November 03, 2013

審美とイマージュ

29oct13e














マダムビスコッティに金色カードルを頂いた。

裸んぼで出してた聖歌の譜にぴったりの大きさだった。

どこに置こうかなって持ち回り、今のところはリビングルームに落ち着いてる。

ノベルティ夫妻からの贈り物だったテーブルクロスがネウマにマッチしそうだったからお隣に移動してみた。

  *フランスの刺繍テーブルクロス

マダムビスコッティのお妹様のお作で二紀展に出展されたものも一緒に頂戴してしまった。

29oct13f
















レリーフ作品が裏からしっかり釘打ちされたカードルは

ババールポスター額とも相性良し。

インテリアが全部頂き物になってゆく感・・・有難いです。
別々のお友達からのお品を並べてるだけなのに不思議な統一感。
室内にあるお友達の気配はやっぱり好きです。

**

以前ババールで演奏したフランス歌曲を聴いた。
考えも感覚も随分と異なる演奏だったけれど、だからこそ興味深かった。

  其うしてふと、
    善し悪し如何などより
      審美性はどんな基準で
        私たち凡ての鑑賞者に
          植えられるんだろうって
            茫洋とした物思いが湧いた。

18世紀思想運動の中、1751年からディドロとダランベール共同編集によって刊行された百科全書内、実にディドロらしい "Beau (美) " というタイトルの項目を読み返したくなった。

《私が一輪の花について、あるいは一尾の魚について、それは美しいという時、これはどういう意味なのか。もし私が、この花または魚を単独に考察しているのなら、私が意味するのは、花や魚を構成する部分の間に、ある秩序、配列、対称、関係が認められるということにほかならない。
だから、この意味では、どんな花も美しく、どんな魚も美しい

だがそれはいかなる美に属するのか。
私が即物的美とよぶにである。》


《もし私が、その花や魚を、他の花や魚と関連させて考察しているのなら、私が、それは美しいという時、その意味は、その種に属する諸存在のうちで、つまり魚類のうちではこの魚が、花類のうちではあの花が、
私の内部にもっとも多数の関係の観念、しかももっとも多数のある種の関係の観念をよびさますということだ。
なぜなら、私があとで説明するように、関係すべてが同じ性質のものではないのだから、あるものはより多く、あるものはより少なくに関与している。

しかし、対象をこの新しい仕方で考察すれば、とが存在すると、私は断言することができる。
だがいかなると、いかなるか。相対的とよばれるそれだ。


《関係は一般に、悟性の働きである。この働きは、存在と性質とを、両者がそれぞれ他の存在と性質との実在を前提する限りにおいて考察する。

  中略

関係は、われわれの悟性のうちにしかありえないにしても、知覚に関していえば、その根拠はやはり事物のうちにある。だから私は、次のような場合、いつも、事物はそれ自体に実在的な関係を含んでいるといいたい。

すなわち、この事物がある性質をそなえていて、私のように肉体と精神からなりたつ存在がその性質を考察するには、その事物のなかかそとに、他の存在ないし他の性質の実在を前提せずにはいられないような場合である。
そして私は関係を、実在的なものと知覚されたものとに区別したい。

ただ、第三種の関係もある。
悟性的あるいは仮構的関係がこれだ。
人間の悟性が事物のうちに想定する関係である。

彫刻師が、大理石の塊の上に視線を投げかける。彼の想像力は、のみよりも速く、この塊のすべての不要部分をはぎとり、そこに一つの形を見わける。けれどもこの形は、本来想像的で仮構的なものである。彼は、前もってこの不定形の大理石の塊のなかに、想像力の助けをかりてつくりだしたものを、悟性のひく線によって区切られた空間の一部に、実現するだろう。》

             (中川久定様訳)

**

読んでいて、せんに引用したバルザックを思い出した。

  *本質とイマージュ

ディドロは何を書いてもディドロ節で面白いナ。


■イマージュテーマ関連リンク
*美しい白のイマージュ
*イマージュに血が通う
*本質なきイマージュ
*本質とイマージュ
*イマージュと技巧
*切られたイマージュ
*女の子はファンシー好き(6)ルイ・アラゴン
*イマージュのシルエット
*イマージュ
*フランス音楽とイマージュ考
       ?僕が思うパリの風


