March 15, 2017

動物広場

11mars17n






















病室の枕元にある本はラーゲルクヴィスト著 "バラバ"。
バラバは、過越祭にピラトが下した特赦でイエズス様の代わりに刑の執行を免れた人です。

メスが入る前後に、罪深いバラバの晩年をじっくり考えたくて、入院に際して持ち込みました。生き延びることになったらどんな心持ちでこの先の人生を歩むべきかって思いから開いた本。

11mars17m
















手術前は

自分が生きてるほうが、周りの小さな範囲に良いことがちょっとだけ増えるんだろうか? それとも迷惑の分量のほうが多いだろうか? って考えることが多かった。

幾度考えても、役立つほうがより少ないよねって結論になった。
すると少しはましな事がしたくてならなくなった。

  しかし気持ちに反して物理的に動ける範囲は狭まった。

例えば術後しばらくして初めて自力で御不浄へ行けた時。トイペのはじっこをピランと握れても千切ることができなかった。
どうやって切りましょう? ってひらひら振りながら考えた。

多くのかたがそうであるように、トイペを切るのにどういった筋力を使ってるか考えたことがなかった。指先を尺取り虫のように使って1cmくらいずつもそもそもと千切るところから始まった。

11mars17i
















大病の初心者には其んなことが珍しく、
日々新しく起こる不自由は自分の中ではニュースだった。

それだけでかなり楽しい気分になった。
息をしてるだけで毎日ニュースがあるのだから。

病棟の共同スペースの動物広場へ歩行器を押して行っては、他の様々な苦労と同じように 'トイペが切れない問題' もおしゃべり報告して和気藹々と過ごした。

ドレーンが外れて身軽になった身体でヤッホーと入室した時も、引きずってた点滴台がなくなって血管確保だけの自由の身で入室した時も、誰かが "おお〜! " "外れたん? " "おめでとう" など口々に声をかけてくれる友好的な共同空間。

これが今の私の狭い狭い行動範囲だ。

11mars17j


















そこでフクロウオウム君を見つけた。

フクロウオウムって種類は鳥類だが飛べず、個体数が少ないので保護を受けている。保護の証拠のように私たちよりも引きずっている機械類が多かった。

一定時刻にやってくるが誰とも話さず、フクロウオウム種の固有のものかはわからないけれど表情が読めない珍しい様子で居たので、みな話しかけることは止していた。

患者は触れられたくないことがあったり、話したくないから接触機会を避けたりも多いものだけど、フクロウオウム君の場合は其うじゃあない気がした。

義務じゃないのに取り敢えず動物広場に来るのだもの。
勘だけど、本当は交わりたい風に感じた。

11mars17k















それにみんなだってフクロウオウム君を避けたいわけじゃなくて、ただ相手が欲してるか嫌がってるかが読み取りにくいから困惑してるだけだった。

歩行器をガラガラ押して話しかけに行った。

後ろがシーンとなった。
多分 "おっ、あいつ行きよったで! " 的な。
告白しに行く友達を力を込めて見守る感じの空気が面白かった。

フクロウオウム君はイヤホンつけてオタ系の不思議な動画を見ていたから音や気配に気づかず、私はといえば手術以来しっかりした声が出ないからテーブルをトントンと叩いた。

喋った。
喋り始めるとフクロウオウム君の表情がどんどん出てきた。
若いなあ。私の子供に当たるくらいの年齢で可愛らしい。

後ろは静まり返って成行きを見守ってるのが伝わってきた。

11mars17l















フクロウオウム君は2年も長期入院してるのに、ぜんぜん話さずお友達が居ないようだった。人嫌いなのじゃあなくて、ただ恥ずかしいから隅で一人でオタ動画を見てるだけと説明してくれた。

"なぁんだ。人が厭なんじゃないって〜" と見守ってた人たちを振り返ると寄ってきて、フクロウオウム君に口々に話しかけてた。

フクロウオウム君は笑ってた。
幸せな気分になるシーンだった。

自由で希望に溢れたはずの20代を病院の中で過ごしてるのだ。
どこにも行けない環境でも、せめてこの限られた生活空間で一瞬笑顔を見つけられたらいいじゃないかと思った。


