November 03, 2012

チェックするブログと おしゃべりな家

2nov12a














気温が下がり、熱々で辛〜い中華が食べたくなった。

麻婆豆腐を製作中にパチリ。
あと少し火を入れてとろみをつける前。

今日はピアノ試弾会ほか、長時間お出掛けをしなきゃならないのよ。外出の前によく見てるブログページのおしゃべりなど致しましょうか・・・

**

  読むことが好き。
    大きなテーマを扱ってらして
      文章力で主題を肉付けしてゆくような
        構築力ある読み物が大好き!

だからブログを読むのはちょっと少なく本にばかり依存する。

でもねブログの形だからこそ日を追って主題形成の具合が浮き上がるようなサイト様は好きです♪ 2日に1度は開くページもある。

自分じゃとても調べたり考えたりし切れない事柄をページを開くだけで教わることができるサイト様を感謝しながら読んでる。
真似できない究めたお人が作られる実りあるお書き物が大好き。

カテキズムを詳しく解説されたり、ラテン語のお祈りを訳されたりの素晴らしいカトリック・ブログには嵌ってる。

其れからフランス国立図書館書庫の100年前の資料を順に挙げられているサイト様は随分以前から大好きで通ってる。

  時間がないから殆どの日は自然此れだけになる。

**

生活日記文をスルーしてしまうのは、同じ事を万年話し続ける日記に巡り会ってないからかも。誰だって日々おなじじゃない。新しい事が起きて、好きなものは変わり、テイストが変わる。環境が変わり、気分が変わり、主張を変える。1つの事柄を好いと言ったり悪いと言ったり、買ったり捨てたりする。

私は一生変わらないテーマに興味があって・・・
ブログも書物選びと同様に、思想主題の有無が選択基準になってる中、日記形なのに唯一足しげく通う先は "おしゃべりな家" のページ・・・

  *おしゃべりな家

心待ちにしてる彼女のおうちヒストリーは、可愛らしい独白の形でありながら読み合わせれば強大なテーマを呈してるのだった。

ある時おしゃべりな家は、小さな硝子のペンダントライトを1つ、彼女の言によると《お迎え》した。

お迎えまでのショート・ストーリーがあり、思い入れを語り、迎えた幸せを語り、《此処へ来るために待っていてくれた》ライトが映る。

まるでルイ・アラゴン風だわ。

  *フランス気質と音さがし

次には既におしゃべりな家の住人だったお名前つきのドアーとペンダントライトが共に居る風景に彼女は1人感じ入ってみせる。

其れからライトが壁に映した光の波紋を思い入れたっぷりに見せてくれる。もぉなんて可愛いの? 壁にできた波紋にうっとりする彼女こそ、私には小さな光そのものに見える。

最後には "来てくれて、本当にありがとう・・・" とペンダントライトにお礼を述べるのよ。

延々と続く此れ等の描写はフランス文学大作そこのけの様相で、楽しい事この上ないの。

家具やお道具や電気製品にお名前をつけていた彼女は、とうとうお家その人にもお名前をつけてしまった。それを彼女はごく小さな囁きで、恥ずかしがりながら告白してる。

**

  終わりない彼女の呟きに幸せな気持ちになる。

愛情をかけた品々から彼女が愛されてるのが何より素敵で・・・
愛に満ちたおうちと2人の男女のカップルに心がほわわ〜んって温まる。

彼女はいつもお菓子を焼いてて、彼女のハズ君は焼きたてお菓子を会社にまで持ってゆくの。ハズ君は彼女をどんなに可愛く思ってることでしょう、ってまたほわわ〜んとなる。

  幸せな関係、幸せな生活を作れる人って、
    きっと人を幸せにできる女性なのネ。

**

彼女は写真も凄いワ・・・

好きなカップがお名前つきテーブルにある写真を撮り、暖かい飲み物が入った同じカップを撮り、洗って乾かしてる最中の同じカップを撮り、また別の方向から同じカップを撮りつつ、乾かす風景を見てるだけで嬉しい、ずーーっと好き、って悦に入る。

小さな小さなお花をお名前つきテーブルに飾って遠景を撮り、コンフィチュール瓶に挿した同じお花を撮り、グラスに挿した同じお花を撮り、ジュレ型に挿した同じお花を撮り、鉢植えになってる同じお花を撮り、とびきり嬉しそうにする。

其れから彼女は気がついて、また同じような写真ばかりと少しだけ凹む。読んでるほうは可愛さのあまり仰け反ってしまう。

私は同じものを果てなく並べて語ってくれるおしゃべりな家が好き。内気で大人しい彼女が絶対にブレない "大好き" を抱いてる強さが好き。

  大テーマを細部から綴り重ねる形は
  実にフランス的なんだもの・・・


■フランス的テーマ関連リンク
*フランス的とは

*ゾラの実
*ゾラ19世紀の記念碑
*フランス19世紀の繊細

*音楽のひとこま
*曲決めは楽しい (2009年のお答えを兼ねて)

