2013年05月12日

32
今日はエンリッチ講習です。
ダイビング前に、自分が使うタンクの酸素濃度を自分で調べます。
流量計の目盛りを「2」にセットし、タンク内のエアの酸素濃度を測ります。


14
そして、タンク使用者の名前、調べた酸素濃度、その酸素濃度に応じた潜水可能最大深度をシールに記入し、タンクに貼ります。
あとは、その調べた酸素濃度をダイコンに設定します。
これで準備完了。

一之瀬さん、オリジナルのマスクストラップ♪
今日がお披露目です(^▽^)



18
富士山をバックにジャイアントでエントリー。
こんな贅沢な景色の中でダイビングできるなんて、これだけでも優雅な気持ちになれますネ(*^-^)



5
イボイソバナガニ発見!
お約束のムチカラマツにしっかり絡み付いていますネ。
このムチカラマツは、サンゴの仲間で動物ですヨ♪








7a6a


そして!なんと!!マンボウに遭遇〜v(≧∇≦)v
しかも、単体ではなく、3枚!!!(匹?)

ここ獅子浜は、マンボウが大瀬崎のクリーニングポイントへ行くための通り道になっているみたいです。なので、出会うのはタイミングが重要らしく・・・。

皆さまの日頃の行いの良さですね♪この奇跡の出会いは・・・!!ヾ(〃^∇^)ノ







9
ダイコンを、普通のエア設定とエンリッチ32%設定とで潜ってみました。
水中で比べて見ると、水深25mでこの違い!
32%:28分、エア:11分。こんなに違うんですネ。
エンリッチで潜ると、ゆっくり水中世界を楽しめますヨ。

11a12
ハクセンアカホシカクレエビ




1514
「真実の口」がこんなところに!!
やっぱり、手入れちゃいますよネ〜(‐^▽^‐)

抜けなくなりますヨー(*^m^*)



1617
エキジット後。
ひろみさん、余裕のピースサイン♪
エンリッチだと疲労感が違いますか??

ダイコン比較。同じ21mへの潜水でも、潜水可能時間が32%エンリッチだと45分。普通のエアだと30分。
エアが違うと、こんなに違うんですネ〜。



2019
お昼は、ひろみさんが行った事ないとのお話で、「丸天」へ!
土日では考えられないくらい、空いていました。
お座敷は貸切!これだから、平日ツアーはいいですネ〜(*´▽`*)



21お店に帰ってからも、マンボウフィーバー(←古っ)冷めやらず・・・。
マンボウの写真を持ってみんなで記念撮影〜!!ヾ(@^▽^@)ノ

海って、色んな出会いがあって、本当にいいですネ〜
皆さまも色んな海に潜りに行きましょ〜。
行かないと、ステキな出会いもありませんヨ〜o(〃^▽^〃)o


ご参加頂いた皆さま
ありがとうございました(o^∇^o)ノ

ラウトスタッフブログへ
ラウトのホームページへ
ラウトのFacebookページへ




(16:22)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