リスクを避けてレーシック 失敗しない視力矯正

レーシックによる視力矯正の情報。 リスク、失敗、危険性、欠点、利点など。

レーシク以外の視力矯正手術

アイレーシック

アイレーシックとはフラップの作成から角膜の屈折矯正まで、患者様一人ひとりの眼の状態に合わせてカスタムメイドしたレーザー照射を行う視力回復治療です。

←詳しくは品川近視クリニックのサイトへ

ウェイブスキャンは、アイレーシックを行なうのに必要な眼のデータ(角膜の形状など)を細かく解析する機械です。人の目の形状は、指紋が人それぞれ異なるのと同じで、一人ひとり異なります。ウェイブスキャンは一人ひとりの角膜の歪みに合わせたオリジナルの照射プログラムを作成します。

アイレーシックでは、当院でも実績豊富なイントラレースレーザーを使用しています。従来のマイクロケラトームと呼ばれる刃物を使用した方法に比べ、安全性・安定性に大変優れている高精度医療用レーザーを使用します。

ウェイブスキャンによる高精度な測定が行えたとしても、その測定データと同じ精度でレーザーの照射ができなければ満足のいく結果を得ることは出来ません。
このビジックス スター S4 IRは、測定データに基づいた複雑な形状の照射はもちろん、検査時の眼の位置と施術時の眼の位置の誤差を補正するプログラムや、レーザー照射中に眼の動きにあわせてレーザーを照射するトラッキング技術を備え、精密なレーザー照射を行うことが可能となっています。

←詳しくは品川近視クリニックのサイトへ

アイレーシックでは、その人に合った最適なレーザー照射プログラムをカスタムメイドすることで視力回復を行い、高次収差の増加を防ぎます。
※ 術後の視力は品川トリプルRプレミアムイントラレーシックとほぼ同じです。

米国国防総省のパイロットや国立航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士への使用が認められている精度の高い視力回復治療です。
1. 点眼麻酔
検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。

2. フラップの作成
開眼器でまぶたを開きイントラレースレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。

3. 屈折矯正
フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

4. 消毒
フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして施術は終了です。

5. 施術後
状態が安定するまで15分程度回復室でお休み頂きます。施術後の診察で問題がなければ、そのままお帰り頂けます。

格闘技などしている方の視力回復治療 エピレーシック

エピレーシックとは、エピケラトームという機器を使用して角膜上皮部分のみのフラップを作成する方法です。角膜の薄い方、格闘技など激しいスポーツをしている方に適しています。



エピレーシックの特徴

角膜が薄い等の理由でレーシック適応外の方や格闘技をされる方等、特別な方に行います

1. 点眼麻酔
眼の表面を消毒・洗浄して目薬タイプの麻酔を点眼します。

2. フラップの作成
開眼器でまぶたを固定し、エピケラトームを使用して上皮と角膜実質からフラップ(厚さ約60μm)を作成します。

3. 屈折矯正
フラップをめくりエキシマレーザーを照射します。角膜の曲面をなだらかにし、屈折力を変えます。

4. 消毒
眼の表面の洗浄をしてから目印に合わせてフラップを戻し消毒します。その後、保護用コンタクトレンズ・点眼薬をつけて終了です。

5. 施術後
状態が安定するまで15分程度回復室でお休み頂きます。施術後の診察で問題がなければ、そのままお帰り頂けます。

施術時間
20分程度(両眼)

術後の定期検診
翌日・3日後・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後

品川近視クリニックHPより

イントラ角膜リング

円錐角膜が原因で、レーシックでは効果が期待できない方に適した施術です。角膜内に半円のリングを挿入して、角膜の形状を変えて近視・乱視を治療します。以前の角膜リングの挿入は器具を用いて角膜を切開しリングを挿入していましたが、当院ではイントラレースレーザーを用いることで、コンピュータ制御による角膜の切開が可能になり、より安全かつ正確な施術が行えるようになりました。円錐角膜治療では最新の技術であり、最も安全な方法です。

角膜リングは直径5〜7ミリの2つの半円からなる弓形の形をしており、様々な厚みがあります。このリングは50年以上もの間、白内障治療に使用されてきたプラスチック製の眼内レンズと同じ特殊プラスチックから作られています。このリングは、有機体に対して耐性があり、非常に安全性の高い素材です。

円錐角膜とは角膜が薄くなり、角膜の表面が円錐状に突出してくる病気です。円錐角膜の場合、進行する度合いは人によって様々で、数ヶ月の間に進行する場合もあれば、何年もかけて進行する場合もあります。進行するにつれ不正乱視が強くでて、多くの場合30歳前後で進行が止まるといわれています。最悪の場合、角膜移植をしなければならないケースもあります。

レーシック以外の視力矯正手術4 フェイキックIOL

フェイキックIOLとは?

