環境保護活動

2012年04月11日

皆さん「アマモ」ってご存知ですか?
一見ニラみたいなんですが(笑)こいつらは凄く海に貢献している海草なんですよ!

小魚達の隠れ家になり、水質を安定させ、砂の侵食を防ぐ・・・
沖縄で言う珊瑚ならば、こちら湘南では「アマモ」なんですよ!
詳しくは

http://blog.livedoor.jp/laut7586/archives/51573312.html


そのアマモが近年減ってきています


そこで我々ダイバーの登場です
当店では「三浦湘南エコダイバーズ」なる物に加盟し、湘南の海にアマモを再び生息させていこうと活動しています
http://blog.livedoor.jp/laut7586/archives/cat_50032391.html



こちらは以前のアマモ植付けの様子です。

d


 
アマモの植え方の説明をアマモの研究員の方から聞き、








苗を持って水底へ

ie




h

内側の四角い枠の中に、苗を固めて植えていきます


植付けを完了したら
内枠を抜き、




f

苗が流されないように上から砂利を敷きます

これで完了!






後は、これを繰り返してどんどん苗を植付けていきます!



小さな一歩ですが、継続的な活動でアマモを復活させましょう(*-u-)ノ

開催日:4月15日(日)
逗子2ボート+アマモ植付1ビーチの合計3本です
価格は\20,000-

お申し込みお待ちしております!



ラウトスタッフブログへ
ラウトの携帯版ホームページへ
ラウトのホームページへ




(20:38)

2011年11月24日

IMG_0367
逗子の現地サービスHPで昨日の種植え作業の報告がありました

http://www.hayama-diving.com/2011/11/20111123-eco.html






IMG_0369IMG_0379



昨日苗に種植えしたアマモは3月頃まで浅場の生簀で育て、しっかり葉と根が出来たところで種が取れた水深5mの場所に植えつけます


IMG_0178



そこで上手く育てば近場の漁場も潤い少しずつ良くなってくれれば良いですね


ご参加頂いた方々ありがとうございます!







ラウトスタッフブログへ
ラウトの携帯版ホームページへ
ラウトのホームページへ




(20:14)

2011年04月20日

2011年4月14日

鎌倉七里ガ浜「小動:こゆるぎ」にて、アマモの植付を行ってきました。
a


一年を通して活動し、一番楽しいアマモの植付
コース料理で言えば、メインディッシュですよっ!!

地震の影響で日程が変更され、今まで活動して頂いた皆様に参加していただけなかった事が残念でなりません・・・

しかしこれ以上放置してしまうと、植付の時期を逃してしまうので・・・。





今まで皆様が育ててくれた苗、ちゃんと植えてきましたからね〜(´・ω・`)

b




cd

苗を植付ポイントまで運んで行きます!



e

丁寧に、しっかり根付くように植えてきました!!

どのように植付するのか気になる方は、コチラをご覧下さい





今年もアマモ活動行いますので、ぜひご参加下さいね〜!





ラウトスタッフブログへ
ラウトの携帯版ホームページへ
ラウトのホームページへ


(15:13)

2011年03月02日



2010年 06月 種取り
11月 苗床準備 土に戻るポットとそのアマモが育った水底の土を準備
12月 ポットに種まき → 水温が低い今の時期に海水中で育成
2011年 03月 種を取った場所でついに植付




12月13日種植え後・・・

アマモがどういう成長をしてきたかご紹介

a


生簀の中で管理されるポット達

発芽するのを待ちます






そしてついに・・・!!
芽が出ました!!


bc





で、ここから我々ダイバーの登場です。




ここからは去年、スタッフのみで行われたアマモ植付けの様子です。

d


 
アマモの植え方の説明をアマモの研究員の方から聞き、








苗を持って水底へ

ie




h

内側の四角い枠の中に、苗を固めて植えていきます


植付けを完了したら
内枠を抜き、




f

苗が流されないように上から砂利を敷きます

これで完了!






後は、これを繰り返してどんどん苗を植付けていきます!



