今日は、1月に行ったツーリングのことを書きたいと思います。


1月の3連休、中日の1日だけツーリングへ行ってきました。
とってもお天気が良く、風もなく暖かい日でしたので
ツーリングをしているたくさんのバイクを見掛けました。


この日は、バイクの後ろに長靴を積んでいきました。
なぜ長靴が必要なのかは、後ほど・・・。
DSC_0098

















朝の8時半頃出発して、下道でまずはうぐいすラインへ。
本当に久し振りに走りました。
セブンイレブンで少し休憩をして、清澄養老ラインを進みます。


よく行く「Mai Cafe」さんのすぐ近くの脇道を入り、
目的地駐車場に辿り着きました!!
ここは、「田淵会館」という場所です。
DSC_0097

















こちらの掲示板に書かれている場所が目的地。
何やら英語で色々と説明が書かれております。
DSC_0096

















すぐそばに、イタリアと日本の国旗も。
DSC_0038








































ここで持ってきた長靴に履き替えて、出発です。
民家が数件と、墓地が並ぶ細い道を少し歩いて、
DSC_0041








































ちょっとずつ坂をくだっていくと、
DSC_0042

















一つ目の看板がありました。
今日の目的は、「地球磁場逆転期の地層」を見ることです!!
DSC_0044

















去年の春か夏?あたりにニュースでちらりと見て、かなり気になっていました。
この地層が見られるのはこちらの田淵と、イタリアのある場所の二ヶ所だけだそうです。
日本かイタリアにしかない地層というだけでもすごいのに、
その場所が千葉県で、しかもこんなに身近な場所にあるなんて!!と思うと
感動とわくわくで、早く見に行きたい!と思っていました。
念願叶って、ようやくやって来れました。


更に進んで行くと
DSC_0046








































また看板が出て来ます。
DSC_0049

















ここから少しずつ足場が悪くなる感じです。
DSC_0051








































またまた看板。
DSC_0054

















すべっても+ころんでも=すべて自己責任!
気を付けます。
DSC_0053

















ちょっと頼りなく見えるこの竹の手すりですが、
これがないと進めないくらいかなり足場の悪い場所でした。
DSC_0055

















川に降りました。こちらは養老川です。
DSC_0057

















水がとっても綺麗!
DSC_0059

















誰もいないし、何もない!!
なんて素晴らしい場所だろうと思いました。
地層がなくても来たくなります。
DSC_0058

















川の端の方は水が殆ど流れていないので、
長靴じゃなくても良かったかな?と思いながら、
上流へ向かって歩きます。
DSC_0060

















少し歩くと、目的地に到着。
穴がたくさんあけられていて、赤い色の杭も打たれています。
DSC_0071

















ここを登らないといけないのですが、
DSC_0061

















とにかくこの道(とも言えない道・・・)が、どろどろ!!
長靴を持って来て本当に良かった〜と思いました。
バイク用の靴がドロドロになったら面倒です。
DSC_0072








































慎重に登ったところには、緑色→黄色→赤色の杭が。
DSC_0076








































結構大きな杭です。
DSC_0074

















さてさて地球磁場逆転期とは一体何かと言いますと、
ちょっと私には難しい上にうまく説明出来ないので、
小湊鉄道さんのHPをご紹介させて頂きたいと思います。

http://www.kominato.co.jp/news/powerspot/powerspot.html


話が壮大すぎて、未だに理解どころか想像が出来ない部分ばかり。
何よりも、それをずーっと、40年間も研究していた方々がいるということを知り、
本当にすごい情熱だなぁと思いました。
こちらのHPには行き方も書かれているので、興味のある方は、ご参考に・・・。
ちなみにMai Cafeさんの本当にすぐ近くです!


地球全体が同じ磁場なら、どこにいても同じ地層が見られそうですが、
正磁極期と逆磁極期の地層が連続して見られるのが田淵とイタリアだけなので、
(なんとも面白い二択です)
非常に珍しく価値があるそうです。


そして私が一番わくわくドキドキ期待しているのは、
今回の発見により、「千葉期」という時代が出来るかも、ということです。
時代というのは地層によって決まるそうなのですが、
今回見つかった地層の時代(77万年前)は名称がまだ決まっていないので、
田淵の地層が77万年前の時代を代表することが認められたら、
ななななんと!!時代の名前に「千葉」が入るそうです!!


インターネットで調べたら、「千葉期」「千葉時代」「チバシアン」
などなど・・・が出ていました。
ここは是非とも「チバシアン」でいってほしいところです。


イタリアでも同じ地層が確認されているので、
イタリアの地層か日本の地層か、どちらかの地層が今年の秋くらいに
選ばれるとのことです。
お願いだから千葉に決まって欲しい!と思わずにいられません。
今からとても楽しみにしています。
DSC_0078

















本当に田淵に決定したら、こちらに「ゴールデンスパイク」という
杭が打ち込まれるそうです。
もしそうなったら、日本中どころか世界的に有名な場所になりますね。
気になる方は是非、今の内にゆっくりご覧頂く事をおすすめします♪
私は昨年夏にニュースで知った日から1人で盛り上がって、
もう既に多くの人が詰めかけていて大混雑しているのではないか・・・
なんて心配していましたが、人1人いませんでした。
今がチャンスです。
DSC_0088

















地層に満足したあとは、川でぼーっとして、もと来た道を戻りました。
坂を上がって先程の少し開けた場所に出たら、
草むらの方で、「がさがさ」と音が!
振り返ると、イタチ?みたいな茶色の動物!!
体もしっぽも長くて、細い感じです。
ハクビシンの色ではなかったので、恐らくイタチだと思います。
急いでシャッターを切ったのですが、間に合わず・・・。
DSC_0094

















ちょうどお昼くらいの時間になったので、カフェにでも・・・
と思ったのですが、前日に調べたところ、
私が行きたいカフェは全てまだお休みの期間でした。
残念ですが、コンビニで済ませることにします。


デイリーヤマザキまで行っておにぎりを買って、月崎駅にやって来ました。
DSC_0105

















久し振りに小湊鉄道の列車を見よう!と思いやって来たのですが
タイミングが悪く・・・
次に電車がやってくるのは1時間後でした。
ホームにあるベンチで座ってごはんを食べました。DSC_0103









































その後は清澄養老ラインを海方面へ走りました。
年末からのツーリングの中で、一番楽しめた気がします。
前回まではスピードを出すのが怖くて、
速度が遅くて慎重になりすぎていたんだと思いました。
ある程度速度があった方が安定してカーブも曲がれて、
楽しめるんだった!!と、改めて思いました。DSC_0107


















この日は夕方から予定があったので、
途中まで進んで引き返して、そのまま帰ることにしました。
久し振りに上総鶴舞から圏央道→京葉道路で帰りました。
途中睡魔がやってきて、二度も仮眠休憩。
一度眠くなると、休憩しないとだめですね。


今回の地層を見て、改めて千葉が大好きになりました。
地層もそうですが、あの川の風景がとても良くて、
こんな場所があるんだなぁ〜と、しみじみと思いました。
そして今年、田淵にとって良いニュースが聞けることを、
楽しみにしたいと思います。
DSC_0080