就業にある程度の裸眼視力が必要な職業の場合、
就業することが可能となる。

ただし、航空身体検査基準ではレーシックなどの屈折矯正手術の既往は不適合なので、
レーシックを受けた経験のある者はパイロットになれません。
一定度数以内の眼鏡やコンタクトレンズによる矯正ならば可能です。

特殊な職業につこうと考えている方は、
レーシックの手術を受ける前に、
事前に確認しておいた方がよいでしょう。