小さな一歩ですが、継続的な活動でアマモを復活させましょう(*-u-)ノ




ラウトスタッフブログへ
ラウトの携帯版ホームページへ
ラウトのホームページへ

(18:35)

2011年02月14日

2010年12月13日

逗子にて、アマモ種まきツアーが行われました。
aa1

湘南・三浦のダイバーが集まって行う、環境保護活動の一環。
『種取り』、『種まき』、『苗植付け』と、1年に渡り3段階で勧める本格プロジェクトなのです!



l

まずは・・・

次回植付けを行う鎌倉の海を調査!




o

逗子の海はソフトコーラル等の生物が豊富な海域です







cd

勿論サンゴもいます
コチラはイボヤギと言うキサンゴの仲間
オレンジの土台に黄色の触手が一斉に開き綺麗です


陸上では、企画も盛り沢山でした

b
まずは、水中スクータの試乗会


水中でグングン進む感じは、たまりませんね〜






そして、昼食も無料提供!

地元で水揚げされる食材を使った有名食堂「めしやっちゃん」から海鮮丼です!うまし!
ee2






腹ごしらえをしたら、アマモの勉強会を始めましょう

f

まずは植付前に今後の活動報告を皆に聞いていただきます
アマモが増えるとどんな良い事があるのか
増やしていくエリアはどの辺りに広げていくのか・・・


q1q2

6月 種取り
11月 苗床準備 土に戻るポットとそのアマモが育った水底の土を準備
12月 ポットに種まき → 水温が低い今の時期に海水中で育成
3月 種を取った場所でついに植付




h

いよいよ種まきです
アマモの研究所 鹿島建設三富さんの指導で種をポットに入れていきます








i3i2




jk
皆でポットに植付けました

立派に芽を出してくれるといいですね〜




m
最後は、フォトコンテストです

『環境への影響』。『生物』、『自由テーマ』の3テーマ別で争います。

真剣に審査中・・・




そして、ラウトからは2人も受賞者がっ!
o2n
尚子さんと、相原さん!!
おめでとうございます(^▽^)





いよいよ来月3月12日に腰越の海岸に植付に行きます

鎌倉の海に1ボート潜ってから皆で植付です!

是非是非ご参加下さい!!



(21:24)

2010年11月25日

覚えていますか?!
今年の6月6日に行われた、『アマモの種取りツアー』を?!
ブログ:http://blog.livedoor.jp/laut7586/archives/51680866.html

水面 アマモ種子



その種を、ついにまきます
水温が下がってくると、アマモは発芽します

12月〜2月まで水中で芽を出させ、来年の2〜3月にいよいよ江ノ島の「腰越」に植付けです


tanetori_1tanetori_2

今年の7月に腰越のアマモから採取した種を選別しました



tanetori_3

ピンセットで一粒一粒生きてる種と死んでる種を選別していきます





tanetori_4

それをポットに移して水温が下がる時期まで各自お店に持って帰り、1週間に1回の割合で海水を取替えて保存します



tanetori_5

日を当てると目が出てきてしまうので、暗所で保管します













地元の小学生にも協力してもらいます


uetuke_1
写真は昨年の種まき準備の様子

土に戻るバイオポットに種を採取した所の砂を入れて種を植えます



uetuke_2uetuke_3

小学校にある水槽の中でアマモを発芽させます
しっかり根が出てくるまで待ちます


uetuke_4

2〜3ヶ月で葉が伸びます
根もしっかり伸びたところで・・・






uetuke_5uetuke_6

ダイバーの出番です!



uetuke_7

そして来年3月に江ノ島腰越産のアマモを現地に植え付けをしに行きます

本当に1年がかりでの作業なんですね





tanetori_6

今回12月12日に開催される催しは、この苗(種)を水槽ではなく、逗子の水中に持って行き、芽を出させる作業ですね








朝 集合PADIフラッグ

湘南・三浦のダイビングショップが一同に集まり、地元の海の環境保護に繋がるツアーです
是非ご参加下さい


当時は小坪の飯処「めしやっちゃん」の昼食が無料で食べられる他

試乗会 2海鮮丼

・新型水中スクーターの試乗会(プールで)
・逗子の海をテーマにした水中フォトコン(賞品あり!!)
・各メーカー協賛品でお土産あり



是非ご参加下さい!