■ディドロ関連リンク
*スペイン料理とディドロ
*絵をみる
*書棚
*クリームプディングとディドロ
*サンサーンスとディドロ
*善と悪
*オークラにて。悩みました
*人の特質
*別れの月光
*ケクラン、ディドロ、ドビュッシー
*フランス音楽(8)感性の求め
*浪漫主義と現実主義 
*ピアノと根気

lasalledeconcert at 06:26││  パリの風6 
Cours
ピアノレッスンのご希望
聴音、音楽史など
ご相談に応じます

ご紹介者様が
いらっしゃらない場合は
お教室専用アドレス

le_cours88@yahoo.co.jp

までお問い合わせくださいネ ♪
Album
メインサイトパリの風
ページです

ブログ写真のアルバムや
バックナンバーなども
どうぞご覧になって下さいね
Nouvelle
=====================


**3月5日(日)**
11h〜13h 

《クラブ・プーランク》

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**4月15日(土)
13h〜14h45

《パリの風 bis》
公開ライブリハーサル

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**5月3日(祝)
14h〜15h45

《パリの風 コンサート》

神戸芸術センター
シューマンホール
Caractere
***ブログに登場したお友達***

女の子ちゃんのお友達

=タピオカちゃん=
水色の瞳の親友
離れてる今はメル友

=フラミンゴちゃん=
東洋が大好きな
フォトグラファーちゃん

=ママン手袋=
フランスでのママン

=マルシェ籠ちゃん=
昔ホームステイをした
大家族のお家の主婦様。
今はメル友

=マダム・ビスコッティ=
教会のお友達
明るくしっかりした
お年上の主婦様

=ナイチンゲールちゃん=
うんと近くに住む
綺麗な声の親友

=レモンカナリアちゃん=
お花が大好きな
ご近所のお友達。
ほっそりした姿もお声も
カナリアのよう

=タマゴカナリアちゃん=
レモンカナリアちゃんの卵。
つるつるピンクのホッペの
カナリアお嬢様

=ポニーテールちゃん=
中学校の同級生
登校の友

=マダム・ノベルティー=
美人でおもてなし上手な
ノベルティー夫人

=雀ちゃん=
ウズラちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=ウズラちゃん=
雀ちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=青い空ちゃん=
フルートが大好きな
おとなしやかな美人さん

