズラちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=ウズラちゃん=
雀ちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=青い空ちゃん=
フルートが大好きな
おとなしやかな美人さん

=ぱんだの里ちゃん=
ほわんと優しい空気の
色白パンダちゃん

=赤嘴クイナちゃん=
フルート大好きな
クリスチャン友ちゃん

=シジュウカラちゃん=
お菓子が大好きな
フルートのお仲間

=ホンドフクロウちゃん=
夫の同級生。
ふんわり笑顔の声楽家ちゃん

=オカメインコちゃん=
アカンパニストちゃん

=カケスちゃん=
クリエーターさん

=十姉妹ちゃん=
クールに見えて実は優しい
大好きなお姉様

=アマリリスちゃん=
グラマラス美人の
キーボーディストちゃん

=黒アゲハちゃん=
クラブママ風美人の
歌のお姉様

=キタイタダキちゃん=
音楽マネジメントの卵ちゃん
ピアノも弾いて歌も歌います

=プレーリードッグちゃん=
優しくて可愛い
ご近所のお友達

=シロツメ草ちゃん=
ファゴット奏者の
タマゴちゃん

=河原鳩ちゃん=
生活密着型で
現実的な中型の鳩ちゃん
実は照れ屋さん

=テッセルモルモットちゃん=
昔はお下げ、今はママになった
声楽家ちゃん

=コゲラちゃん=
母と共通の古くからのお友達

=千鳥ちゃん=
コンサート予行の鑑賞者

=グレーうさぎちゃん=
美人の布作家さん

=大春車菊ちゃん=
大きな声で笑う
大らかで楽しいお友達

=カモノハシちゃん=
絵が上手で茶色い目をした
中学のクラスメイト

=ペトルーシュカちゃん=
沢山の時間を過ごした
同窓のお仲間
桐朋ガムランクラブでも一緒

=シオマネキちゃん=
片方の鋏が大きいシオマネキ
のように、長い髪を
片側で結んでるお姉様

=水くらげちゃん=
ひっそり薄茶色のオーラ
シンプル仕様の
元クラスメイト

=パルファンちゃん=
化学系キャリアウーマンちゃん

=ぽっぽちゃん=
小中学校の同級生
下校の友

*****

男の子くんのお友達

=おじいちゃま=
仲良しのドクター
86歳の長老様

=アサリ君=
おっとりふわふわした
秀才君

=カピバラ君=
たくさん一緒に遊んだ
幼馴染君

=カピバラ・パパ=
カピバラ君のパパ

=ダチョウ君=
サロン主の翻訳家君

=ネコヤナギ君=
粗暴で偏屈な外側
植物にも優しい内側
26年間のお友達

=ジンライム君=
自然派の学芸員君

=ヤマシギ君=
切れ者の研究員君

=ノベルティー君=
教養深い趣味人の
企業代表君

=ゆりかもめ君=
ピアノ好きの陽気なお友達

=サメビタキ先輩=
ぱんだの里ちゃんの先輩

=ハクセキレイ君=
ぱんだの里ちゃんの同級生

=ツバメ君=
姿勢の良い立ち姿が
ツバメ風のお友達

=カタツムリ君=
何どきもテンションが
変わらないお友達

=シロハラインコ君=
おおらかな余裕で
ムードメーカーになれる
バランスの取れたお友達

=ブルターニュ君=
京都の愛らしい学者君

=イクラ先生=
小学校時代の担任
今も仲良し

=ゲンゴロウ先生=
小学校時代の主任
イクラ先生の元同僚

=カカシ君=
謎の譜めくりすと君

=ぴょんきち君=
大きな身体のプログラマー君

=ヴィブラート君=
哲学好きのお友達
最近彼女ができたばかり

=チャイコフスキー先生=
音楽評論のお友達

=矢車草君=
コンサートマネージ君

=チャボ君=
ピアノ技師君

=Mr.B=
お世話になってる
Steinwayの調律師さん

=テントウムシ君=
沢山学ばせてもらってる
信頼する友人

=ピラルクー君=
大水槽で古代魚を飼う
スタジオ経営者君

=藍綬君=
藍綬褒章を持つ
最長老84歳のお友達

=ぶち犬君=
昔の恋人で学者君


***実名登場のお友達***

=フランス鴨君=
ダチョウ君のお兄様
哲学者ミシェル・ジャメ氏

=岡村哲伸氏=
モデルをつとめた
彫刻家さん

=LICAちゃま=
桐朋時代のお仲間
カリフォルニアのピアニスト
LICA HANDAちゃん

=セニョール・ウナミゴ=
ギタリスト
増井一友さん

=故黒木義典教授=
仏語学者
大阪外大名誉教授


***室内楽演奏のお友達***

=蝶番君=
大阪チェンバー
片寄伸也さん
  *ファゴット

=ロップイヤーうさぎちゃん=
浅野毬莉ちゃん
  *フルート

=シジミちゃん=
神戸フィル
麻生多恵子ちゃん
  *クラリネット

=ミスターメジロ=
大阪チェンバー
滝本博之さん
  *ファゴット

=ズワイガニ姫=
アンサンブルカプリス主催
国塚貴美さん
  *マリンバ

=カワウソちゃん=
崎元蘭奈ちゃん
  *チェロ

=牛君=
宝塚歌劇オーケストラ
渡邊悦郎さん
  *ファゴット


***ブルゴーニュ君のお友達***

=パーシモンちゃん=
ナイチンゲールちゃんのワンコ

=ムーちゃん=
お散歩で会う白いワンコ
Categorie