開催日:2010年12月12日 日曜日
金 額:逗子2ボートダイブ&種まき(昼食付き) 





ラウトスタッフブログへ
ラウトの携帯版ホームページへ
ラウトのホームページへ





(21:04)

2010年06月16日

2010年6月6日 環境保護の一環、『アマモの種取ツアー』が行われました。
朝 集合PADIフラッグ

このツアー、湘南エリアのダイビングショップが共同で企画したツアーでもあるんです(@▽@)

その為、いろいろと勉強になるツアーでした。



まず・・・



朝集合し、開会式!

朝 集合


そして、アマモについての講習会!
講習風景講習風景2


お勉強の後は、さっそく実践へ
アマモの種を取りに行きましょう(*^-^)/

海に入る前に、チームごとに講師の先生が種の取り方を教えてくれます♪
アマモ チームごとに説明

こんなに丁寧に説明受けれることって、

なかなかないですよ〜!



アマモ種




茎についてる緑色のが種です!








じゃぁ、張り切って行きましょう!!!
集合写真3人アマモ 種子採取1






アマモの種、ちゃんと取れてますよ〜

アマモ 水中1

水面 アマモ種子水面 アマモ種子2


この種は、この後・・・
苗になるまで大切に育てられ、その後海へ移植されます。

自分達で拡大させたアマモ場で、また潜る。
その時には、いろんな魚が繁殖してたら素敵ですよね〜♪
もしかしたら、ジュゴンなんかもやってくるかもっ(笑)



今日は水中スクーターの試乗会もやってました♪♪♪
試乗会 1


これで魚と一緒に泳げますね。
迷子にはご注意を(笑)
試乗会 2試乗会 3






最後に鎌倉ボートダイビングを
アマモ ダイビング出航

近場の海といえども、侮れませんよ(`へ´)
水中2水中1

ウミウシさん達だって、いっぱいいるんですから♪
ウミウシ3

ウミウシ2ウミウシ1

水中 集合



今日は体だけではなく、頭も使うツアーでしたね〜
酷使した頭への栄養補給しときましょ〜
ご飯 頂きます1ご飯 まかない丼


ご飯 頂きます

本日のツアー参加者は、碇谷さん、相原さん、大峰さんでした。
次は、アマモの植付けツアーに行きましょうね(^▽^)/


ラウトスタッフブログへ
ラウトの携帯版ホームページへ
ラウトのホームページへ



(13:45)

2010年05月17日

amamo_photo4jyuyosei

6/6(日)
鎌倉腰越でアマモの藻場観察&水中清掃が行われます


アマモとは・・・

胞子で増える「藻類」ではなく、海中に生える種子植物、いわゆる「海草」

アマモは潮流を和らげ、外敵からの隠れ場ともなるため、魚類や頭足類の産卵場所、または幼稚魚や小型動物の生息場所となっていて「海のゆりかご」とも言われています
また、富栄養化のもととなる窒素やリンを吸収し、水質浄化の面でも重要な役割も果たしている、とっても重要な水中植物なんです


そんな大切なアマモが

埋め立て、護岸工事、水質汚濁等で減少して来ています
アマモの減少は、さらなる環境悪化の大きな一因ともなり、漁業の減少にもつながる可能性が指摘されています

要するに、海を綺麗にして、魚達を増やすアマモちゃんが、我々人間の勝手な都合でどんどん無くなってきているみたいです




そこでラウトでは地元の海を美しくしよう!と環境保護活動の一環として逗子の海岸のクリーンアップや、専門家から”アマモが沢山生えている海に復活させる事の大切さ”などを学ぶツアーが開催しています

アマモの専門家が実際にアマモを持ってきて、講義(アマモ場の必要性や人工アマモの設置による価値や見所等)を行い、その後質疑応答の時間等が設けられます。


お問合せください



ラウトスタッフブログへ

ラウトのホームページへ




(21:45)

2010年05月08日

地球のピンチ!

