リスクを避けてレーシック 失敗しない視力矯正

レーシックによる視力矯正の情報。 リスク、失敗、危険性、欠点、利点など。

イントラレーシック

レーシック イントラレーシックの合併症

エピセリウムイングロース
上皮細胞がフラップ面で増殖し、角膜周辺が白っぽくなることがあります。
また、フラップ面に微細な混濁が見られることがあります。
稀にレーシックや再手術で起こることがあり、フラップの洗浄と上皮細胞の除去が必要です。

セントラルアイランド
レーザーの照射中に生じたガスで、光が遮られて中央部の切除が不十分になることがあります。 現在用いられているエキシマレーザーはスポット照射のため、まず起こることはありません。起こったときには、隆起部をエキシマレーザーで再度切除する必要があります。
錦糸眼科では特許を取得した「ガス除去装置」により、セントラルアイランドを防いでいます。

術後の乱視
眼球追尾システムが不十分の場合、エキシマレーザーの照射がずれて術後に乱視が起こることがあります。錦糸眼科では眼球の3次追尾と回転追尾システムをもったエキシマレーザー、Technolas 217P を用いておりますので、こうした照射ズレは起こりません。

治療後の視力変化
治療後は一時的に遠視が出ます。
治療後の遠視が軽ければ、比較的早い時期に近くも見えるようになりますが、その後、近視気味になることがあります。
強度近視を治療する場合、2〜3カ月程度、遠視が残った方が最終的に良い視力を得られます。
また、稀に近視や遠視が残って再手術が必要になることがあります。
再手術では、最初に作成したフラップを特殊な方法でめくり、再度レーザーを照射します。
再手術は、最初の治療から1年以上経過してから行います。
なお、角膜ベットが300μm以上残らなければ再手術を行うことはできません。

フラップ形成不全
レーシックはフラップ作成が重要です。マイクロケラトームでは未熟な医師が行うと、フラップが取れてしまったり、中央が薄く抜けたり、位置がずれたりという不完全なフラップになってしまいます。
しかし、イントラレーシックではそうしたことは起こりません。

感染・角膜潰瘍
不潔な手術をすると、感染・角膜潰瘍が起こる可能性があります。
錦糸眼科では素手による手術は行いません。
また、治療室がクリーンルームであることはもちろん、イントラレーシックで使用する器具はすべて使い捨てにするなど、常に清潔さを保ち、適切に行っております。

サハラ砂漠症候群
サハラ砂漠症候群はレーシック後のフラップ面に原因不明の斑状や混濁が生じるものです。
発生率は1万人にひとり位で、ほとんど起こりませんが、一度起こるとなかなか治りません。
角膜に特有な歪みが起こり、遠視や不正乱視を伴います。
半年ほどで収束していきますが、なかなか治らない場合はフラップの洗浄など、症状による対応が必要になります。

角膜拡張症(スウドケラトコーヌス、エクタジア)
レーザーで角膜を薄く削り過ぎると眼圧によって角膜が前方に拡張する合併症が報告されています。非常に稀な合併症ですが、起こると重篤ですので、学会の基準では角膜ベッドを最低250μm残すことになっています。
しかし錦糸眼科ではさらに安全のために角膜ベッドを300μm以上残します。

レーシク以外の視力矯正手術1 イントラレーシック

イントラレーシック

一般的なレーシックとの違いはフラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にあります。
通常のレーシックはマイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成します。
イントラレーシックはアメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、
コンピュータ制御によってフラップを精密に作成します。
これにより、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能になります。
通常のレーシックにおいても
マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能とされていますが、
カンナ部分の往復運動によりフラップの断面が若干でこぼこしたり、
ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、
まれにシワの原因となることがあります。
一方、イントラレーシックはコンピュータ制御によりフラップを作成するので、
断面もヒンジの部分も非常に綺麗な仕上がりが期待できるといわれています。
さらにイントラレーシックは
従来のレーシックにくらべてよりフラップを薄く正確に作成することが可能なので、
その分角膜実質層を削りとれる量が増え、
通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となります。
記事検索
  • ライブドアブログ