November 07, 2012

ナニソレ解説の払底

4nov12a














11月16日、PJでフォーレ作曲 "優しき歌" 内 "眩耀の夏のひとひ" を演奏する。

サンサーンスは優しき歌を聴いたとき
"フォーレは発狂した" と叫びました。
其のくらい前衛的な曲です。


上は事実で何の間違いはない。たとえば間違いない此うした1事実をもしも自分がコンサートでお話するとすれば、"ナニソレ解説" と感じるだろう。

今日は此方の続きのお話デス。
  *10.13写真とマメマメ
  *やさしい理解とケクラン

**

サンサーンスが "気が違ったような" と言ったのは、めくるめく多調性ハーモニーを指しての発言なのでしょう。フォーレのハーモニー上の偉業についてはケクランの著作から推量できるところが多いと思う。

特に《新しい和音を創造したのではなく、新しい連結法や調関係の新しい解釈を編み出した》とフォーレを説明するケクランの見方は本当にその通りですね。


  ■ケクラン関連リンク
  *ケクランの甘美
  *独創とシャルル・ケクラン
  *ケクランと叙情
  *フランス音楽(7)崩壊と慈しみと
  *繋いだ手のしらべ:転調
  *ケクラン、ディドロ、ドビュッシー
  *一目惚れの理:ケクラン
  *フランス音楽(8)感性の求め
  *やさしい理解とケクラン


同著作内でケクランはサンサーンスにも少し触れている。
協和音様式じゃないものが激しい論争を巻き起こした頃の事。

《サン=サーンスの眼から見ると、同時に二つ以上の調性がまじりあっているものは、音楽ではなかった。
確かにアカデミーの会員たちはサン=サーンスの意見に従った。会員のあるものは、ピエルネが、新しい楽派に妥協的な態度をとったり、シャトレー交響楽団 で多調音楽の作品を演奏したりしたことに不服の声をはなった。

新聞と大衆は二つないし三つの陣営にそれぞれたてこもった。
第一の陣営は伝統派で古典主義を主張する。
第二の陣営は、急進派で、時に厄介なスノビズムにおちいる。(しかし、スノビズムは前進を助け、都合のよいアトモスフェアを醸成し、新思想の成功を容易にした。それはそれとして、人々は、スノビズムが "無遠慮でない" 音楽や、過去の傑作を軽蔑したというのでこれを非難した)

第三には心の定まらぬ人たちの陣営である。
この人たちは持前の怠惰な気持ちから新しい音楽を理解しようとせず、また新しい音楽の演奏会に行こうともしない、一度でも新聞か何かで取り上げられると (それが決定的な拠り所となる) この陣営の連中は、その若い作曲家を大音楽家あつかいをする。そして、その日まで堅くて混乱した和声であると非難してきた態度をがらりと変えてしまうのである。》

             (清水脩様訳)

此処に記された新しい音楽とは、無論時代的に前衛音楽じゃあないの。典型例にラヴェル作品が挙げられてた。そんな頃・・・

第三の陣営については、音楽に限らず如何なる分野にも如何なる時代にも最も多人数だから取置き、第一・第二陣営の論争になる中、調性様式に留まらぬもの ----- 例えばスノッブについての考え方、例えば用いられる舞台音楽への考え方他多くを含んでの議論だろう。

実際サンサーンスは普仏戦争降伏直後に国民音楽協会を旗揚げし、それはナショナリスム興隆を軸の1つとしていたように、音楽・和声への考え方は、音楽・和声への考え方のみに起因するとは限らない。

ドビュッシーはじめ多くの作曲家に酷評もされることになったサンサーンスの硬直的な近代音楽批判も、音楽的な保守以外に主義立場上のものもあったのではないかと推察できるかもしれない。

**

サンサーンスの音楽的立場にフランス国内で翳りが出ていた時期に弟子のフォーレが師である自分の音楽的主義を完全に無視して、自らの創意の赴くままに眩いフランス近代和声の艶美を描いたことに対して、上記の彼の言葉は言葉以上に、サンサーンスを取り巻いていたものを語りはしないだろうか。

