写真家・吉田繁のお散歩日記

撮影の打合せやロケ先での出会いや、カメラマンならではのロケ先、打合せ先で食べた美味しい食事、いつも美しいモデルの方たちなどを日記風にご紹介します。

長根広和さんのWSで和歌山へ。

長根広和さんのGANREFワークショップのアテンドで和歌山へ。一泊二日。
久しぶりの和歌山、鉄道写真の撮影ワークショップで二日で600km以上走行するという、撮影地を走り回るツアーだが、旅行好きの僕には、懇意にしていただいている長根さんのサポートはとても楽しかった。参加されているのは鉄道ファンの方達ばかりなので、鉄道の話で盛り上がる。その辺は、全くの素人の僕は離されている内容を聞きながら、そうなんだそういう風に見るんだと、興味津々。
長根さんは単に鉄道を撮るのではなく、鉄道風景写真というジャンルになると思うけど、風景の一部に鉄道を取り入れる。そんな、旅情をかきたてる写真が得意な方だ。したがって、連れて行っていただくところも、風景として魅力的なところ、旅をしていて立ち寄りたいところがメイン。その辺が、素人の僕がいっても楽しいところだ。
2015_04_04_072

ここなどは、石油コンビナートの工場バックだと思うけど、工場夜景と鉄道が同時に楽しめる。今回一番僕が気に入ったところ。
2015_04_05_044

こちらの方はあえてモノクロにしたけど、走っているのは引退が決まっているオーシャンアロー。本当は、和歌山の海のグリーンがかった色とおなじ車体の色が引き立つところなのだが、この日はあいにくの雨模様。参加された方々は、もう一度くると話されていた。
DSC02927


面白かったのは紀州鉄道。そう聞くと不動産会社のようなイメージだが、この会社なんと本ものの鉄道を持っていて、これが、まあローカル線といっていいのかどうか。以前、鎌倉の七里ガ浜にいた僕は江ノ電は親しみ深かったが、あそこの印象とはかなり違う。あそこは、明らかに地元の足になっている。ここは、地元の人も、あんまり利用している様子がない。
DSC02905

昭和6年の創業。駅は全部で4つかな。1日44本。一人の運転手さんで運行しているようだ。
DSC02910

線路も、なんとなく凸凹な感じだ。乗られた方の印象は結構揺れるとか。そう言われると、一度は乗ってみた気もする。
DSC02918

帰りに、風光明媚な橋杭岩のところでトイレ休憩したのだが、ここは風景写真の名所。ただ、長根先生と参加者の方は、「ここに鉄道さえ通っていれば撮影するのに」と話されていた。
まあ、確かに。

新井英一さんコンサート

新井英一さんのコンサートの撮影に行ってきた。
2年に一度。13日の金曜日に行われている。
支えている、もしかすると支えられている渡辺さんの尽力で催行されているのだと思う.
清河(チョンハー)への道 今回は全曲歌った。
実に45分。48番まである。
これは圧巻でした。
DSC02713

好き嫌いはあると思うけど、やっぱり自分の言葉で語っているその歌には力がある。
特に写真会はどこかで見た写真を繰り返すなかで、良し悪しを決めている傾向があるので
自分自身でメッセージを作っているのは、当たり前のようだけど、とても意味がある。
DSC02639

何が言いたくて、そのメッセージにどのような意味があり。
何をもたらすのか。
いいコンサートでした。

鉄道写真

鉄道写真は日本ではとても人気。
ぼくは全く専門外だけど、仲良くさせていただいている、鉄道写真家の長根広和さんのワークショップのアテンドで只見線方面におじゃました。
参加者の方が撮影されている横で、お話を伺ったり、撮影したりで、楽しい時間をすごしました。
あのあたりは風景がとてもうつくしい。
それを見ているだけでも気持ちいい。
140601_0256

長根さんは鉄道風景写真がお得意ということもあり、風景の中で鉄道を捉えるのがとても上手。
ぼくにはとてもできない。
鉄道の撮影を趣味にされている方は、鉄道がやってきて去っていく、その一瞬に高揚感があり、スナイパーのような感覚を楽しまれている。
列車が近づくと、シャッター音がすさまじく、マシンガンのようだ。
140601_0342

ぼくは、中学1年生の頃入っていたのが鉄道研究会。
鉄道ファンだったというより、学割を使ってあちこちいってみようという会。
中学生だからもちろん行けるところに限界はあるけど、その当時、だんだん少なくなった蒸気機関車を見に行った記憶もある。
140601_0302

まだ、当時はのんびりしたもので、和歌山の田舎の方にいくと、停車時間が長いところでは、遠くから来たからと中学生の僕達をかわるがわる運転席にのせてくれた。
今じゃすぐに問題にされそうだ。
スチームの暑さ、計器盤のかっこ良さ。ものすごく大きな汽笛。
こどもごころに、わくわくしたものだ。
真剣に、大きくなったらこういう仕事いいなあと思った。

