2016年04月05日

4/4 Edu Lobo at Billboard Live5

たくさんの人がEdu Lobo御大の素晴らしさはレポートしているので現在のブラジル音楽界で最高の歌伴ドラマーだと言えるJurim Moreira について、同じドラマーの視点からの感想です。

まず音量が圧倒的に小さい。小さいけれど何の不自然さも無い。細かいグルーブをさわさわと叩き続けるのは経験と技術と才能の賜物だろう、ダイナミクスがあると感じるのはppの音量がすごく小さいから。
それと左手の使い方が面白かった。ブラシで右は16分音符、左手が円をかく奏法があるけれどその時の左手は案外アバウトな位置にいてとても親近感があった。自分もかなりアバウトなので。

彼のフレーヴォ、自然に流れて良いなぁとよーく観察してみたらフレーズの最後にあるロールを左スティック一本で流すように演奏していた。クラシック的な両手のロールだとこういう曖昧なそれでいて気持ちのいい感じは絶対に不可能なんだなぁ。終演後楽屋で話す機会があったにもかかわらずこのやり方が彼独自のものなのかブラジルでは一般的なものなのか聞くのを忘れた!
そしてスネアーのフルショットでリムをからませているのに優しくうるさくない音を出す。これも真似のできないテクニック。そしてやっぱり左手だった。

スティックからブラシへの持ち替え、右ブラシ左スティックへのスイッチ、ブラシをひっくり返して握る部分での演奏と曲中で目まぐるしく持ちかえる巧さ、センスの良さ。名だたる大物歌手から声がかかりまくる理由はこの繊細さにあると思う。
ドラムもワンタム、ワンフロアー、シンバル3枚というシンプルなセット。
そして出す音は極めて音楽的でEduらしい北東部の多彩なリズムも叩き分けていた。

素晴らしい演奏とブラジルで一番好きな作曲家を生で聞けて本当に嬉しい夜になった。
偶然だけど3ヶ月ぶりにブームの宮沢さんにもばったり出会った。元気そうでやはり嬉しかった。
こいいう会場でまとめてミュージシャンや歌手のみなさんに会えるのも楽しみの一つだ。

しかし自分的には我が儘ですけどAnaCarolinaの歌でBeatriz聞きたかったなぁ。
そしたらボロボロ泣くんだけどなぁ。
お楽しみは未来にとっておきましょう。

写真はミッドタウンの夜桜です。ちょっと化粧が濃いですけど六本木なのでお許しあれ!

IMG_0038











lata1 at 23:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年04月02日

縁があるということ


昨日、ブレイン=三修社、前田さんのお花見会に行って来た。
新しくカフェも開くと言う事でそのお披露目会も兼ねていてとても賑やかにたくさんの方々が集まって楽しんでいた。

そこでライブがあるという。
ポップの写真を見るとどうも見た事がある、名前を確認すると去年の秋レコーディングに参加した池田綾子さんだった。

どこでどう繋がっているのか人の縁とは本当に不思議なものでびっくりしていると、池田さんを前田さんに繋げた方が清里のドン舟木上次さんだった。
上次さんとは清里「萌え木の村」のホテル「ハットウォールデン」での演奏でかなり長い間お世話になっていた。

そして手回しのオルゴールも清里からやって来て上次さんにすすめられるまま僕もハンドルを回して音を出させてもらった。
ちゃんと音楽させるのは難しい!やはり専門の技術が必要なんだなぁ。
蛇の道はへびということなのだ!

写真は昨日のおみやげセット。萌え木の村のビールと三修社の本を頂いた。
残念な事にイタリア語用だった。
ブラジルポルトガル語用も素敵な本がたくさん陳列されていて「これは絶対に買いだ!」と思うのが2冊はあった。近々買って勉強するぞ!

とうわけでどこでどう繋がっているか本当に世間は狭いので自分の行動には責任もちましょう!とまたも再確認したマサンバでありました。

IMG_0012


lata1 at 12:09|PermalinkTrackBack(0)

2015年10月21日

川越ですよ!!

川越・笠幡のイーリャブランカでついに歌ちゃう日が来ました。
自分が今まで考えていた事、やりたかった事、できそうな事、そんな思いをみんな取り混ぜて
Pop'in Bossaっていうコピーに込めました。
ユニット名じゃなくてジャンル的な主張かな?
四谷のサッシペレレ中心のライブを年間30本ぐらいやり続けて早9年。
ボッサって言ってるけど王道なボサノヴァはほとんどやらない。
他にやってる人がいっぱいいるから、同じ土俵で勝負はしたくない。
自分にしかできない事探してたどり着いた結論です。

考えてみると、つい先日までツアーしていたBossaTrevoもそう。
ボッサってついてるけどステージで一曲もボサノヴァやらない事がある。
広島で一緒にライブしたBossa No Arもそうだった。ショーロデュオなのにボッサついてる。
なんでかと言うと、ボッサってつけてると何か売れそうな気になるからだそうです。
人間は案外同じ事考えるもんです。

ま、それはさておき今月末31日の土曜日ぜひ笠幡までおいで下さい。
とびきり美味しいブラジル料理とオシャレで楽しいPop'in Bossaでゆったりと週末を楽しみましょう。
JR川越線笠幡駅前でお待ちしています。(徒歩30秒!)
駐車場もあります!

