17弾に収録されるノスフェラトゥがほぼ全て公開されたので軽くまとめてみます。

imageimageimage


あともう一枚あるのですが公式で発表されていないので文字だけ

『悪疾』の助祭 ディーコン
4c6000
自動効果
有効 スクエア
誘発 このカードが登場する
効果 あなたのデュナミスにある「アッハーズ」を1枚選び表にしてよい。表にしたならばあなたのデッキの上から2枚をトラッシュに置く。


 どれもかなり使いやすいカードだと個人的には思います。
リョローナはこの手のカードでは珍しく同名カードを蘇生出来ます。
リョローナからリョローナを呼んで更に小型ゼクスを展開ということが出来るだけでなくリブートで出せるためディンギルを作ることも可能です。

今回は珍しく全てのカード間にシナジーがあり
ボーンドルフィンをプレイ、ディーコンを蘇生。ディーコン効果。ディーコンとドルフィンでアッハーズを作りプレェグを回収。プレェグ効果でリョローナを蘇生、リョローナ効果で適当な3cを蘇生・・・ここまでで使ったコストは4cでもしボーンドルフィンがIGで出ていれば2cだけでこの動きが出来ます。めちゃくちゃ強いですね。何が強いってレベルが例え0でも始動できる所が強いですね。
ここで問題なのが回収してしまったプレェグですね。出来れば少ないコストでトラッシュに置きたいところです。もしノスフェラトゥ内で事を済ませたいのであればチョコバンシーやデンタルドクターがよいでしょう。 

またスターターとも相性が結構いいです。
 ソリトゥスでプレェグを回収すると除去とリアニ、手札補充がいっぺんに出来ますし幸いデンタルドクターも入っているのでプレェグを再びトラッシュに置くことは容易です。
さらにスタートカードのキャサリンでプレェグを回収することでPSをかなり守りやすくなりますね。ダメージ食らう時に蘇生しても除去出来なければ点は入ってしまいますが追加攻撃で点が入るのが防げます。ライフから生き物が出てくるのと変わらない状態を1cとプレェグさえトラッシュにあれば作り続けることが出来るのはかなり強いですね。


 ボーンドルフィンはある意味ノスフェラ待望の小型ゼクスであります。効果の誘発条件が「プレイ」されて登場・・・そう虚無カースドから蘇生して効果が使えるんです!!!
ダンサーから虚無カースドを出してボーンドルフィンをプレイしまくるだけで盤面が埋まっていきますし、ディンギルすることも出来るのでダンサーのデメリットも解消できます。少ないコストで大量展開が出来るようになったのは大きな進歩です。ダンサーの相方が青なのでセルフバウンスという手もあるのでダンサー型の構築が大きく変わりそうです。
またボーンドルフィンからデンタルドクターを出してアッハーズを作ると擬似スケルタルアルケミストのような動きが出来るのも面白いですしアッハーズが何でも回収マンに変わるのがいいですね。


17弾でかなりノスフェラトゥが強化されることになりました。劣化アニムスのレイバックを使わなくてもかなり強いノスフェラ軸のデッキが組めることになりそうなので17弾の発売が待ち遠しいです。
今までシナジーが本当に薄かったので私としては大変嬉しいです。

スターターの発売が来週に迫ってきたので環境に新しく出てくるであろうデッキタイプや既存のデッキがどう変化するか軽く予想してみたいと思います。

①スターターに赤白リンクを混ぜたデッキ
おそらくこのタイプのデッキはかなり増えると思われます。
12500ラインという強固な壁を突破しなくてはいけないだけでなく手札補充も簡単に行えることから現状のレベルビートではかなり苦戦を強いられると思われます。サイクロ型のレベルビートならばサイクロトロンを捲ることさえ出来ればどうとでもなりますが入るはずの1点が入らないのはかなり致命的に感じられます。

②サイクロペルツ型のレベルビート
おそらく15弾の頃のサイクロペルツのようにアクターレを採用する型になると思われます。赤白リンクが揃ったフィエリテを突破する一番簡単な方法なためです。もしくはノーベリウムですかね。エイスクニールで展開出来る上に手札はシュラハトやアリスで補充できるので特に問題はないと思われます。デッキバウンスなので再利用もされにくいですしね。

③赤白青(黒)レベルビート
フィエリテ型はエミクスで絶界付けて耐久出来るようにするんじゃないんですかね(テキトー)。
ラストダンス型の場合は以下に少ないコストでディンギルを作るかやはりアクターレでどうにかするのではないでしょうか?

④レベルコントロール
かなり強化される・・・というか硬さがワンランク上がる印象。レベルビートとも対等に戦えるレベルになるのでは?という感じ。


フィエリテ単体、せいぜいエミクス程度ならばルルで突破は可能ですが赤白リンクが揃うと単体で突破するのは少々面倒な感じですね。
最速で出された時はIGを当てるかアクターレ、ノーベリウムくらいしか突破方法はありませんが6リソあれば突破手段は格段に増えるのでどうにか出来そうです。
それこそ我らがノスフェラトゥの切り込み隊長クリミナルチェインやアルバトロスさんの手にかかれば一撃で葬り去ることが可能です。

スターターが発売されることでレベルビートの攻撃力にレベルコントロールの防御力が追いつくことでレベルビートが減ればいいなぁとは思いますがどうなるのか楽しみです。




アクターレが増えたらちょっと面倒だなぁ

最近流行りのレベルビートと呼ばれるデッキを叩き潰そうの会会長のハヤコーです。(会員1名)