=ぱんだの里ちゃん=
ほわんと優しい空気の
色白パンダちゃん

=赤嘴クイナちゃん=
フルート大好きな
クリスチャン友ちゃん

=シジュウカラちゃん=
お菓子が大好きな
フルートのお仲間

=ホンドフクロウちゃん=
夫の同級生。
ふんわり笑顔の声楽家ちゃん

=オカメインコちゃん=
アカンパニストちゃん

=カケスちゃん=
クリエーターさん

=十姉妹ちゃん=
クールに見えて実は優しい
大好きなお姉様

=アマリリスちゃん=
グラマラス美人の
キーボーディストちゃん

=黒アゲハちゃん=
クラブママ風美人の
歌のお姉様

=キタイタダキちゃん=
音楽マネジメントの卵ちゃん
ピアノも弾いて歌も歌います

=プレーリードッグちゃん=
優しくて可愛い
ご近所のお友達

=シロツメ草ちゃん=
ファゴット奏者の
タマゴちゃん

=河原鳩ちゃん=
生活密着型で
現実的な中型の鳩ちゃん
実は照れ屋さん

=テッセルモルモットちゃん=
昔はお下げ、今はママになった
声楽家ちゃん

=コゲラちゃん=
母と共通の古くからのお友達

=千鳥ちゃん=
コンサート予行の鑑賞者

=グレーうさぎちゃん=
美人の布作家さん

=大春車菊ちゃん=
大きな声で笑う
大らかで楽しいお友達

=カモノハシちゃん=
絵が上手で茶色い目をした
中学のクラスメイト

=ペトルーシュカちゃん=
沢山の時間を過ごした
同窓のお仲間
桐朋ガムランクラブでも一緒

=シオマネキちゃん=
片方の鋏が大きいシオマネキ
のように、長い髪を
片側で結んでるお姉様

=水くらげちゃん=
ひっそり薄茶色のオーラ
シンプル仕様の
元クラスメイト

=パルファンちゃん=
化学系キャリアウーマンちゃん

=ぽっぽちゃん=
小中学校の同級生
下校の友

*****

男の子くんのお友達

=おじいちゃま=
仲良しのドクター
86歳の長老様

=アサリ君=
おっとりふわふわした
秀才君

=カピバラ君=
たくさん一緒に遊んだ
幼馴染君

=カピバラ・パパ=
カピバラ君のパパ

=ダチョウ君=
サロン主の翻訳家君

=ネコヤナギ君=
粗暴で偏屈な外側
植物にも優しい内側
26年間のお友達

=ジンライム君=
自然派の学芸員君

=ヤマシギ君=
切れ者の研究員君

=ノベルティー君=
教養深い趣味人の
企業代表君

=ゆりかもめ君=
ピアノ好きの陽気なお友達

=サメビタキ先輩=
ぱんだの里ちゃんの先輩

=ハクセキレイ君=
ぱんだの里ちゃんの同級生

=ツバメ君=
姿勢の良い立ち姿が
ツバメ風のお友達

=カタツムリ君=
何どきもテンションが
変わらないお友達

=シロハラインコ君=
おおらかな余裕で
ムードメーカーになれる
バランスの取れたお友達

=ブルターニュ君=
京都の愛らしい学者君

=イクラ先生=
小学校時代の担任
今も仲良し

=ゲンゴロウ先生=
小学校時代の主任
イクラ先生の元同僚

=カカシ君=
謎の譜めくりすと君

=ぴょんきち君=
大きな身体のプログラマー君

=ヴィブラート君=
哲学好きのお友達
最近彼女ができたばかり

=チャイコフスキー先生=
音楽評論のお友達

=矢車草君=
コンサートマネージ君

=チャボ君=
ピアノ技師君

=Mr.B=
お世話になってる
Steinwayの調律師さん

=テントウムシ君=
沢山学ばせてもらってる
信頼する友人

=ピラルクー君=
大水槽で古代魚を飼う
スタジオ経営者君

=藍綬君=
藍綬褒章を持つ
最長老84歳のお友達

=ぶち犬君=
昔の恋人で学者君


***実名登場のお友達***

=フランス鴨君=
ダチョウ君のお兄様
哲学者ミシェル・ジャメ氏

=岡村哲伸氏=
モデルをつとめた
彫刻家さん

=LICAちゃま=
桐朋時代のお仲間
カリフォルニアのピアニスト
LICA HANDAちゃん

=セニョール・ウナミゴ=
ギタリスト
増井一友さん

=故黒木義典教授=
仏語学者
大阪外大名誉教授


***室内楽演奏のお友達***

=蝶番君=
大阪チェンバー
片寄伸也さん
  *ファゴット

=ロップイヤーうさぎちゃん=
浅野毬莉ちゃん
  *フルート

=シジミちゃん=
神戸フィル
麻生多恵子ちゃん
  *クラリネット

=ミスターメジロ=
大阪チェンバー
滝本博之さん
  *ファゴット

=ズワイガニ姫=
アンサンブルカプリス主催
国塚貴美さん
  *マリンバ

=カワウソちゃん=
崎元蘭奈ちゃん
  *チェロ

=牛君=
宝塚歌劇オーケストラ
渡邊悦郎さん
  *ファゴット


***ブルゴーニュ君のお友達***

=パーシモンちゃん=
ナイチンゲールちゃんのワンコ

=ムーちゃん=
お散歩で会う白いワンコ
Categorie