#未来永劫初心者日記

日記です。ゲーム好き。 masamasa/masam/Lava/oniku/onick/rokkaku あたりの名前でよくゲームしてます。
Battlenet:masamasa#1286 steam:http://steamcommunity.com/id/masamasa twitter:https://twitter.com/masamasa_42

まえがき

日常 ・映画,アニメ,漫画,小説 ・ゲーム全般
"What Remains of Edith Finch / フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと" に関して
Hearthstone Link memo http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52041832.html
Magic: The Gathering Arena : memo link http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52222831.html
HotS Link memo http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52084332.html続きを読む

Magic:The Gathering:「年々"勝つこと"のインセンティブが減ってること」w

そういう視点もあるのか...って思った。

正しいor間違ってるor部分的に正しい
...とかそういう話じゃなくて、
それを不安に思っている(から変えて欲しい)なんて人が競技にいる...と訴える
のの正体についての話

(発言者がマウント芸で耳目集めるムーブしてるあたりの話は無視しています)

---
mtg競技シーンの最近の変化について、これは
 "好きじゃないのに競技に参加して、
 負けたときの態度もクソ悪くて、
 しかもそれを注意されたときに逆に相手を馬鹿にして聞く耳持たない、
 ...というような勝つことのインセンティブだけを掠め取ろうとする人"
を排除する方向に向かった結果...だと私は考えている。

これは古くはVSシステムというTCGがスポーツ化する為に高額賞金を出してトーナメントを開催していたら、
(高額賞金...は、客寄せの為であり他TCGとの差別化の為でありその良し悪しを問うのは難しい)
そのTCGが好きではないけど賞金は欲しい(お手軽に勝てるし)といったTCGゴロみたいな人が他TCGから集まって
賞金がでる大会だけ参加して賞金を取っていき
売り上げにも反映されないし日頃のファンの集まり(ゲーム会的な)も全く盛り上がらなくて
みたいな事例を思い出させられた。
(当時その批判に対して、いつも楽しんでいる/エンジョイしているファンが勝ててないのに問題がある という話を聞いたりしたな...)
(似た話を最近また別のところで聞いたけど、それはまた別の話(mtgのあるフォーマットでデッキ借りて初参加で優勝。常連は勝てず...みたいなの))

で、それはなにもVSシステムに限った話ではない...というのを踏まえて、
mtgのそれはそういった例の反省なのかな、という風に思っている。

というのも、mtgのインセンティブ、
 ただ勝つだけではなく、コミュニティーに恩恵を与えたり、
 対外的な外面の良さだったり、
 streamerのような販促に間接的に良い影響を与えるような存在だったり
というような人に対しての"褒賞"は目に見えて増加している、というのがあるんだよね。

勿論、すげぇ下手なstreamer(リアクション芸人)が少数しか参加できない招待制の世界大会的なものに登場してしまうというリスクがあったり、
ただ勝ちさえすればいいという競技的な"見た目の平等さ"が失われてしまう というデメリットの側面はある。
でも個人的にはこれもエンタメ商売なんだから、それで良いと思ってるんですよね。
また、ただ勝つだけ みたいなヒールも必要/いて良いとは思うけど、
ヒールらしいヒールすら、上手さより優先される部分が多くあるように、個人的には思ってる。
TCGショップのフリプで初心者馬鹿にして,虐めてるようなヤツらに、大会で勝って貰って
商品,賞金をもっていって貰いたい...なんてWotCが考えているとでも?

なので、そういう人達の需要が減ってるわけじゃなくて、変わって欲しいと思われているわけですよ。
「年々"勝つこと"のインセンティブが減ってる」
なーんていって、シーンをクサしてmtgはここは駄目!!なんて言ってる人には是非ともmtgの環境から去っていって欲しい
...って思うんですよね。
(勝手に楽しむ分にはいいかと)
"勝つこと"のインセンティブ目当てだけの人達は必要ないので他所にいってどうぞ。
と。

勿論売れてない人がいないコンテンツではそういう人達も欲されてはいる。
でもmtgはそういう人達ですら必要としているような商品じゃないって話。

枯れ木も山の賑わいなんていっても、
そういった枯れ木が根腐れを起こしてしまっては、
他の木が花をつけるのに悪影響があるのは間違いないわけだしね...。

---
実際問題、e-sportsという商品,コンテンツなのか
競技を目指すのか みたいな問題はまた別にある。

なので、
外面も素行も悪い人は、
そういう問題(が存在すること)を利用して
「運営には競技だけ目指して欲しい!! 俺に金と名誉をくれ!! 態度は変えないけど」て思うし主張するわな。
そりゃそうだよね。その人達はそういう性格なんだから。

---
しらんけど

HotS:Denyは楽しい

今更だけど
5ch該当スレで書かれてるの読んで、たしかに!!ってなった
凄く正しい

ほんま、LastHitはクソなんだけど、
(レーンで大勝ち、武器揃ってCarryしはじめようとしてバカスカ金稼ぎできている時,スノーボールしてる時を除く)
Denyは楽しいんだよな...

HotSでもGreymaneつかってFreezeしつつゾーニングしてレーン勝ってる時、クソ楽しい
(gankには来ないで欲しいw)

...ということは、今回のExp玉の導入(相手の取り残しが視認できる)はほんま正解!!ということなんやな

HotS:実装がどうなっているのかに拠ってしまうのはネトゲの宿命 / Glitchじゃなくて仕様 /知らない仕様が気になる

HearthstoneとかのDTCGでもなんでも、
実際にどういう実装になっているかは使ってみなくちゃ分からないよなぁ...って思ってる。
(その点についてはMTGのルールは明文化されているので非常に偉いと思う
同じようなルールは同じように文章として表記されるし、同じように解決される。
ルールに沿って、MTGAやMOが正しく"修正"される(バグ扱いになる))

で、HotSの話
例えばstitchがgorge(R)したあとhookで引っ張られた場合、中の人も当然stitchと一緒に移動する。(食べてるからね。)
ではgorgeされたあとにmawされた場合はどうなるの?
AnduinのDはセーフ?
Stopされた場合は?
etc...