日時:10月31日(土曜日)Open17:00 1st18:30~ 2nd19:45~
出演:服部正美(Ds&Vo) 上村純(G&Cho) 西木戸哲弥(Per)
場所:埼玉県川越市笠幡4601-3 ブラジルレストラン「イーリャブランカ」
TEL:049-231-2989  M.C.:\1,800

ご予約よろしくお願いします。

lata1 at 20:20|PermalinkTrackBack(0)日記 | 音楽

2015年09月01日

夏の終わり

ブログを書く習慣を身につけたいと思うマサンバです。

8月最終週にブログタイトルとはあまり関係ありませんが下血してフラフラになってしまった。
涼しくなる夏の終わりは腹痛危険期間なのは毎年ですがこんなにひどいのは初めての体験でした。

そんな中、The Boom(元と書くべきか?)の宮沢さんのレコーディングがあり、
宮沢氏自宅地下のスタジオで笹子氏、加瀬さん、ヤマカミヒトミさん達とブラジル的で牧歌的な2曲を録って来ました。
激しくグルービーな曲想だったら悲惨な結末を迎えた気がしますが、穏やかな曲で救われました。
身体が弱っている時に優しくて良い声のヴォーカリストの仕事は心に栄養注射をしたように染み渡ります。
仮歌を繰り返し聞きながら深呼吸していました。

二日間宮沢邸でレコーディングした後、今年で3年目になる浅草サンバカーニバルの審査員をやらせて頂きました。
日本のサンバがここまで来るにはやはり35年間かかったんだなぁと感慨深いのですが、今年の浅草は僕の中では一つのエポックを刻む格別な年になったと感じました。
今まで日本語のサンバエンヘードで優勝したチームがあったかどうか定かではありませんが、今年優勝の「サウージ」のエンヘードは素晴らしかった。
近年素敵な日本語のエンヘードで参加する団体が増えて来ているのだけれど、ある意味日伯融合のひとつの完成形ができたと思いました。
参加16チーム中日本語とポルトガル語がちょうど8チームずつあった中でエンヘードの完成度、訴えかけるパワー、そして歌のグルーヴが飛び抜けていました。他の日本語で参加したチームのソングライターにはこのメロディーのシンコペーションを必ず身につけて欲しい。いくら最高のバテリアや弦がいても歌がシンコペしてなかったら何にもなりません。てんとう虫のサンバになっちゃうんです。コンボトウシューからバランサに繋がる日本語のサンバの流れがやっとここまでたどり着いた、そう言う感動がありました。
バルバロスのバテリアも素晴らしかった。審査員席にいて鳥肌が立つ演奏をしてくれるのは毎年1チームぐらいですが、今年はバルバロス、バテリアnota10でした。

こんなにもたくさんのひと達がサンバに人生を捧げているのを見ていると、それだけでもう充分な幸せとパワーをもらい、「僕も頑張ろう」と強く思うマサンバの夏の終わりでありました。






lata1 at 20:15|PermalinkTrackBack(0)日記 | 音楽

2015年04月07日

また半年以上あけてしまった!!


川越 笠幡にイーリャブランカ新店舗3月31日に開店営業始めました。
この半年自宅解体から新店舗兼自宅建築、引越、レストラン営業開始と本当に目まぐるしくいろいろありました。

2メートル60センチ以上あるストレリチアという観葉植物を買いました。
お店に飾るためですが販売店が運送不可というものを何と妻と二人でステップワゴンに積み込み買って来ました。
「トラックですか?」「いいえステップワゴンです」
「入りますか?」「計測上は問題なさそうです」
とプロの方々の不安をよそに何の支障もなく運びました。

60インチのテレビも買いました。
壁に取り付けると4万5千円というので自分で取り付けました。
説明書には必ず専門の業者に取り付けてもらうようにとあり、説明書も極めて不親切でしたが何とかなるもんです。

壁のBGM用スピーカーも自分で付けました。これもプロに頼まないとだめだと言われてましたが慎重にやれば大丈夫。
新築の壁にネジをねじ込むのは凄く勇気が必要だったけど、やれば何とかなるもんです。
中学の技術の時間が大の苦手だった自分がこんな事もできるんだと発見と驚きと自信を見つけた1ヶ月でした。

たぶん一生分ドライバーを回しました、ドライバーの頭がすり減って3本使いました。
僕の汗と涙で完成した新生イーリャブランカぜひブラジル料理を食べに来て下さい。

営業時間:ランチタイム11:30~15:00 ディナータイム17:00~22:00
月曜定休

住所:埼玉県川越市笠幡4601−3
TEL:049-231-2989

音楽の仕事がない時は僕もお店にいます。
ぜひ一度お試し下さい!!待ってまーす!!
IMG_2732





lata1 at 13:01|PermalinkTrackBack(0)