アイレーシックとはフラップの作成から角膜の屈折矯正まで、患者様一人ひとりの眼の状態に合わせてカスタムメイドしたレーザー照射を行う視力回復治療です。

←詳しくは品川近視クリニックのサイトへ

ウェイブスキャンは、アイレーシックを行なうのに必要な眼のデータ(角膜の形状など)を細かく解析する機械です。人の目の形状は、指紋が人それぞれ異なるのと同じで、一人ひとり異なります。ウェイブスキャンは一人ひとりの角膜の歪みに合わせたオリジナルの照射プログラムを作成します。

アイレーシックでは、当院でも実績豊富なイントラレースレーザーを使用しています。従来のマイクロケラトームと呼ばれる刃物を使用した方法に比べ、安全性・安定性に大変優れている高精度医療用レーザーを使用します。

ウェイブスキャンによる高精度な測定が行えたとしても、その測定データと同じ精度でレーザーの照射ができなければ満足のいく結果を得ることは出来ません。
このビジックス スター S4 IRは、測定データに基づいた複雑な形状の照射はもちろん、検査時の眼の位置と施術時の眼の位置の誤差を補正するプログラムや、レーザー照射中に眼の動きにあわせてレーザーを照射するトラッキング技術を備え、精密なレーザー照射を行うことが可能となっています。

←詳しくは品川近視クリニックのサイトへ

アイレーシックでは、その人に合った最適なレーザー照射プログラムをカスタムメイドすることで視力回復を行い、高次収差の増加を防ぎます。
※ 術後の視力は品川トリプルRプレミアムイントラレーシックとほぼ同じです。

米国国防総省のパイロットや国立航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士への使用が認められている精度の高い視力回復治療です。
1. 点眼麻酔
検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。

2. フラップの作成
開眼器でまぶたを開きイントラレースレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。

3. 屈折矯正
フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

4. 消毒
フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして施術は終了です。

5. 施術後
状態が安定するまで15分程度回復室でお休み頂きます。施術後の診察で問題がなければ、そのままお帰り頂けます。