---
余談
なんか昔それ関連のバグあったよなぁ...
(Gorge中にMawされると、Mawの中で開放、異次元に行ったままになって帰ってこない みたいな)
で探すと、BugFixにあった
HEROES CLOSED BETA PATCH NOTES -- JANUARY 13, 2015
https://news.blizzard.com/en-us/heroes-of-the-storm/17345414/heroes-closed-beta-patch-notes-january-13-2015
>A Stitches that Gorges a hero and then becomes affected by Zagara’s Devouring Maw will now continue to hold onto the Gorge target until Devouring Maw expires.
ということで、Maw中も食べられたまま。
これClosedβの頃か...てか2015年!! 時代をちょっと感じる。(Thrallが追加 だし)

ちなみに
HEROES OF THE STORM PATCH NOTES -- AUGUST 18, 2015
https://news.blizzard.com/en-us/heroes-of-the-storm/19818499/heroes-of-the-storm-patch-notes-august-18-2015
>Anub’arak’s Web Wrap and Stitches' Gorge will now work properly when used against Unstoppable targets, which is consistent with Zagara's Devouring Maw.
で、へぇってなった。
DeathWingのunstoppableもこれを鑑みると、gorgeできるしmawできるし、cocoonできるのか。
(知らなかった...)

更に余談
HotSのunstoppableはなんか実際どうなの?みたいなのは色々ある
rootには耐えるのはわかる。snareも。stunも。ではsilenceには?blindには?とか。
What does "unstoppable" mean in HoTS?
https://www.reddit.com/r/heroesofthestorm/comments/30xb53/what_does_unstoppable_mean_in_hots/
ということで、(有志の調査結果が)まとめられてるサイトをみよう
Unstoppable
https://heroesofthestorm.gamepedia.com/Unstoppable
集合知は便利やね。

Patchで変更された、というのもあってunstoppableだとBlindされないようになった のは知ってた(DWをblindすることはできない)
Time Stopなんかが効くのはよく目にするから知ってた

>Debuffs that are prevented, but not removed by Unstoppable[edit | edit source]
>* Stasis (enemy source, except for Zagara's "Devouring Maw")

MawはStasis扱いなのか...言われてみればそうやな
他、こう、デバフの区分について知見を得た。
Fear, Polymorph, Mind Control, TauntはSilenceに含まれてて、
SleepはStunなのか...とかそういうの

---
さておき話は飛んで
MOBAにおけるdashとblinkには明確な違いがあるんだけど
実装がそうなってない場合って、あったりするんですよね。
(見た目blinkなんだけど、内部的にはdashになってるので壁超えられない,blink移動中(見た目は消えてる)の経路で敵の攻撃をくらう みたいな例)

無敵になる系統のskillも、
対象に取れるもの(例えば無敵中のUtherにAAを撃つことができる(勿論ダメージはない))と
対象に取れないものがあって、
例えばJohannnaのFallingSword(R)やImperiusのWrath of the Angiris(R)なんかは、
見た目異次元に行ってる(演出的には上空)という感じなんだけど、
実装としては無敵状態+Untargettable,Cloak状態みたいな実装になってる感じがある。
というかそういう実装だとして問題ない。
...
ということでこのコンボ
Lightbomb+Fallingsword=WIN
https://clips.twitch.tv/AlluringBombasticFalconTakeNRG?tt_medium=twtr
(検索してみつけた適当なClip)

Horiさんに教えて貰った。

AnduinのLightBomb(R)を入れたあとに
Johannnaが対称地点にFallingSword(R)でBlinkInして、
FallingSwordが着弾する前にLightBombが爆発しStunをばら撒き、FallingStarのStunまで繋げる感じ。
mawやtimestopと違い、FallingSword中でもLightBombのカウントダウンは有効!!という話
(味方の能動的なCCだから、ということなのだろうか?)
(Buff,Debuffに関しては、例えばTracerのRecallで敵のDebuffは消えるけど味方のBuffは消えない みたいな例もあるので、
BuffなのかDebuffなのか という考え,区分も意味があると考えられる)

これ、
LightBombが1.5sec後に1.25secのStun
FallingSwordが2sec後に0.2secのStun+着地後3secの50%slow
LightBombからFallingSword即Castの場合はFallingSwordのStun自体は無駄になってしまうが、
FallingSwordの無敵+Blinkで安全にLightBombをばら撒ける。
(LightBombを受けてから0.75sec以上経過して飛び込むとStunとStunの間が空くので有効に使える(勿論その一方で逃げる余裕ができる ...とも言える))

LightBomb自体はBlink系skill持ちTankやMeleeAsassin(MuradinやZeratul,Kerrigan等)と一緒に使われる印象があるが
無敵状態でそれなりのRangeのあるBlinkからのInitiateはなかなか強い
Stunも強いが安定して当たるSlowも強烈なので複数に当たった時にはDragonStrikeやRing,Bllizard,Flamestrike,FrostNova等なんでも繋がる印象がある。
グロい。