*フランスとヴォルテール
*オーレリア或いは夢と人生
*仏文学を好きなのはネ・・・

*パリの不合理
*ミスタンゲットのパリ
       ?僕が見た素面の事件
*街角が香る
*街の色

*愛すべきフランス
*怪談の日仏
*トイッチュ

*重なりの量感
*フランス気質と音さがし
*ドイツ民族・フランス音楽
*フランス民族・フランス気質

*自由
*紫陽花の部屋で
*フランスとルイーズ
*神のないルイーズとフランス
*フランス音楽とゲラン

lasalledeconcert at 05:54││  美味しいテーブル5 

この記事へのコメント

1. Posted by utsushihara   November 15, 2012 11:48
5 S先生、お久しぶりです。休眠中の拙blogがたまにはお役に立っているようで嬉しいです。私は元々素人のCello弾きでしたが、諸般の事情で楽器はお蔵入りでした。最近やっと奏く機会が訪れ、人生の最後となる数年間に、下手でも奏楽できるありがたさをかみしめています。もう少し落ち着いたら、この時代のBlogを充実&補足していきたいと思っています。年代を(1895〜1914)20年間に限定したいです。
先生のBlogにも時々はお邪魔しますので、どうかお元気で演奏活動もお続けになりますようお祈りしています。
2. Posted by S   November 15, 2012 12:17
utsushihara様
1895〜1914...♪ 麗しい時代ですね。
先日はサラ・ベルナールのタグを読ませて頂きました。ルイーズ・ド・ヴィルモラン原作の映画にも会話中でサラが登場したので、貴サイト様へお邪魔していたのです。
明日はチェロ曲を2曲演奏致します^^ フォーレOp.69のロマンスと、1908年のOp.98のセレナードです。2年前からフォーレが継続テーマになって参りましたので、お書きの時代の記事を一層楽しみにしております。
Cours
ピアノレッスンのご希望
聴音、音楽史など
ご相談に応じます

ご紹介者様が
いらっしゃらない場合は
お教室専用アドレス

le_cours88@yahoo.co.jp

までお問い合わせくださいネ ♪
Album
メインサイトパリの風
ページです

ブログ写真のアルバムや
バックナンバーなども
どうぞご覧になって下さいね
Nouvelle
=====================


**3月5日(日)**
11h〜13h 

《クラブ・プーランク》

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**4月15日(土)
13h〜14h45

《パリの風 bis》
公開ライブリハーサル

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**5月3日(祝)
14h〜15h45

《パリの風 コンサート》

神戸芸術センター
シューマンホール
Caractere
***ブログに登場したお友達***

女の子ちゃんのお友達

=タピオカちゃん=
水色の瞳の親友
離れてる今はメル友

=フラミンゴちゃん=
東洋が大好きな
フォトグラファーちゃん

=ママン手袋=
フランスでのママン

=マルシェ籠ちゃん=
昔ホームステイをした
大家族のお家の主婦様。
今はメル友

=マダム・ビスコッティ=
教会のお友達
明るくしっかりした
お年上の主婦様

=ナイチンゲールちゃん=
うんと近くに住む
綺麗な声の親友

=レモンカナリアちゃん=
お花が大好きな
ご近所のお友達。
ほっそりした姿もお声も
カナリアのよう

=タマゴカナリアちゃん=
レモンカナリアちゃんの卵。
つるつるピンクのホッペの
カナリアお嬢様

=ポニーテールちゃん=
中学校の同級生
登校の友

=マダム・ノベルティー=
美人でおもてなし上手な
ノベルティー夫人

=雀ちゃん=
ウズラちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=ウズラちゃん=
雀ちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=青い空ちゃん=
フルートが大好きな
おとなしやかな美人さん

