レーシック (LASIK: Laser in Situ Keratomileusis )

角膜屈折矯正手術の一種。
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、
角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。
一般的に近視の場合は、
眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用することにより視力を補正しますが、
角膜を矯正手術することにより限りなく正視の状態に近づける手術です。
つまり、裸眼のまま、一定の視力が確保されます。
1990年代にアメリカを中心にその手術方法が認知されるようになりました。