なよっちいシナジーをコンボと呼ぶ例は数多にあるけど、
これはまさにコンボって感じ

なかなかに強いので、Glitch?っぽさを感じなくもないけど、理屈的には正常動作なようにも思う。
Clipもそれなりに前のモノなので、以前からあって見過ごされているもの。(運営が対応してないだけ という可能性もあるけど)

同じことがQhiraのE(当たった後相手の回りを回るヤツ)や、DehakaのE、ImperiusのWrath of the Angiris(R)ででもできるのかな...
(強い弱いは別として)

雑記:中央区

まじめな話、東京中央区の驕りみたいなのがみえて醜悪な案件だと思う。

それはさておき、
大阪の"大"をとって大中央区って名乗るのは良い案じゃない?って思う。個人的にはw

ネタを取るなら真中央区とか新中央区も良い。
続中央区でもニュー中央区でも中央区 re-birthでもいい。
大阪ならなんでもありだ。

逆切れ嫌がらせとしては西中央区って名乗って同時に旧北区は西北区にして
東京都北区相手に東京都北区の非常識さを喧伝する為の自爆パフォーマンスをやろう。

AI:ソムニウム ファイル:(重度)ネタバレありの感想,他の話

いやもうネタバレ読んだらホント台無しなんでね。
是非ともそのあたりは...

(以下 ネタバレ回避用空白)
























続きを読む

雑記:マーダーミステリーに関するpostへのアクセス数が極端に増えた

以前にblogでマーダーミステリーについて書いた一部の記事、
極端な例ですが、ここ数週間、それ以前の10倍近くのアクセスがきてる...。

勿論
googleでの私のblogの該当記事の検索順位が偶々あがったためであり、
マーダーミステリー自体の流行とはそれほど関連性はない
...という可能性は高い(寧ろそれが一番ありそう) んですけどね

で、ふと思い出したんですけど
これ、以前にリアル脱出ゲーム関連で
それこそチケット競争が凄かった時代--

脱出ゲームはSCRAPだけ
そしてSCRAPの公演、会場が少ない,規模が小さい,参加したいけど参加できる公演がそもそもなくて参加者の飢餓感が高い
という結果、チケット争奪戦、場合によっては転売が凄い ...みたいな時代があったんです。

--に、
ネタバレしてないけど感想記事...みたいなのを書いてた記憶があるんですけど、
ある日突然アクセス数がドカッと増えたんですよね...。
特定のリンク集とかtwitterでバズったとかそういうの無しに。

で、そういう盛り上がりの後、参加者が増え公演が増え、と、市場の広がりがあったので
マーダーミステリーにも同じようなものを感じてる次第です。

作品自体は前回のゲームマーケットで既にいくつもありましたし、
既にソレ専用のスペースが成立してるような状況ではあるんですけど

それだけです。

---
まぁジャンルが似てるからそういう連想をしてしまっただけ、という可能性も、ね...。

AI:ソムニウム ファイル / メタスコ

なんか話題(記事)になってた

高く評価されるADV『AI:ソムニウム ファイル』が突然低評価レビュー爆撃を食らう。その犯人の正体とは
https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200212-113467/
なるほど
ユーザースコア簡単に操作でき過ぎひん?という問題提起の為に実際に点を操作してみた(それも極端に)
を、
どうせなら注目されて欲しいゲーム
でやった って話なのね。
(あくまで自称)

なら、上に操作すればよかったのにw
って思ったけど、それはそれで逆に宜しくないか...。

そんなちょっとアレな人にも人気なキャラが登場するスパチュン製のゲーム『AI:ソムニウム ファイル』
打越鋼太郎ファン以外にもお勧めですw

■PS4版 4499円

■switch版 4980円

■steam版 6800円 (セールを待とう!!w)

https://store.steampowered.com/app/948740/AI/

発売前の紹介記事(@ファミ通):
『AI: ソムニウム ファイル』レビュー。愛あり、涙あり、笑いあり、下ネタあり!? 濃厚なストーリーと遊びやすさを兼ね備えた名作の予感。
https://www.famitsu.com/news/201909/18183591.html

---
■別な話題
このゲーム、登場キャラにyoutuberがいて、
そのキャラクターが実世界でもch,ツイアカを展開している。

あせとんちゃん
https://www.youtube.com/channel/UCamX_haM3TULZIGiUPNm-MA
https://twitter.com/a_set_on
(日本語版,中国語版兼用アカウントで、これと別にもう一つ英語版のアカウントがある)

こういう企画、結構好きだし、ゲーム的にも面白いんだけど、
CVの有無について毎度ちょっと気になってる。

気になる...っていうの、具体的には、CVの有無に関して。
YoutubeChの方は流石に全部CV入ってるけど、
日常的にやられているゲーム(最近はテラリア)の方は流石に毎回CV入れるのもできない(難しい)わけで
折角のVtuberだけど、Vtuberの持ってるコンテンツ性が実現できてない...
みたいな話。
(声優本人がやればいい というのはまた難しい話だろう...という前提で)

そういえば
細かい話だけど、実世界ベースで見ると、彼女はVtuberで
実際のところそれはAIソムニウム ファイル内のYoutuberを包含しているわけだ...
なんかこういう定義的なテーマはちょっと面白い。

映画:パラサイト 半地下の家族:感想

以下、素人の雑な感想です。


今週月曜日、アカデミー賞の発表を受けて、即日見に行きました。

面白かったです。(ネタバレ回避)



---
ポンジュノ監督作品は
■殺人の追憶
■グエムル 漢江の怪物
■母なる証明
■スノーピアサー
を見てて、

個人的には
■母なる証明
がこの中ではベストなんですけど、
演出の点で考えると、やはり往々にして新しいモノの方が良いように思えるんですよね。
演出の良し悪しを見えなくするくらい、編集が上手い。
技術の進歩もあるんでしょうけど。
(その上手さにしめる技術の割合は不明)

