鹿倉胡桃はツッコミではなかった・・・!

前回の記事で、衝撃的な事実が判明いたしました。
今一度、このデータをご覧頂きたい。

▼宮守の巻① ツッコミ / ボケ 回数の集計結果
007-02
Ts
とはツッコミの傾向を数値化したツッコミ指数のこと。
100が最大(ツッコミ)で0が最低(ボケ)、平均値は50。

宮守といえば塞&胡桃のWツッコミって印象が強かったのですが、計測の結果はご覧の通り。
 
 >>>(ツッコミとボケの壁)>>> 白望 胡桃

胡桃ちゃんのボケの多さも意外でしたが、何よりあのシロよりもツッコミ指数が低いことに驚きです。
まぁ、シロのツッコミは「ダル・・・」とつぶやくとか、そんな感じなんですが・・・。



胡桃の傾向と対策

確かに、改めて読んでみると胡桃ちゃんのボケが多いんです。縦横無尽にボケてます
008-01
▲胡桃ちゃん 縦横無尽のボケ

あと、ボケの傾向を探ってみたのですが、塞さんへの直接的干渉が圧倒的に多いんです。
いわゆる、塞さん「いじり」ですね。
008-02
▲直接的干渉の例

その一方でシロ相手には、強引に懐に潜り込むという肉体的干渉を試みています。
008-03
▲肉体的干渉の例

何て言うか・・・、はっきり言っちゃえば子供の言動ですよね。構って欲しい子供のそれです。
本編を読んでいると、胡桃ちゃんは外見に似合わずしっかりしている・・・というイメージが強いのですが、実は外見相応に内面も幼いのでは・・・という気がします。・・・本人にとっては失礼な物言いですが。
何となくですが、胡桃ちゃんは一人っ子のような感じを受けますね、私は。

ところで、よく宮守女子の人間関係を例える際に「シロ中心のハーレム」という言葉がよく使われているのですが、私は前々からそれに違和感を感じていました。今や公式となりつつあるシロ塞については異存ありませんが、その他のメンバーとシロの間に恋愛感情的なものをあまり感じなかったのです。でも、その違和感の原因がいまいち良く分からず・・・、ずっとモヤモヤしていました。

話を戻して、改めて胡桃ちゃんの言動を見てみると・・・これってもう親に甘えている子供ですよね?
白望パパ塞ママ、そして娘の胡桃ちゃん・・・。

 父:小瀬川 白望
 母:
臼沢 塞
 娘:
鹿倉 胡桃

こんな家族に例えてみると、しっくり来る感じがしません?

私が常々感じていた「シロ - 塞」と「シロ - 胡桃」の距離感の違いも、これで納得出来た気がします。
明らかに、シロ塞の間に流れる空気のしっとり感は他のメンバーとの間には無いですし・・・ね。

だから、シロとの肉体的接触「充電」には全く淫猥さ・いやらしさを感じられません。
単なる親子のスキンシップですからね。仕方がありません。
008-03
▲親子のスキンシップの図

例のとらのあな・シロ塞お風呂ポスターも、夫婦の営みなので仕方がありません。屋外ですが
008-04
▲夫婦の営みの図

・・・ツッコミの定義云々の話から、だいぶ話が脱線しましたね。
あくまで仮説なのですが、私が考えるに・・・

 胡桃ちゃんは「注目を浴びたい」「構って欲しい」という欲求から、意図的にボケをやっていた。

と、思うのです。
本当のところは、本人か立先生に聞かないと分からないですけどね・・・。

もし、貴方に対して胡桃ちゃんがボケをかましてきたら、やさしくツッコんであげて下さい。
彼女は構って欲しいのです・・・。そんな機会あるのか知らんけど

長くなりましたがここらで「宮守の巻①」の考察は終わり。
次回は5人体制となった「宮守の巻②」について、分析・考察してみたいと思います。

(次回に続く)