LASBL みんなのブログページ

リーグに参加するすべての人が書き込めます!

プレーオフスポット2

各チーム残り3試合を切り
プレーオフスポット争いも絞られてきました。

現在
5位ユニオン 5-7-1 残り 2 スパークス(7-6)、ラーチ(4-8)
6位ジュズ 4-8-1 残り 2 タイタンズ(8-5)、ボンバーズ(4-8)
7位ラーチ 4-8 残り 3 パワーズ(11-1)、ユニオン(5-7-1)、Jスピ(1-11)
8位ボンバーズ 4-8 残り 3 ジュズ(4-8)、パイレーツ(4-9)、ジャイアンツ(5-5-3)
9位パイレーツ 4-9 残り 2 レイダース(11-1-1)、ボンバーズ(4-8)
 
5.5勝がボーダーになりそうです。
数学的確率ではありませんが、
ユニオンは確定で残り1つの椅子を4チームが争ってます。

ただしパイレーツは2勝プラスビッグヘルプが必要な上に
レイダースとの対戦もあり非常に厳しい状況です。
ラーチとの不戦敗が決定的でしたね。

残り3チーム
まず自力優勝の可能性があるのは
7位のラーチです。
残り全勝すればプレーオフスポットインです。
現在一位パワーズとの対戦もあり、5勝もしくは6勝というところでしょう。

 6位ジュズは
連勝中のタイタンズとの対戦もあり、
ボンバーズに勝ち、ラーチの順当負け(パワーズ、ユニオン)でインです。

8位ボンバーズはパイレーツ、ジュズに勝ち、ラーチが
ラーチの順当負け(パワーズ、ユニオン)でインです。

ということはラーチがユニオンに勝てるかどうかがポイントになりそうです。
ユニオンが勝つようだと、ジュズーボンバーズの直接対決の勝者がぐっと有利になります。

 

感動の初勝利

感動の初勝利
11連敗のチームが
2年近く負けなしの常勝チームに。。。



JSP 3 - 2 RAD



記入ミスでも 3-12 でもありません。

2011年度黒ひげ危機一髪チーム
J Spirits

10年を超えるLASBLの歴史の中でも
年間を通して負け続けたチームは存在しません。

優勝常連チームJ Spirits も 投手不在のチームになると
流石に苦しい戦いの連続で 気がつけば2011年11連敗を喫しておりました。

対戦チームは当然のように勝ちを計算し、
巷では、今期の黒ひげ危機一髪にはあたりがないのではないかと。。。
囁かれ始めていました。

 しかし大敗続きだったチームがここ3戦
かつてのチームワークを取り戻し、

ミスターJスピの投手補強のほの字もない姿勢に
腹をくくった不惑のエースおもてや氏の
「わかったよ完投すればいいんでしょ」
と言う腹括り宣言から

ネオ戦     1-3
ボンバーズ戦 5-6 10回サヨナラ
タイタンズ戦  7-8 4点差を逆転負け

勝ち星を計算できる対戦相手から
厄介なチームに変貌を遂げていました。

どこかで一勝ぐらいしそうだな
と言う空気は流れ出しましたが
まさか それが 7月31日になるとは
お釈迦様でも。。。

筆者はふてぶてしさを増す投球と
古豪らしい慌てぬ守備力に
良いゲームするかもしれないと風潮していましたし、
勝てたら素敵だねと話し、奇跡を信じ観戦に駈け付けましたが

冷静に考えれば半官びいきの希望であって
どこまでやるかなと言うのが正直な気持ちだったと思います。

初回のチャンスを逃したレイダースに対し
単発なヒットですがランナーを出し
序盤終了時の 0-0 はボクシング流に言えば 
10-10 のがっぷり四つ (今はマストシステムですが)

この辺で
Jスピが先取点取ったら面白いんだけど
なんて声がちらほら

願えば叶うもんですね
クリーンヒットで先取点はなんとJスピ

4回終了時 1-0でJスピがリードです。
このまま1-0で逃げ切りなんてあるのかなぁ?
期待と不安の中、流石レイダース

無死から3番こうすけ選手のセンターへの弾丸ライナーが
おもてやさんの甘い高めの球にジャストミート

推定飛距離130Mが大きな木の20M近い高さに突き刺さり
今まで見た最大飛距離の3塁打
フェンスがあればどんな球場でもホームランと言うあたりでした。

続くあきら選手の2塁打であっという間の同点
夢はいつか覚めるんだ と言うフレーズがJスピナインの
脳裏に絶え間なくこだましていた筈です。

しかしこの無死2塁のピンチを凌ぎ
その後両チームゼロイニングを重ねて迎えた7回裏

第三試合の選手も集まり始め
奇跡の証人が増え、得点を聞いて
アップそっちのけで試合に釘付けに

7回裏正攻法で1点をもぎ取り
迎えた8回二死二塁 ここでおもてや氏の伝家の宝刀
二塁へのピックオフプレーで走者をおびき出しアウト

歓声を上げる観客に笑顔を見せるJスピナイン
「まだ一回ある」
ミスターJスピ 阿部氏がチームを引き締め
裏の攻撃でダメ押しとも言える3点目をたたき出し
9回 二死を取って奇跡を確信する観客
その後苦しみながら1失点するも 
最後はショートへのポップアップを打たせ

チェックメイト

殊勲打の選手がうろ覚えで
淡白な観戦記になってしまいましたが
9回は観戦していて口が渇いてぱりぱりでした。

感動したよ
ナイスゲーム!!





遂に 奴が帰ってくる!!

遂に 奴が帰ってくる!!

身長185cm 体重80kg
LASBLを代表する (見掛け倒しの)大物右腕が

遂に LASBLの舞台に帰ってくる!!

あふれ出す(垂れ流しの)野球センス!

チームメートを引き付ける(無理強いの)
信頼感!

余裕あふれる(全力で走れない)プレー!

ほとばしる汗(のような唾)

狙い済ました(振り遅れな)右打ち!

審判をも黙らせる(ストライクをコールさせない)ストレート!

口説き落としたS監督談
 「人数足りないからでも、同情でも無いって」
 「信じられないだろうけど、本気で戦力として誘ったんだよ」

元所属チームT監督談
 「登録してる?とか譲ってもらえる?とか、謙る必要ないさ!」
 「彼にまた野球の楽しさを味あわせてもらえるなんて」
 「キスしたいぐらい こちらの方が感謝だよ!」

そう
今週末8時半フカイパークに


遂に 奴が帰ってくる!!
 





記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