韓国映画では
酷いことが起きるかもしれない...というような時にはほぼまちがいなく酷いことが起きる為、
日本映画にありがちな肩透かし,思わせぶり,もったいぶる無駄なシーンが無く、みてて小気味いいんですよね...。
真っ直ぐ地獄,破滅に向かっていく感じは、実に韓国らしい、と思います。
実世界でのそういう"らしさ"についての良し悪しは別として、映画としてそういう潔さは凄く好きです。
信頼感が持てる。

特にそれはポンジュノ監督の母なる証明で顕著なんですけど
まぁネタバレするのもアレなので、興味があって未見の方はぜひ...
https://amzn.to/2ULceAs
AmazonPrime入りしてるので気軽に地獄が見れます!!w

で、そういう前提がある為、
パラサイト劇中での小刻みにバシバシ会話に紛れ込む伏線...というかもう前振りレベルの会話台詞には
これぞ韓国映画やなw 感がありました。
そりゃ脚本賞とるわ。

---
個人的な話
韓国映画は、結構好きなんですけど、
好きな要素としては、日本との文化や慣習,歴史の違いを起因とした、異質さに拠るものが多いです。
悪く言うと深淵を覗く, 見世物小屋的な面白さではあるんですけど、そういった異文化の恐怖の中に紛れ込む
素晴らしい音楽や演出,恐怖の見せ方にもまた、痺れる部分があります。
あと、重ねて言いますけど、みてて小気味いい...テンポがいいんですよね。
せっかち...の一歩手前、ラインを超えてこないw 範囲で

でも、ことパラサイトについては、
脚本賞はさておき、作品賞取ったのは意外だったな...って思ってます。
ハリウッド的にはこれが初めての韓国映画だった...という人が多くて、
そういう人達に滅茶苦茶響いたのかな?っていう可能性を考えています。
いやいやジョーカーはどうしたんだよ!?みたいなの。

実際、パラサイトは韓国映画らしさという点では、
たしかに韓国文化自体の独自性(半地下やら北朝鮮やらとの関係性)を描いてて、
そういう文化の独自性をついた映画は外国映画らしい賞を取りやすい(カンヌとか) という面はあるんですけど、
この映画、韓国映画的な良い部分...という意味ではちょっと薄めだったように思うんですよね。
韓国映画にこれレベルの素晴らしい映画あるし!!みたいなの。

そう思うと、こういう考えもちょっとわかる...というか、寧ろハリウッドのリベラルの考えを鑑みると
これが正解やろ...って思わなくもない...

こういう考え:
https://twitter.com/issueofwar/status/1227062344708046849
https://twitter.com/burubur56030897/status/1226874673561915392

うーんたしかにありそう...。

---
別な話題

日本国内での配給元を褒めるtweetを見たんだけど、
個人的にはこういうことしてる時点で結構萎えてる

https://twitter.com/aqilaEX/status/1226774818348945410

そういう人の中でこういう行為はどう解釈されてるんだろう?
映画を信じるなら、日本風な宣伝より、元を尊重する,完全に独自の日本向けに寄せたポスターつくって欲しかったな...
って。

話は飛びますが、
そういう意味では
中国の千と千尋の神隠しのポスターなんか、いいと思うんですよね。

「千と千尋の神隠し」中国のデザイナー・黄海が手がけたポスター2種公開
https://natalie.mu/eiga/news/335631

だもんで、日本のソレがね...って。

コストとの兼ね合いなのはわかるけども

---
パラサイトに関しては分かりやすい凄さ,出来の良さ
みたいなのがあるのはたしかで、
 以下tweetにはネタバレが含まれます
 https://twitter.com/LiT_Japan/status/1216591061948067840
こういうのが本当に良い。
母なる証明でもこう、あまりに完璧なシーンがあるんですよ。
ポンジュノ本当に良い。

AI:ソムニウム ファイル:伏線回収パートは作品の評価に、日常パートは作品の記憶に、効いてくる

今更な話ですが
AI:ソムニウム ファイルクリア後 / deathmarchclub
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52251018.html
AI:ソムニウム ファイル クリア後感想
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52250996.html
のpostを書いていて思いだした話

>しかも終わった後に、あぁ終わってしまった...って悲しくなったのでこれは確実に傑作(少なくとも私にとっては)
そういう風に思えるゲームって、凄くクリアしたあとの読後感みたいなのも良く、
記憶に残るゲームなんですよね。

で、これ、前々から思っているんですけど
「終わってしまった...って悲しくなった」ような作品って、日常パートが長いんですよね。
プレイしている時は、本題が進まねぇなぁw 微妙に寒いギャグだなぁ みたいに思ってしまうくだりが長い方が、
クリアしてしまったあとにもっとプレイし続けたくなるという。

...
あぁこれギャルゲーじゃんw
ギャルゲーあるあるじゃん...w

でまぁギャルゲーに限らずこういう作品でも
前振り,日常のパートが長いのは非常に怠く、プレイ中の評価に大きな(マイナス面の)影響を与える一方
謎解きで伏線が回収される凄さ, 同じく評価に大きな影響を与える箇所もまた前振り,日常のパート無しには成立しないわけで、
こう、そのバランスって凄く難しいですよね...。

そう考えると、
面白さと評価(これらはそもそも別のものですけど) のベクトルみたいなものを考える時、
その寄る辺っていうのは、どう考えられてどう作られてるんですかね...?