冗談はさておき最近公認出ても店舗予選に出てもレベルビートと呼ばれるデッキタイプしか見かけないつまらない環境になったという声をよく聞きます。
実際かの邪智暴虐の王マスプロトロンが暴れていた環境よりもデッキタイプが固定化されているように思えます。
ということはレベルビートには8割取れるデッキを握ればこの環境を制したも同然というわけです。
そんなデッキがあるならもっと環境は群雄割拠してるんじゃ〜い、と思う方も大勢いるとは思いますが!悲しいかなz/xにはデッカーが少なく上位のプレイヤーたちのおこぼれにあずかるプレイヤーが多いため中々そういう訳にもいきません。もちろんそれが悪いわけではなく、元となるデッキがあればそこから改良を加えたりするのは得意なプレイヤーは多いのでそういった方々を先導出来るプレイヤーが増えればもっと環境は健全になると思われます。


さてここからが本題です。レベルビートに8割取れるようなデッキタイプとは何か?
実際に勝率を計算したりしたわけではありませんが体感的には下の3つになります。
①ジャンドアテナ
②アルモタヘル
③白(エミクス)を入れたコントロール

①のジャンドアテナは圧倒的なリソース差及び、レベルビートのメインデッキには4c以下が大半を占めるためアテナを突破するためにはディンギルするしかないためです。
リソースリンクが揃っているならアテナはリソース6から11までジャンプ出来るため豊富なリソースによる物量戦に持ちかけることが出来るためです
また仮にアテナが残ってチャージがある場合アテナでリソブしてからマンティスバーグに張り替えるだけでレベルビートはしばらく止まります。
またレベルビートにはハンデスが効くので(そもそもハンデスが効かないデッキの方が少ないのですが)リソースリンクで毎ターン1〜2枚相手のハンドを削れるのも大きいです。
P指定はマルディシオンを推したいです。今の環境エミクスを取れないカラーリングでコントロールをするにはパワーが最低でも10500は欲しいためです。アメノウズメでPにも4000バーンが飛ぶためパワー9000のガーンデーヴァでは心もとないためです。再利用のしやすさはガーンデーヴァの方が上ですがマルディシオン、マンティスバーグ、アテナとコントロールゼクスが8枚以上取れるのであれば無理に再利用する必要はなくIGも積極的にしないのでかなりコントロールをしやすいためです。

次に②のアルモタヘルです。
こちらも理由はほぼアテナと同じで6cアルモタヘルでレベルビートのメインデッキを封殺出来る上に自信のパワーも高く2cでリアニメイトが出来るためです。
最近またアルモタヘル回収イベントが出たのも追い風ですね。地味に4cの方のアルモタヘルもレベルビートに強いのもよいですね。ビート系の女傑アルクスもレベルビートには入っておらず、天敵であるマリーも採用されていないのでかなり戦いやすくなったと思います。アッハーズでアルモタヘルを回収出来たりプレデターなら何でも回収出来るESも出たのでハンドコストもそこまで気にせず戦えるはずです。
アルモタヘルはざっくり組んで1人回しさかしていないためこの辺りで締めます。

最後に③の白コントロールです。
これは単純明快にエミクスで絶界を付与してしまえばレベルビートにコントロールゼクスを突破する手段が少なくなる、というだけです。1つ問題があってエミクスとコントロールゼクスをどうやって同時に並べるか、というものです。1番いいのはIGで登場させることですね。実に簡単ですがそう上手くいかないのがゼクスです。もう1つはガッツリリソブして手出しする。当たり前ですね。
ですがこれでおおよその方向性が見えてきました。
チャージを使わずリソースブーストが出来るカラーリングでエミクスが取れる。この条件を満たしているカードはVジャンプのガルマータ、新イレイス辺りでしょうか。ガーンデーヴァも候補に上がりますがエミクスを取る関係上除外を肥やすのが遅くなってしまうので候補から外しました。
ガルマータもイレイスも追加リソースが必要なため少々難しいですがレベルビート相手ならば1ターンは持ちこたえることは出来ると思います。イレイスは重すぎるので今回は考えずにガルマータをメインに考えましょうか。昔ながらの4-6-8へと繋ぐことが出来ればガルマータを構えることが出来るのでアスピドケロン、アナヴァタプタと言った昔流行ったパーツを採用します。またエミクスのためにディンギルイベントを4〜6枚ほど積みVジャンプガルマータも3〜4積みます。ここまででメインデッキの枠は24枚ほど埋まりました。スタートカードを考えると残された枠は5〜7枚ほどでしょうか。イベントが過剰かもしれませんが0cイベントを積むのもよいですしアネートとスターターのガルマータを積んでより硬くしてもよいと思います。
黒を取れるのであれば黒もとってスペルヴィアを積んでもいいかもしれません。


私自身まだ②と③のデッキは完成していないので、自信を持ってオススメできるのは①のアテナしかありませんがレベルビート相手に8割は大げさかもしれませんが6〜7割くらいは取れるデッキは組めると思います。実際15弾の時に組んだままのジャンドアテナにエクストラを適当に見繕ったデッキでも店舗予選でかなりレベルビートに勝てたのでレベルビートは完全無欠の最強デッキというわけではないです。もちろん、ぶん回った時のレベルビートは手に負えないのでどうしようもありませんが(IGエイスクニールウズメ手出しウズメで上から3点など)それはもう事故なので諦めましょう。
環境にレベルビートしかいない状況を変えられるのは公式ではなく我々プレイヤーなのでレベルビートを駆逐するデッキを頑張って研究していきたいと思います。



↑このページのトップヘ