"優しき歌" を聴いて、フォーレは発狂したとサンサーンスが立腹した事実は、フォーレ作品を表すものじゃなく、サンサーンスその人を示しているように見える。

事の見方については演奏家各自の考えがあるので其れ自体の是非じゃあない。

ただ、考察ないままに "此の作曲家が其うと言ったから、其のような作品だ" と発言してしまえる惰弱は個人的に "ナニソレ解説" と呼ばずにいられない時がある。

何故ってそれはケクランが蔑視する第三陣営の姿そのものだからだ。

**

続きはまた今度ネ・・・


■デュオババール関連リンク
*デュオ相性
*分かち合いと本
*やさしい理解とケクラン

*2012年7月のリビングルーム
*紫陽花の部屋で
*マンドリンと中也
*ドビュッシー "木馬" 音源up
*ラヴェル "カディッシュ" 音源upとロラン

*ピアノ室の時計
*自由
*ドビュッシー絵画と過ごしました
*女心とアンドレ婦人
  ?僕が知ってるオフィシャル
  ?僕が聞いたお誘い
  ?僕ができなかった球拾い
  ?僕が聞いたiTunes
  ?僕が見たお客様
  ?僕が聞いた常連様との会話
*相方さんの夢

*伴奏者の勘違い
*アンタ、サイコー!
  ?僕が見たリハーサルの隙間


■ファゴット音楽関連リンク
*PJにて。ファゴットの魅力
*抵抗とスムージー
*サスペンダーの殿方
*変態解説:タンスマン音源up


■ファゴット楽器関連リンク
*試奏の記録
  ?僕が見た試奏会
*ファゴットリードのお話
  ?僕が見たブローチ
  ?僕が見たリード愛
  ?僕が聞いたリードの行方
  ?僕が思うトーテムポール
  ?僕が聞いた暴言

  ?僕が見たモツレク
  ?僕が客席で見たこと
  ?お姉ちゃまファゴットを吹く
  ?僕が知った新年の習わし
  ?僕が見たお鍋


■コンサート外関連リンク
*パナソニックな日・・・♪
*Macへ行こう(14)フォトストリーム
  ?僕が見た虫下し

*カタツムリ石鹸とマメマメ
*音楽解説書とマメマメ
*10.13写真とマメマメ
*黄色いハンカチーフとマメマメ

lasalledeconcert at 06:21││  オフィシャル5 
Cours
ピアノレッスンのご希望
聴音、音楽史など
ご相談に応じます

ご紹介者様が
いらっしゃらない場合は
お教室専用アドレス

le_cours88@yahoo.co.jp

までお問い合わせくださいネ ♪
Album
メインサイトパリの風
ページです

ブログ写真のアルバムや
バックナンバーなども
どうぞご覧になって下さいね
Nouvelle
=====================


**3月5日(日)**
11h〜13h 

《クラブ・プーランク》

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**4月15日(土)
13h〜14h45

《パリの風 bis》
公開ライブリハーサル

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**5月3日(祝)
14h〜15h45

《パリの風 コンサート》

神戸芸術センター
シューマンホール
Caractere
***ブログに登場したお友達***

女の子ちゃんのお友達

=タピオカちゃん=
水色の瞳の親友
離れてる今はメル友

=フラミンゴちゃん=
東洋が大好きな
フォトグラファーちゃん

=ママン手袋=
フランスでのママン

=マルシェ籠ちゃん=
昔ホームステイをした
大家族のお家の主婦様。
今はメル友

=マダム・ビスコッティ=
教会のお友達
明るくしっかりした
お年上の主婦様

=ナイチンゲールちゃん=
うんと近くに住む
綺麗な声の親友

=レモンカナリアちゃん=
お花が大好きな
ご近所のお友達。
ほっそりした姿もお声も
カナリアのよう

=タマゴカナリアちゃん=
レモンカナリアちゃんの卵。
つるつるピンクのホッペの
カナリアお嬢様

=ポニーテールちゃん=
中学校の同級生
登校の友

=マダム・ノベルティー=
美人でおもてなし上手な
ノベルティー夫人

=雀ちゃん=
ウズラちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=ウズラちゃん=
雀ちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=青い空ちゃん=
フルートが大好きな
おとなしやかな美人さん