肌感覚? 職人芸?

AI:ソムニウム ファイルでは
プレイ後に「これはバディものだ」という評を聞いて
なるほど!!!!
ってなったんですけど、やっぱりアイボゥの存在が非常に"良い"んですよね。
会話もかなり多量で。

なんかうまい作品だったなぁ...ってふと思い返してしまったので書いてみました。

雑記:The Pedestrian(に出てくるノート)

ふと気になった話

---
こういうの、たまたまなじみがないから、なだけかもしれないんですけど、ちょっと気になりました...という話。

The Pedestrian
ゲーム中にこのノートが出てくるんですけど、
001

別のゲーム
"What Remains of Edith Finch / フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと"
ででも似たノートが登場するんですよね。
002

....こういう絵柄って、海外(特にアメリカ)だとメジャーなんですかね?
もしくはunityのassetにそういうテクスチャなりサンプルなりがある...とか?

知ってる人いたら教えてください

...特にオチとかは無いです。

The Pedestrian:レビュー書いた

https://steamcommunity.com/id/masamasa/recommended/466630

良ければ見てください。

The Pedestrian 購入andクリア


The Pedestrian
https://store.steampowered.com/app/466630/The_Pedestrian/
リリース日:2020年1月30日

ゲーム内容自体は公式の動画を見てもらうのが早そう。
端的に、ゲームのパズル外の要素が微妙に絡んでくる
(演出であったり、移動範囲のフラグであったり、...であったり)
ので、凄く、広がりを感じさせる内容。
またそういう雰囲気に、the witnessっぽさを感じさせられた。

棒人間が主人公の「The Pedestrian」の制作が発表。看板や落書きの中を移動するパズルアクション 2019/11/01 12:42
https://www.4gamer.net/games/484/G048438/20191101020/
インディーズゲームの小部屋:Room#621「The Pedestrian」2020/02/05 10:0
https://www.4gamer.net/games/040/G004096/20200204060/
パズル自体の内容はベタな、基本システム+エリアごとに特徴のあるギミックなので、
そのあたりも含めそういうの好きな人向けっぽさはあるかと思う。

ふわっと始まるのでごまかされるけど、プレイヤーはどこに向かっているのか?何をしようとしているのか?
が気になり始めるあたり
(明確に"何かを集めている(盗んでいる?)"ことがわかる)
で、ステージのギミックも増えて多少手ごたえがある感じになるのは、
"熱中した3時間"を成立させるための良いアクセントになっていると思う。

ラストも良い。

001
ふとしたところにあった日本語の看板
(ぼやけているが内容は、「私のこころは...(以下不明)」「終末の訪れはいつ...(以下不明)」)
にニヤっとさせられたw

002
実績に関わる(パズル自体には影響しない)(必ず通る)ところにあるオマージュw
003
いつまで経っても、"the cake is a lie"なのだ

日本語非対応ですけどオプション画面にしか読む必要がある文字列らしい文字列は出てこない為
まぁ問題ないかと思います。(オプション画面でもアイコン表示があるので大丈夫)

あえていうなら実績部分の英語くらい...
(上記、"They lied about the cake. It was made with wheat!! Lee is alergic!" で、
「彼らはケーキについて嘘をついてた。小麦が入っている!! Leeはアレルギーなんだ!」)

面白かったです。(小並感)

雑文:結局人が関わる以上、タネが共通のものだったりするのからは逃げられない的な話

こういうの読むと
『悪口は自己紹介の法則』万能説
あるな
...ってほんと思う。

手を変え品を変え、各所にこういう人いるんだよね。
広義でいうと糖質制限論破おじさんあたりまでも含まれる

狭い話でいうと、
そもそも関心がないことにいちいち文句は付けないよね という当たり前の話になるけど。

AI:ソムニウム ファイルクリア後 / deathmarchclub

001

昨日のpostの続き
AI:ソムニウム ファイル クリア後感想
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52250996.html

クリア後、アセトンちゃんのyoutubechやAIソニウムの感想等を検索して漁ったりしてました。
発売(2019/9月)からそれなりに時間が経っているのもあり、ネタバレ超全快な記事
(あえてリンクはしないですけどw)
とかあったりして、内容もめちゃ濃くて満足...。
DDLCでもそうでしたけど、こういう一問一答みたいなの、ほんと良いすね。

あと、打越鋼太郎さんの次作(2020発売予定)のデスマーチクラブ関連を見たりとか。
公式 https://www.deathmarchclub.com/
Twitter https://twitter.com/d_m_club

スパチュンのsteamのソフトリスト(未発売も記載される)
https://store.steampowered.com/developer/SPIKECHUNSOFT
にはまだないですけど、
PC(steam)とコンシューマ各種で発売予定らしいです。
(デベロッパーは公式に載っている Izanagi Games(https://izanagigames.co.jp/works)として、今作はスパチュンがパブリッシャじゃない という可能性もある?)

加えて公式サイトに記載はないですけどTGSのステージに関するtweet
と、声優さんキャストから、ダンロンに続くIPっぽさ...を意識せずにはいられないすね...。
楽しみ!!