今月13日(木)・27日(木)にサンゴの保護SP
20日(木)にAWARE SPが夕方18時から開催します。

この他の日程でも開催可能ですのでご相談ください。





サンゴの保護SPでは・・・
サンゴの白化



サンゴは皆さんのご存知の通り、白化し減っていってます。




その原因の一つは・・・

オニヒトデこの写真のオニヒトデの大量発生によるサンゴの白化。

オニヒトデは本来、サンゴの生態を守る上で必要な存在でしたが水温上昇に伴ない、大量に発生するようになりサンゴにとって害となる物に変わってしまいました。

サンゴが無くなる原因はこれだけではありません。
水温上昇、赤土の流出など・・・


サンゴの現状
このまま白化が進むと最終的に世界からサンゴがなくなってしまいます。
将来サンゴを見たことがないと言う子供が現れるのではないでしょうか・・・



サンゴを無くさない為にもまずはサンゴの生態を知り、悪影響を与える物は何か。
今現在のサンゴのおかれている状況を学び、今後どのようにサンゴと向き合っていかなくてはいけないのかを学んでサンゴを守れる人になりましょう!!




AWARE SPでは・・・
マングローブ人は生活する上で大量の二酸化炭素を排出しています。
この二酸化炭素がどれだけ環境に影響を与えているのか・・・。
先ほどもサンゴで上げた水温上昇にも繋がっていきます。


大気汚染
二酸化炭素を排出しないように!と言ってもそれを吸収して酸素に変えている植物などをなくしていっているのは人です。
これでは意味が無いですよね?


意味のある物にする為にもまずは人が環境に対してどれだけ影響があり今後どのようにしていけばいいのか皆さんでこの講習を通して考えて行きましょう。



来月沖縄・エモンズツアーに参加される方はこの2つの講習を受けることにより、サンゴの現状が良くわかります。
今後どのようにサンゴと接していけばいいか、サンゴを守る為にはどのような事をすればいいかが見えてくるはずです。
サンゴのある綺麗な海を守れるダイバーになる為にも是非受講して下さい。


そして来月沖縄に行かれない方もサンゴを守る為にも是非受講してください。


地球を守る為には皆さんの協力が必要です。
皆さんのご協力お待ちしております。



ラウトスタッフブログへ

ラウトのホームページへ



(10:24)

2009年10月02日

c
09年9月26日


湘南・逗子にて、アマモがどれだけ環境に良いのかを知る、アマモ研究ツアーに行って来ました







当日は地元のダイビングショップが多数集まりました
また研究者の方を迎え「アマモ」についての解説をしていただきました


ad

アマモは潮流や波を和らげ、外敵からの隠れ場ともなるため、魚類や頭足類の産卵場所、または幼稚魚や小型動物の生息場所となっていて「海のゆりかご」とも言われています
また、富栄養化のもととなる窒素やリンを吸収し、酸素も多く発生させるので、水質浄化の面でも重要な役割も果たしている、とっても重要な水中植物なんです




i

残念ながら今回は、アマモの植付けは出来なかったのですが、地元の海に潜り、美しい面だけでなく湾内のゴミで汚れている状況も取り払っていく目的で水中清掃も行われました








j2j1

他店の方々も揃って、皆で拾ったゴミはこんなに・・・
海の中は見えないので、平気でゴミを捨ててしまうんでしょうか・・・

g

そんな中でも生き物達は、頑張って生きていました
写真は「コノハミドリガイ」









b

最後は記念撮影
お疲れ様でした





勿論、外海の「オオタカ根」にも行って来ました

fe

地元の海にも「珊瑚」はあるんです!
写真は珊瑚の仲間「イボヤギ」
オレンジの壁が綺麗です



k

地元の定食屋「めしやっちゃん」が生しらす丼のサービス
ご馳走様でした!






l3l1l2
帰りに鎌倉で有名なアイス「ブリュレーソフトクリーム」が食べれるOVALE
若宮通り沿いです

おいしいーよ!



h
参加者
柳さん とっつぁん 国光先生 50本リーチの前原さん 加川さん フロントロールのはるちゃん 近ちゃん



お疲れ様でしたー


ラウトスタッフブログへ

ラウトのホームページへ




(19:17)