有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL 英Phakic Intraocular lens)は主に強度の近視矯正を目的に、有水晶体のまま眼内に眼内レンズを挿入する際に使用する眼内レンズです。
眼内コンタクトとも呼ばれています。

有水晶体にて眼内レンズを挿入することにより、
調節力を維持することが出来ます。
また見え方に不満があったり、
種々不都合があった際には、
容易に除去することも出来ます。
また薄い角膜厚、
円錐角膜などでレーシックなどの
近視矯正が出来なかった症例にも行うことが出来ます。
またレーシック等の手術を組み合わせることにより、
従来 矯正ずれを起こしやすかった強度近視などに
良好な矯正効果を得れるようになりました。
以前のような白内障などの合併症も減っており、
欧米や韓国ではレーシックを凌ぐ勢いで使用されています。

レーシック以外の視力矯正手術3 ウェーブフロント

ウェーブフロント(Wavefront)とは?

視力矯正手術のひとつ、ウェーブフロントレーシックにおいて利用される、
角膜や水晶体の収差を解析する手法。
ウェーブフロントアナライザといわれる解析装置でデータを測定および分析します。

ウェーブフロントレーシックでは
近視や遠視・乱視などについて総合的に角膜形状解析を行ったデータをもとに、
ウェーブフロントアナライザがガイドしてレーシック手術を行います。
角膜の形状異常に対しガイドのない従来のレーシックに比し、
角膜高次収差に対して解析をおこなっている
ウェーブフロントレーシックの方が
乱視の矯正については理論上有利です。
ただし全ての症例に有効なわけではなく、
円錐角膜などの角膜形状異常には適応外。
またハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣り、
乱視の種類によっては乱視用眼鏡の矯正にすら劣る症例があります。

レーシック以外の視力矯正手術2 ラセック

ラセック(LASEK)とは?

まず、アルコールを使用して角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成します。
そして、エキシマレーザーを照射し、
視力を回復する屈折矯正手術の術式の一つがラセックです。
1999年にイタリア人医師Camellinによって考案されました。
角膜上皮のみのフラップは数日で再生します。
そのため通常のレーシックと異なり、
強い眼の衝撃でもフラップがずれることはありません。
PRKやエピレーシック(EPI-LASIK)などと同様に表面照射という術式に分類されます。
他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、
角膜実質層を削ることで視力を回復します。

レーシク以外の視力矯正手術1 エピレーシック

エピレーシック(EPI-LASIK)とは
エピケラトームと呼ばれる器機を使用して
約50マイクロメートルの角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、
エキシマレーザーを照射することによって
近視・遠視・乱視を矯正するレーシックの術式の一つです。
フラップはやがて剥がれ落ち、
新しい角膜上皮が再生します。
そのため通常のレーシックと異なり、
強い眼の衝撃でもフラップがずれることはありません。
PRKやラセックなどと同様に表面照射という術式に分類されます。
他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、
角膜実質層を削ることで視力を回復させます。

レーシク以外の視力矯正手術1 イントラレーシック

イントラレーシック

一般的なレーシックとの違いはフラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にあります。
通常のレーシックはマイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成します。
イントラレーシックはアメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、
コンピュータ制御によってフラップを精密に作成します。
これにより、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能になります。
通常のレーシックにおいても
マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能とされていますが、
カンナ部分の往復運動によりフラップの断面が若干でこぼこしたり、
ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、
まれにシワの原因となることがあります。
一方、イントラレーシックはコンピュータ制御によりフラップを作成するので、
断面もヒンジの部分も非常に綺麗な仕上がりが期待できるといわれています。
さらにイントラレーシックは
従来のレーシックにくらべてよりフラップを薄く正確に作成することが可能なので、
その分角膜実質層を削りとれる量が増え、
通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となります。
記事検索
  • ライブドアブログ