(いうて小高和剛さんの後継作はこっちの方というのが正しそう)
https://twitter.com/DeathComeTrue
>ダンガンロンパシリーズ小高和剛による本格実写ムービーゲーム

また、これも前回のpostから続いた話なんですけど、
このデスマーチクラブでもtweetは日中英でのもの(同内容をそれぞれの言語で) があって、
そのあたり、海外人気,海外の従来作ファンからの引き続きの注目(と、制作陣がそれに応えてる)っていうのも感じますね...。

あぁ...たった20時間ほどではありますけど、ソムニウム ファイル ロスを感じる...。

AI:ソムニウム ファイル クリア後感想


AI: ソムニウム ファイル
https://store.steampowered.com/app/948740/AI/

今更ですけど
流石の打越鋼太郎!!って感じだった。
プレイ時間は20時間を切るくらいで、類型のゲームよりちょっと軽い感じ。
内容について気になるのは、
とってつけたようなQTEとギャグのノリが酷すぎる(ように思える)戦闘シーン
あたり。
それらを除くと、ある意味完璧な出来なようにも思える。
非常によくできてる。
クリアしたあとに、あぁ、終わってしまった...ってなるゲームは本当に素晴らしいと思える。

このゲーム特に序盤は謎だけ(謎が全然解かれないまま)どんどん増えていくしギャグや捜査が冗長だし
と、いつもの感じなんだけど、アンロックが解けたあとの怒涛の伏線回収がほんま気持ちよかった。
それもまた打越鋼太郎作品に期待しているいつもの感じで良。

001
ただしい
002
このゲーム、正しいバディものなんだけど、ツッコミが無いシーンが多いのがきになるw
005
こういうのw 良い。
004
たしかにそういう一般化されていない表現なら禁忌となされてはいないのか...って気づかされたw
003
006
おっさんホイホイ
007
歓喜!!w
008
ほんまおっさんホイホイが過ぎる

このジャンルをずーっと追っかけてきて良かった って思う。ずっと好き。



なんか続編が作られるかも みたいな話を読んだ ...のと同時に、
売り上げがしょぼいってのも読んだ...(悲しい)

スパチュンのゲームはほんま一部除いて盛り上がりに欠けてる感じはあるよね...
内容の割に全然売れていない みたいな(印象レベルの話)

あと、ダンガンロンパのお陰か、海外ウケは非常によいという印象もある。
コアで活動的なファンによる発言もちょくちょく見る。
今作も英語フルボイスに対応してたり(クリア後のあの特典も英語版がちゃんとあって、凄い!!ちゃんとしてる...ってなった)
あと中国語への対応も結構ちゃんとしてる印象。
https://www.youtube.com/channel/UCamX_haM3TULZIGiUPNm-MA/featured
登場人物によるchも中国語対応してる

閑話休題
ダンロンに限らず、ゼロエスケイプシリーズもほんま良い。いろんな人に勧めたい。
(今作+ゼロエスケイプシリーズバンドル https://store.steampowered.com/bundle/13250/Team_Zero_Escape_Bundle/)
今作もかなり勧めたいゲームって感じだった。
売り上げが悪くて今後この系統のゲーム作られない...ってなったら悲しいな...。
そこまでな程 売れてない...ってわけではないだろうけど。

Magic:The Gathering Arena:Esper Stax 新環境版

Esper Stax (旧環境)
https://www.mtggoldfish.com/archetype/standard-esper-stax-107035

最近新環境になって以降、使ってる。
・読み合い殆どしなくていいので気楽
・結局大量除去が安直に強い
みたいなのが理由で。

除去を温存するか引っ張るかなんていうゲームプラン部分での駆け引きなんてこの環境だと殆ど皆無に等しい(と思ってる)為。でもある。
("強い"カードが多い環境だと、ビートもコントロールも手札を叩きつけていく構成が多い(概ねPWが悪い))

Staxは、
やれることやっていって噛み合ったら楽勝
みたいなクソデッキ
ともいえる。
元のStax(Vintageの)に比べて、各段にプレイが楽。

ある意味ドブンも事故もない(少ない)ので、本当に精神衛生的には凄く良い。
淡々とプレイできる。
なので個人的には超オススメのデッキタイプの一つ
FGOやりながらYoutube見ながらプレイしても勝てる。
(しかもコンボみたいに何回もクリックが面倒!!とかもない)

それはそれでゲームというより作業っぽさもあるな...
さておき参考にしたのがこのあたりのレシピ

https://www.youtube.com/watch?v=EOtRy1Uo_q0
001

で、そこからさらに一歩進めようと考えたとき
・使ってて、猫かまど相手に負けることがある(軽い生贄が強い
・シミックフラッシュに相性が悪い(けどそもそもそんなに見ないから大丈夫)
・ハンデスに寄せると、今引きに対して弱すぎる 基本的に土地がちゃんと伸びてしまうのも辛い
・4/4いっぱい出してもそれだけじゃ勝てないことは勿論ある
・ビート相手は先行で超有利 後攻で超不利 ...な印象
・先手を取ると強いカード が多過ぎるせい
・ビート相手じゃなくても大概そう

で、
・生物増やしたくなるよね。
・でもそれで相手の除去が無駄になってないとしたら本末転倒よね
・墓地掃除は本当に必要なのか?大体キャントリップしてるんだが
・猫かまど使いたいなぁ
・0/4の壁とかまどの愛称良いじゃん(誤差レベル)

中盤のリソース争いで勝って押し切るっていうゲームプラン以外はどうだろう...?
って思ったら、"そういうStax"の記事があった

https://twitter.com/moctzal/status/1218337025008386048
https://mtg.taiken.online/bo3-s-mythic-bw-doom-foretold/
Tymaret Callsや

あながちなくもないと思う。

生贄したら〜という嚙み合わせで みたいなのもある

とりあえず迷走してこう
002

Creature主体の猫かまど入りStaxも考えてみます...