=ぱんだの里ちゃん=
ほわんと優しい空気の
色白パンダちゃん

=赤嘴クイナちゃん=
フルート大好きな
クリスチャン友ちゃん

=シジュウカラちゃん=
お菓子が大好きな
フルートのお仲間

=ホンドフクロウちゃん=
夫の同級生。
ふんわり笑顔の声楽家ちゃん

=オカメインコちゃん=
アカンパニストちゃん

=カケスちゃん=
クリエーターさん

=十姉妹ちゃん=
クールに見えて実は優しい
大好きなお姉様

=アマリリスちゃん=
グラマラス美人の
キーボーディストちゃん

=黒アゲハちゃん=
クラブママ風美人の
歌のお姉様

=キタイタダキちゃん=
音楽マネジメントの卵ちゃん
ピアノも弾いて歌も歌います

=プレーリードッグちゃん=
優しくて可愛い
ご近所のお友達

=シロツメ草ちゃん=
ファゴット奏者の
タマゴちゃん

=河原鳩ちゃん=
生活密着型で
現実的な中型の鳩ちゃん
実は照れ屋さん

=テッセルモルモットちゃん=
昔はお下げ、今はママになった
声楽家ちゃん

=コゲラちゃん=
母と共通の古くからのお友達

=千鳥ちゃん=
コンサート予行の鑑賞者

=グレーうさぎちゃん=
美人の布作家さん

=大春車菊ちゃん=
大きな声で笑う
大らかで楽しいお友達

=カモノハシちゃん=
絵が上手で茶色い目をした
中学のクラスメイト

=ペトルーシュカちゃん=
沢山の時間を過ごした
同窓のお仲間
桐朋ガムランクラブでも一緒

=シオマネキちゃん=
片方の鋏が大きいシオマネキ
のように、長い髪を
片側で結んでるお姉様

=水くらげちゃん=
ひっそり薄茶色のオーラ
シンプル仕様の
元クラスメイト

=パルファンちゃん=
化学系キャリアウーマンちゃん

=ぽっぽちゃん=
小中学校の同級生
下校の友

*****

男の子くんのお友達

=おじいちゃま=
仲良しのドクター
86歳の長老様

=アサリ君=
おっとりふわふわした
秀才君

=カピバラ君=
たくさん一緒に遊んだ
幼馴染君

=カピバラ・パパ=
カピバラ君のパパ

=ダチョウ君=
サロン主の翻訳家君

=ネコヤナギ君=
粗暴で偏屈な外側
植物にも優しい内側
26年間のお友達

=ジンライム君=
自然派の学芸員君

=ヤマシギ君=
切れ者の研究員君

=ノベルティー君=
教養深い趣味人の
企業代表君

=ゆりかもめ君=
ピアノ好きの陽気なお友達

=サメビタキ先輩=
ぱんだの里ちゃんの先輩

=ハクセキレイ君=
ぱんだの里ちゃんの同級生

=ツバメ君=
姿勢の良い立ち姿が
ツバメ風のお友達

=カタツムリ君=
何どきもテンションが
変わらないお友達

=シロハラインコ君=
おおらかな余裕で
ムードメーカーになれる
バランスの取れたお友達

=ブルターニュ君=
京都の愛らしい学者君

=イクラ先生=
小学校時代の担任
今も仲良し

=ゲンゴロウ先生=
小学校時代の主任
イクラ先生の元同僚

=カカシ君=
謎の譜めくりすと君

=ぴょんきち君=
大きな身体のプログラマー君

=ヴィブラート君=
哲学好きのお友達
最近彼女ができたばかり

=チャイコフスキー先生=
音楽評論のお友達

=矢車草君=
コンサートマネージ君

=チャボ君=
ピアノ技師君

=Mr.B=
お世話になってる
Steinwayの調律師さん

=テントウムシ君=
沢山学ばせてもらってる
信頼する友人

=ピラルクー君=
大水槽で古代魚を飼う
スタジオ経営者君

=藍綬君=
藍綬褒章を持つ
最長老84歳のお友達

=ぶち犬君=
昔の恋人で学者君


***実名登場のお友達***

=フランス鴨君=
ダチョウ君のお兄様
哲学者ミシェル・ジャメ氏

=岡村哲伸氏=
モデルをつとめた
彫刻家さん

=LICAちゃま=
桐朋時代のお仲間
カリフォルニアのピアニスト
LICA HANDAちゃん

=セニョール・ウナミゴ=
ギタリスト
増井一友さん

=故黒木義典教授=
仏語学者
大阪外大名誉教授


***室内楽演奏のお友達***

=蝶番君=
大阪チェンバー
片寄伸也さん
  *ファゴット

=ロップイヤーうさぎちゃん=
浅野毬莉ちゃん
  *フルート

=シジミちゃん=
神戸フィル
麻生多恵子ちゃん
  *クラリネット

=ミスターメジロ=
大阪チェンバー
滝本博之さん
  *ファゴット

=ズワイガニ姫=
アンサンブルカプリス主催
国塚貴美さん
  *マリンバ

=カワウソちゃん=
崎元蘭奈ちゃん
  *チェロ

=牛君=
宝塚歌劇オーケストラ
渡邊悦郎さん
  *ファゴット


***ブルゴーニュ君のお友達***

=パーシモンちゃん=
ナイチンゲールちゃんのワンコ

=ムーちゃん=
お散歩で会う白いワンコ
Categorie