*怪我の功名
*すみません
*動物と人間と不安
*涙が拭けたら
  ?僕と回復とスカウサギ
*プーランクで麻酔
  ?僕が知ってる麻酔のオチ
*ヴルスト先生
*病者の塗油
*こんなお出かけ
*与えられた中で

*結婚したい
*ずっとご飯を作りたい
  ?僕が聞いた踵のお話
*いったん最後のコンサート
*ピンク・ピンク
*幸福 -- 重なり
*院内生活
*今日の続き
*MRIのイメージング
*お祈りを感謝します
*祈る朝に
*長いひと月
*病人と香り
*ブルーシェルフ
*内視鏡の苦痛と歌
*意識が戻って
*出張
*アッパーシェルフ
*コーナーアングル
*居場所
*強弱
*Macへ行こう(19)未来を買う
*死にたくない理由
*病気が判った日
*歩く
*アンサンブルをありがとう
*生きたい理由
*病者の秘跡
*諦めずに
*夫が怖かった
*病気

lasalledeconcert at 14:45││  心地良い住まい10 
Cours
ピアノレッスンのご希望
聴音、音楽史など
ご相談に応じます

ご紹介者様が
いらっしゃらない場合は
お教室専用アドレス

le_cours88@yahoo.co.jp

までお問い合わせくださいネ ♪
Album
メインサイトパリの風
ページです

ブログ写真のアルバムや
バックナンバーなども
どうぞご覧になって下さいね
Nouvelle
=====================


**3月5日(日)**
11h〜13h 

《クラブ・プーランク》

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**4月15日(土)
13h〜14h45

《パリの風 bis》
公開ライブリハーサル

にしむら珈琲 御影店
3Fフレンドサロン


=====================


**5月3日(祝)
14h〜15h45

《パリの風 コンサート》

神戸芸術センター
シューマンホール
Caractere
***ブログに登場したお友達***

女の子ちゃんのお友達

=タピオカちゃん=
水色の瞳の親友
離れてる今はメル友

=フラミンゴちゃん=
東洋が大好きな
フォトグラファーちゃん

=ママン手袋=
フランスでのママン

=マルシェ籠ちゃん=
昔ホームステイをした
大家族のお家の主婦様。
今はメル友

=マダム・ビスコッティ=
教会のお友達
明るくしっかりした
お年上の主婦様

=ナイチンゲールちゃん=
うんと近くに住む
綺麗な声の親友

=レモンカナリアちゃん=
お花が大好きな
ご近所のお友達。
ほっそりした姿もお声も
カナリアのよう

=タマゴカナリアちゃん=
レモンカナリアちゃんの卵。
つるつるピンクのホッペの
カナリアお嬢様

=ポニーテールちゃん=
中学校の同級生
登校の友

=マダム・ノベルティー=
美人でおもてなし上手な
ノベルティー夫人

=雀ちゃん=
ウズラちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=ウズラちゃん=
雀ちゃんとコンビの
音楽鑑賞のお仲間