雑記:BABA is YOU:好きなステージ (Area 1〜10とLevel-10までで)

いやまぁほんま雑記ばっかですいません。
それなりにプレイした為。
(クリア...は当然として、とりあえずArea10にも到達したしLevel9もアレでなにになって、で、一旦落ち着いた(多分))

いうて綿毛の数は130↑くらいで、
残ったのはまぁ自力は無理くさい...ってなりました。
なんとか思いつける...日がくるかもね みたいな。

---
BABA is YOUの好きなステージについて

■ロジックで詰めてどういう風に考えればいいかという方針決定がこのゲームには重要なんだな と気づかされたこのステージ
001
このあたりから動かせるテキストも増えてくるんですけど、
そうして選択肢が増えてくると、
まず何をすべきか 何をしなくちゃいけないのか をゴールから逆算して考えること、が凄く必要なんだ
と、このあたりで気づかされました。

■このゲームの異常さに気づき始めるこれらのステージ(MAKEとNOTHING)
002
003
このゲームやべぇな!!!!ってなる/なったあたり

■このゲームの真の異常さが露見するステージ
004
やられた感がパなかった。

---
別の話ですけど、

AUTOMATONライター陣が選ぶ「ゲーム・オブ・ザ・イヤー 2019」
https://automaton-media.com/articles/columnjp/20191231-110011/amp/

にも倣って、
>ステージのスクリーンショットをスマホに保存しておいて電車の中やベッドの中で考えてみたり、今までの思考・発想を忘れない程度に時間を空けて小刻みに考える
という感じでプレイしてる。

いうてわたしは、(他の高難度なパズルゲー経験もあって) 最初から, この記事をちゃんと読む前から
>シンプルに「一気に解こうとしない」
というやり方でやれていたのでこのゲームが長続きしている...のかもしれない。
(やらない人, やれない人 はすぐ辞めていくし、個人的にはそれでいいと思う。
辛いゲームをやり続けるのは、そのゲームが好きな人か、辛いゲームが好きな人 達で十分)

>繰り返すようだが『Baba is You』は間違いなく完走する価値のあるゲームだ。本稿が、このゲームを途中で止めている人が再開するきっかけになることを願っている。
これほんま

Magic:The Gathering Arena:Theros Sealed 使ってみたら思っていたより格段に気に入ったカード

使ってて好きになるカードってあるよね。
まぁそれなりに強いかな / ピックされるよね
くらいの印象だったこのカード、使ってると墓地肥えも強いしで、めちゃめちゃ好きになった。
勿論テンポは悪いけどそこに文句言うのは意味がない。用途が違う。

004

ふと思ったのは、4枚捲って1種類しかないパターン
どのくらいの確率かな?ということで計算

デッキ40枚 土地16で生物16とすると
(余談 最近は16くらいで残り4除去 4コンバットトリック,ドロー等のアド系(テンポ,カードドロー)みたいなのがベタだと思う(リミテッド環境のカードプールにあってる)と思う))

...
2枚引ける確率は
1-{P(一方が出ない)+P(一方が出ない)-P(両方がでない)}

厳密には条件付き確率だけど、まぁこれでいいでしょw
ざっくばらんに

どうでもいいけどgoogleで組み合わせすぐ計算できる
強い
005

P(一方が出ない)はC(24,4)/C(40,4)=24*23*22*21/40/39/38/37≒0.116
なので、1枚しか引けない確率は0.23
つまり2枚引ける確率は0.77
あれ、結構失敗するんやな...。まぁいいか(プラス思考)

Magic:The Gathering Arena:知らなかったこと / ミスプレイと欲しい機能

今更な内容ですけど、良く使われているカードでも意外と知らない,知られていない能力ってあるよね....という話です
新セットリリース前に書いとかなくちゃ...って思ってたのに間に合わなかったw

(新セット、とりあえずシールドに参加して白黒で2-3しました。デッキ組み方わからんw)
---

■知らなかったこと
旧環境、2大知らなかったことはこの2枚のカードの
003
>ダメージは"このターン"軽減されない
(このカードに限らない
>"あなたのコントロールするクリーチャー"の与える戦闘ダメージは軽減されない
(こいつだけじゃない)
な能力

正直、軽減カードなんてトーナメントではまぁ使われない...
んで、それが有用な局面なんてなさそう...って話なんですけど

おぉ...ってなりました

こういうのほんと場数って感じ。

■ミスプレイと欲しい機能
局面レベルのミスプレイは流石にあまりしないんですけど
(してしまったら即分かる為、していない ということも分かりやすい)
プランレベルのミスプレイはまぁ未だにちょくちょくあるんですよね
そういうミスプレイって、何も考えずにプレイ, 手なりでプレイできるようになる
...と、ただただ練度をあげてかないと無くならない話なんですよね。
で、
そういうミスプレイをした後は、あぁ、リプレイ機能欲しい....
ってなりますね。

...なりません?

個人的にMTGAで今欲しい機能
1位が観戦機能で
2位がリプレイ機能
です。

ちなみにちょっと古いですけどロードマップに関しては公式による発言があります
https://magic.wizards.com/en/articles/archive/magic-digital/mtg-arena-state-game-september-20-2019

うーん...リプレイはまだまだ来ない!!(来ようが無い) w
常に録画しながらプレイすればいい説はありますね。
あと、ツールでログとれるヤツ使う も勿論、手ですね。

雑記:オリパ関連

草生える意見が多いw

オリパとは?という人はまずそこから検索しましょう
TCG界隈(非DTCG)でのトレンドって感じ

対戦ゲームってのはこういう
日本語が通じてないけどギリギリコミュニケーションが取れる
...という人たちを踏み台にして満足感,達成感を稼ぐゲームモデルみたいになっているのな!!
という感想が起きます。
実際そうなのかは知らないですけど。
(そういう人達が金持ってるかも謎)


あぁでも、
なぜか「見える範囲に『(自称)勝率5割超えてる人』しかいない」の、
これで説明がつく / 二重の意味で本当によくわかるなぁ
って感想にはなります。
(論理的に考えられない人と、そういう人をカモって勝率を稼いでいる人 はどちらも勝率が5割超え(自己申告)になりえる という話)

雑記:BABA is YOU:Level9解こうとしてた

なるほどね....
なるほど...
なるほど???????

