手術の失敗・術後合併症等

基本的にレーシックは非常に安全性に優れた手術として知られていますが、
それでも失敗が絶対にないとは言い切れません。

例えば、銀座眼科でレーシック手術を受けた患者が網膜炎や結膜炎の集団感染を引き
起こしている事件がニュースでとりあげられています。
これは極端な例ですが、手術が100パーセント安全とは言い切れないということは、
わかっていただけると思います。

レーシックにはある種、
手術自体よりもアフターケアが重要であるという側面があります。
手術を選ぶ際、「自分の眼に合った手術をきちんと選ぶこと」が、
後遺症から身を守る術となりますので、
信頼できるクリニック・執刀医をきちんんと選んで吟味して下さい。