音も良かった、遠くから聞こえる蒸気の音、通り過ぎたときにガタンゴトンという音になる。
そして、急に石炭のかおりがしだす。いい匂いだと思った。
ディーゼルカーの列車を見ていても、そんな子供の頃の記憶がよみがえる。
どこか懐かしい。
140601_0270

山あいを抜け、海岸線をはしり、疾走する蒸気機関車への憧れは子供の時は本当に強かった。
140531_0388

鉄道を見に行くとそんな当時が思い出されてならない。
遠くに去っていく列車をみていると、
そこには夢や希望、憧れ、そして絶望。いろんなモノをのせていると感じるのは別に鉄道ファンだけではないとおもう。
140531_0365

今は、メカや力強さに憧れるのではなく、旅情にとでも言うのだろうか、そんな感覚がとても気持ちを落ち着かせてくれる。



伊勢神宮でワークショップ

伊勢神社撮影ワークショップ。
GANREFさんとSAMURAI FOTOの共同開催。
伊勢神宮はとにかく人が多い。多すぎて神々しくないけど、朝と夕方がいいかな。
2014-05-03-伊勢神宮

2014-05-02-010伊勢

ただ僕は、伊勢神社より周りの伊射波神社等の方が訪ねていて印象深かった。
村の小さな社。そんな方が神様を感じれた。
伊勢神宮はどちらかというと、天下国家の安泰を願うみたいな印象。
僕が好きだったのは伊射波神社,こちらは縁結びの神様。
白滝大明神。ここにある三里塚は恋愛成就だそうだ。
2014-05-04-118伊勢


それと相差(おうさつ)神明神社も良かった。海女さんの信仰を集めている神社で、やけに若い女性が多い。後で聞いたら、「女性の願いを一つだけかなえてくれる」という神社だそうだ。
神社の隅にヤマモガシの巨木が。
yama神明神社のヤマモガシ2

最近、巨木を撮ってないけど、中々良い木だった。マカデミアナッツと同じ科。暖かいんですね、伊勢は。

lensculture

Lens cultureのエディター。Jim Caspe氏が「今週のお気に入り写真」として僕の写真を選んでくれた。
「With a serene gaze 」
[静かの凝視]とでも訳すのだろうか。
40


僕の作品のこと、そう見ていたのかと思うと、少し発見がある。
海外に出るようになって、Statementとか、projectとか、body workとか知らなかった言葉を沢山覚えた。
世界の写真のアートシーンでは、不文律ながら明らかにルールがある。そのルールに入らないと、絶対にその世界には入っていけない。
ぼろぼろになって覚えたことを、次の世代に伝えないとなどと歳のせいか思うようになった。
誰も教えてくれなかったからね。
でも、知らないことを学べた、一作家としてやっていくための心得というか、やって生き方を自分アリに納得したことはよかった。

LensCulture

フランス国立美術館連盟

RMN
フランス国立美術館連盟とでも訳せばいいのだろうか。
トクヤマさんのご縁で、フレスコジクレの用紙の紹介と、撮影方法のプレゼンに行く。
ベースの用紙を和紙で作ったものが一番受けていた。
撮影方法もすごく興味深いと話していた。
撮影にしろ、出力にしろ海外のトップクラスの方と話すのはほんとうに面白い。
感覚がまるで違う。そのことが、こちらも伸ばしてくれるし、あちらもいい意味で影響があるみたいだ。
世界に出て行くといろんな発見があってたのしい。

明日からパリへ

明日からパリへ。
目的は、契約しているロシアのギャラリーとの契約更新に際して,直接オーナーに会って
契約書にサインすること。後、このギャラリーのオーナーに会ったことがないので
会ってみたかった。今年のパリフォトのチーフキューレターになっている。
今まではこのギャラリーのキューレターさんとしかやりとりしていない。
後、せっかく行くのだからレビューも受けてくることにした。
更に、国立美術連盟RMNに漆喰ペーパーを売込みにいく仕事もついでに頼まれたんだけど、これもついでにおもしろがってやることにした。ルーブル美術館に用紙売り込みに行くなんて面白いでしょ。
パリフォトの方のレビューは、実はそんなに会いたいギャラリーはないんだけど、やはり,こうしたことをきかっけてに作品をまとめるという行為はとても大事で,作家としてこの作業の必要性は強く感じている。
1〜2年に一回はまとめないと行けない。常に新しく。
自分自身をまねないように、新たに。

その最後のあがきで西表にいっていた。
以前は、風景の中のスピリットを写したいと、ステイトメントには書いていたんだけど、最近は祈りの風景を、写真にしたいと書いている。
そう、祈りは病をもなおすと言われる。そうした力を写真に出せないかと。
131105_0506