=青い空ちゃん=
フルートが大好きな
おとなしやかな美人さん

=ぱんだの里ちゃん=
ほわんと優しい空気の
色白パンダちゃん

=赤嘴クイナちゃん=
フルート大好きな
クリスチャン友ちゃん

=シジュウカラちゃん=
お菓子が大好きな
フルートのお仲間

=ホンドフクロウちゃん=
夫の同級生。
ふんわり笑顔の声楽家ちゃん

=オカメインコちゃん=
アカンパニストちゃん

=カケスちゃん=
クリエーターさん

=十姉妹ちゃん=
クールに見えて実は優しい
大好きなお姉様

=アマリリスちゃん=
グラマラス美人の
キーボーディストちゃん

=黒アゲハちゃん=
クラブママ風美人の
歌のお姉様

=キタイタダキちゃん=
音楽マネジメントの卵ちゃん
ピアノも弾いて歌も歌います

=プレーリードッグちゃん=
優しくて可愛い
ご近所のお友達

=シロツメ草ちゃん=
ファゴット奏者の
タマゴちゃん

=河原鳩ちゃん=
生活密着型で
現実的な中型の鳩ちゃん
実は照れ屋さん

=テッセルモルモットちゃん=
昔はお下げ、今はママになった
声楽家ちゃん

=コゲラちゃん=
母と共通の古くからのお友達

=千鳥ちゃん=
コンサート予行の鑑賞者

=グレーうさぎちゃん=
美人の布作家さん

=大春車菊ちゃん=
大きな声で笑う
大らかで楽しいお友達

=カモノハシちゃん=
絵が上手で茶色い目をした
中学のクラスメイト

=ペトルーシュカちゃん=
沢山の時間を過ごした
同窓のお仲間
桐朋ガムランクラブでも一緒

=シオマネキちゃん=
片方の鋏が大きいシオマネキ
のように、長い髪を
片側で結んでるお姉様

=水くらげちゃん=
ひっそり薄茶色のオーラ
シンプル仕様の
元クラスメイト

=パルファンちゃん=
化学系キャリアウーマンちゃん

=ぽっぽちゃん=
小中学校の同級生
下校の友

*****

男の子くんのお友達

=おじいちゃま=
仲良しのドクター
86歳の長老様

=アサリ君=
おっとりふわふわした
秀才君

=カピバラ君=
たくさん一緒に遊んだ
幼馴染君

=カピバラ・パパ=
カピバラ君のパパ

=ダチョウ君=
サロン主の翻訳家君

=ネコヤナギ君=
粗暴で偏屈な外側
植物にも優しい内側
26年間のお友達

=ジンライム君=
自然派の学芸員君

=ヤマシギ君=
切れ者の研究員君

=ノベルティー君=
教養深い趣味人の
企業代表君

=ゆりかもめ君=
ピアノ好きの陽気なお友達

=サメビタキ先輩=
ぱんだの里ちゃんの先輩

=ハクセキレイ君=
ぱんだの里ちゃんの同級生

=ツバメ君=
姿勢の良い立ち姿が
ツバメ風のお友達

=カタツムリ君=
何どきもテンションが
変わらないお友達

=シロハラインコ君=
おおらかな余裕で
ムードメーカーになれる
バランスの取れたお友達

=ブルターニュ君=
京都の愛らしい学者君

=イクラ先生=
小学校時代の担任
今も仲良し

=ゲンゴロウ先生=
小学校時代の主任
イクラ先生の元同僚

=カカシ君=
謎の譜めくりすと君

=ぴょんきち君=
大きな身体のプログラマー君

=ヴィブラート君=
哲学好きのお友達
最近彼女ができたばかり

=チャイコフスキー先生=
音楽評論のお友達

=矢車草君=
コンサートマネージ君

=チャボ君=
ピアノ技師君

=Mr.B=
お世話になってる
Steinwayの調律師さん

=テントウムシ君=
沢山学ばせてもらってる
信頼する友人

=ピラルクー君=
大水槽で古代魚を飼う
スタジオ経営者君

=藍綬君=
藍綬褒章を持つ
最長老84歳のお友達

=ぶち犬君=
昔の恋人で学者君


***実名登場のお友達***

=フランス鴨君=
ダチョウ君のお兄様
哲学者ミシェル・ジャメ氏

=岡村哲伸氏=
モデルをつとめた
彫刻家さん

=LICAちゃま=
桐朋時代のお仲間
カリフォルニアのピアニスト
LICA HANDAちゃん

=セニョール・ウナミゴ=
ギタリスト
増井一友さん

=故黒木義典教授=
仏語学者
大阪外大名誉教授


***室内楽演奏のお友達***

=蝶番君=
大阪チェンバー
片寄伸也さん
  *ファゴット

=ロップイヤーうさぎちゃん=
浅野毬莉ちゃん
  *フルート

=シジミちゃん=
神戸フィル
麻生多恵子ちゃん
  *クラリネット

=ミスターメジロ=
大阪チェンバー
滝本博之さん
  *ファゴット

=ズワイガニ姫=
アンサンブルカプリス主催
国塚貴美さん
  *マリンバ

=カワウソちゃん=
崎元蘭奈ちゃん
  *チェロ

=牛君=
宝塚歌劇オーケストラ
渡邊悦郎さん
  *ファゴット


***ブルゴーニュ君のお友達***

=パーシモンちゃん=
ナイチンゲールちゃんのワンコ

=ムーちゃん=
お散歩で会う白いワンコ
Categorie