=ぱんだの里ちゃん=
ほわんと優しい空気の
色白パンダちゃん

=赤嘴クイナちゃん=
フルート大好きな
クリスチャン友ちゃん

=シジュウカラちゃん=
お菓子が大好きな
フルートのお仲間

=ホンドフクロウちゃん=
夫の同級生。
ふんわり笑顔の声楽家ちゃん

=オカメインコちゃん=
アカンパニストちゃん

=カケスちゃん=
クリエーターさん

=十姉妹ちゃん=
クールに見えて実は優しい
大好きなお姉様

=アマリリスちゃん=
グラマラス美人の
キーボーディストちゃん

=黒アゲハちゃん=
クラブママ風美人の
歌のお姉様

=キタイタダキちゃん=
音楽マネジメントの卵ちゃん
ピアノも弾いて歌も歌います

=プレーリードッグちゃん=
優しくて可愛い
ご近所のお友達

=シロツメ草ちゃん=
ファゴット奏者の
タマゴちゃん

=河原鳩ちゃん=
生活密着型で
現実的な中型の鳩ちゃん
実は照れ屋さん

=テッセルモルモットちゃん=
昔はお下げ、今はママになった
声楽家ちゃん

=コゲラちゃん=
母と共通の古くからのお友達

=千鳥ちゃん=
コンサート予行の鑑賞者

=グレーうさぎちゃん=
美人の布作家さん

=大春車菊ちゃん=
大きな声で笑う
大らかで楽しいお友達

=カモノハシちゃん=
絵が上手で茶色い目をした
中学のクラスメイト

=ペトルーシュカちゃん=
沢山の時間を過ごした
同窓のお仲間
桐朋ガムランクラブでも一緒

=シオマネキちゃん=
片方の鋏が大きいシオマネキ
のように、長い髪を
片側で結んでるお姉様

=水くらげちゃん=
ひっそり薄茶色のオーラ
シンプル仕様の
元クラスメイト

=パルファンちゃん=
化学系キャリアウーマンちゃん

=ぽっぽちゃん=
小中学校の同級生
下校の友

*****

男の子くんのお友達

=おじいちゃま=
仲良しのドクター
86歳の長老様

=アサリ君=
おっとりふわふわした
秀才君

=カピバラ君=
たくさん一緒に遊んだ
幼馴染君

=カピバラ・パパ=
カピバラ君のパパ

=ダチョウ君=
サロン主の翻訳家君

=ネコヤナギ君=
粗暴で偏屈な外側
植物にも優しい内側
26年間のお友達

=ジンライム君=
自然派の学芸員君

=ヤマシギ君=
切れ者の研究員君

=ノベルティー君=
教養深い趣味人の
企業代表君

=ゆりかもめ君=
ピアノ好きの陽気なお友達

=サメビタキ先輩=
ぱんだの里ちゃんの先輩

=ハクセキレイ君=
ぱんだの里ちゃんの同級生

=ツバメ君=
姿勢の良い立ち姿が
ツバメ風のお友達

=カタツムリ君=
何どきもテンションが
変わらないお友達

=シロハラインコ君=
おおらかな余裕で
ムードメーカーになれる
バランスの取れたお友達

=ブルターニュ君=
京都の愛らしい学者君

=イクラ先生=
小学校時代の担任
今も仲良し

=ゲンゴロウ先生=
小学校時代の主任
イクラ先生の元同僚

=カカシ君=
謎の譜めくりすと君

=ぴょんきち君=
大きな身体のプログラマー君

=ヴィブラート君=
哲学好きのお友達
最近彼女ができたばかり

=チャイコフスキー先生=
音楽評論のお友達

=矢車草君=
コンサートマネージ君

=チャボ君=
ピアノ技師君

=Mr.B=
お世話になってる
Steinwayの調律師さん

=テントウムシ君=
沢山学ばせてもらってる
信頼する友人

=ピラルクー君=
大水槽で古代魚を飼う
スタジオ経営者君

=藍綬君=
藍綬褒章を持つ
最長老84歳のお友達

=ぶち犬君=
昔の恋人で学者君


***実名登場のお友達***

=フランス鴨君=
ダチョウ君のお兄様
哲学者ミシェル・ジャメ氏

=岡村哲伸氏=
モデルをつとめた
彫刻家さん

=LICAちゃま=
桐朋時代のお仲間
カリフォルニアのピアニスト
LICA HANDAちゃん

=セニョール・ウナミゴ=
ギタリスト
増井一友さん

=故黒木義典教授=
仏語学者
大阪外大名誉教授


***室内楽演奏のお友達***

=蝶番君=
大阪チェンバー
片寄伸也さん
  *ファゴット

=ロップイヤーうさぎちゃん=
浅野毬莉ちゃん
  *フルート

=シジミちゃん=
神戸フィル
麻生多恵子ちゃん
  *クラリネット

=ミスターメジロ=
大阪チェンバー
滝本博之さん
  *ファゴット

=ズワイガニ姫=
アンサンブルカプリス主催
国塚貴美さん
  *マリンバ

=カワウソちゃん=
崎元蘭奈ちゃん
  *チェロ

=牛君=
宝塚歌劇オーケストラ
渡邊悦郎さん
  *ファゴット


***ブルゴーニュ君のお友達***

=パーシモンちゃん=
ナイチンゲールちゃんのワンコ

=ムーちゃん=
お散歩で会う白いワンコ
Categorie