西表に行ったのは、とにかく田舎だ。都会の喧噪をから離れたかった。
沖縄本当ですらまだ,都会。
5年程前に行ったきりだったけど、あそこならすこしは見いだせるかと思った。
131105_0560

結果は、自分的にはすこし前進。ほんの少しだけ。
明日から、持っていくプリントをA2判に今プリント中。
131105_0566

撮影時の、気持ちの問題。それ以前の姿勢。
これらをしっかりとステイトメントを書きながら向き合ってきているつもりだけど、
現地から帰り、加工と、プリント出力をしていると,改めて、そのこと自体を見直したり、新たな発見もある。
祈りの風景に行き着くか、これからが正念場のような気がする。
130825_0145a

「祈り・・」をえがけるか

自分のArtistStatementには「山川草木悉皆成仏」を具体化したい、表現したい。
そんな意味のことを書いてきた。それはそれで良いのだが。
2013-06-21-254


ここにきて少しずつ気持ちに変化が出てきた、「山川草木悉皆成仏」がだったらなんなんだ、その対象となる被写体を写した写真を見た人がだからと言って気持ちが安らぐのか?
しあわせになるのだろうか?
そう勝手に思っているのは、こちらのエゴではと。
被災地にいって、海に手を合わせる人を見て、自分は日本人のこうした習慣は、被災した人に生きる勇気を与えてくれるのではと感じた。だから祈りの対象となるものを神々しく撮ろう。その写真を見ることで、ある力を与えてくれるのではと、そうおもったのだ。
2013-06-21-203


しかし、撮り進めるうちに、心の安らぎ、安心感は祈り自体というか、対象と一体化して、祈っている時の心のありようによって感じるのではと思うようになった。
今は、祈っている時の心のあり方を写真に表せないのかと思っている。その方がはるかにメッセージ性が高いのではと感じている。

2013-06-21-228


しかし、祈りを写真に表すのは至難わざだ。

写真集が届く

コスモスインターナショナルさんに、局紙というインクジェットプリンター用紙があり。
これをつかった写真集を作るサービスがある。

声をかけて頂いたので、早速作ってみました。
これが、なかなかの仕上がり。
一言で言うと、重厚感があります。
DSC00278


本の綴じ方も「糸かがり」で本格的。
本として、今はこんなにしっかりした本、書店で売ってないですからね。
驚きです。
DSC00280


用紙サイズは、縦横 286×270です。
この写真集、よくある写真集サービスと違うのは、実際のインクジェットプリンターで使われる用紙を使う点です。要するに、用紙の単価が高いわけです。
従って、その分重厚感があります。
一般的な写真集サービスで使われている用紙は「蛍光増白剤」が使われているコート紙が多く使われているのも多く見受けられるのですが、これは、あまり気持ちのいい紙白ではありません。
発色という点でも、印刷のCMYKでの発色は色域というてんでやはり限界があります。
その点、インクジェットの用紙はそもそも使っている色数もちがえば、用紙の単価もまるで違います。
ここのサービスは、局紙という用紙をつかうのですが、裏表印刷可能な用紙を使います。
DSC00282

印刷という手法は、元々は単価を下げてたくさんすることを念頭に置いたのではと思います。
ただ、今は原価を削って作られ写真集をつくろ出版社もほとんどないですし、写真集がおかれて意味かわってきているのでしょう。
ということで、一点物の写真集。
一点しかない意味、その重厚感の中にあるのかもしれません。
最後に、ステイトメントいれて、しっかりと本の方向性をつけました。
DSC00283

伊勢和紙

伊勢和紙の取材に行ってきた。

和紙の工場を見学するのはこれで二度目かな。
以前は、越前和紙の取材に行ったことがある。

ちょうど原料となる三椏の花が咲いていて、春のおとづれを感じさせる時期。
2013-03-27-243


伊勢和紙さんは元々は伊勢神宮のお札を作っている会社。
そこの社長さん、中北さんがインクジェット用に用紙を開発し、
販売をされている。
その用紙の取材に伺ったわけです。
用紙の販売だけでなく、ギャラリーも運営されていてこれがまたなかなか素敵でした。
2013-03-27-293


お願いして、僕も紙すきを体験。
isewai

なかなか、ムラのない用に漉くのは大変で初心者の僕はうまくできません。
手作業はこの漉き行程だけでなく、乾燥や検品などずっと手作業が続きます。
2013-03-28-356


乾燥させる時に張り付けるいたなども、木目があるものから木目のないものまで
たくさん種類があり、これらもすべて人間がその時々に決めて行きます。
2013-03-27-241

2013-03-27-230


やっぱり手作業で作られる、ハンドメイドのものはいいですね。
僕もこうした用紙に出力したいです。
記事検索
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