いまここ

入れなくなったんだがwww (入れる方法分かった。)

楽しんでます。

マーダーミステリー感想:バード将軍の死/メゾントキワの消えたプリン

いくつかプレイしました。

■マーダー・ミステリー・ゲーム フリーシナリオ『バード将軍の死』和訳公開
http://raytiagu0802.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-fdba42.html
4-5人
GM不要

■「メゾントキワの消えたプリン」というマーダーミステリーを頒布
https://twitter.com/Olerant_game/status/1176605249303281665
https://twitter.com/Olerant_game/status/1171437565825568770
5人
GM不要

プリンは
以前にblogに書いた
マーダーミステリー感想:九頭竜館の殺人 / 何度だって青い月に火を灯した ネタバレ無し
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52247271.html
にある
>・殺人が起きないマーダー(略)
> 作られてる、もしくは既にあるっぽい(略)
そういうののうちの一つですね。
(需要に対して)少なくともそれだけで十分以上に価値がある感じ。

マーダーミステリー自体、
店舗で開催されるパブリックな物
ゲーム会で開催されるパブリックな物
含め、無料で頒布されてたりと色々出てきて
もう最近は
良し悪し(お勧め,notお勧め)あたりを評価する人が重宝されそうな雰囲気ですね。

リアル脱出ゲーの初期の頃を思い出します。

ちな 感想はネタバレなので書けない!! ですけど
どちらもそれなりでした。
個人的にはグループSNEさんのがド安定(流石にプロ集団だし...)
なのと、
始めて体験した,参加したヤツ(作品)がインパクト的にどうしても評価高くなりがちよね
ということで
こういうのって偏っていない評価の難しさ みたいなのは感じますよね。

あと、それはないだろー!! みたいな作品の方が、
実は良いのでは?(驚きという点で)ってのもありますし
まぁ...何を良いとすべきか みたいなのも人に拠るだろうし...とか考えたりもしますよね。

書けることがない!!w

マーダーミステリー感想:九頭竜館の殺人 / 何度だって青い月に火を灯した ネタバレ無し
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52247271.html
に書いたような、感想の感想は良いね!! っていうのは個人的には思っています。
ネタバレからちゃんと距離が取れてますしね。

そういうのちゃんとメモっていくか...。

雑記:BABA is YOU:混同 // Stage8

エリアとステージとレベルを混同して表記してた
エリアがレベルを内包している

e.g."Forest"はArea
001
ForestAreaにはStageLevel1,2...があって が正しい表現

Area外のStage:こういうところ:Level
002

Mapから行ける

で、同時に、Areaにも番号が振られている
(Area:DeepForestは5)

混同の元...

これも何か意味があるのかな?



っていうかここでもステージっていう言葉を使ってしまったけど、正しくはLevel
Menuの先にMAPがあり、
MAPの下にAreaとLevelがあり、
Areaの下にLevelがある

ちな、画像はちょっと前に撮ったもの...。
このゲームが分かってきた為!!

---
■現況
現在、Area1,2,3がComplete
Area4,5は難問がいくつか解けずに残ってる
Area6,7はルールが飛躍してて放置気味w (ある程度簡単なのだけ解いて後回し)
Area8,9は単純に難しくてあまり進んでない

このゲーム、Area3と4、Area5と6、Area7と8の間に壁があるように思う。
Area1,2,3と4,5には(問題の)物量,多様性の壁
Area4,5と6,7にはルールの飛躍の壁
Area6,7と8,9には難易度の壁

こういうデザイン、好き。
(Area10にはまだ行けてないのでなんとなくでしかない区分ですけど...)

雑記:BABA is YOU:WAY OUT // WAY OUT???

ちょいネタバレ

続きを読む

雑記:BABA is YOU 買った プレイした(してる) 途中経過

以前にちょっとだけ人がプレイしているところを見たことがある(Twitchで) 程度で、
内容については、ちょっと面白そうな一発ネタやな...
くらいに考えていたのだけど

・単なる一発ネタなゲームではないらしい(?)
・友人が購入していた
・DanSalvato(DDLCの作者)が話題に上げてた
というのもあって、つられて購入


https://store.steampowered.com/app/736260/Baba_Is_You/
(年末にセールだった(今はセールではない)ので、
購入タイミングという意味では今はオススメできない...)

内容に多少のネタバレを含む、BABAISYOU(他作品)紹介記事
AUTOMATONライター陣が選ぶ「ゲーム・オブ・ザ・イヤー 2019」
https://automaton-media.com/articles/columnjp/20191231-110011/amp/
>『Baba is You』
>ーーひたすらに驚きと感心の連続である

>2019年のGOTYは間違いなく『Baba is You』だ。パズルゲームを追ってきて長いが、これほどまでの作品には出会ったことがない。

で、これ
思っていたより、各段におもしろい
(たしかに記事にあるように凄い修辞で褒められているに値するレベルで)
(...まだ5時間程度しかプレイしていないので、全然な地点での感想ですけど)

007
この面、一生考えてる。

---
こういう1画面パズル、色々とやったことあるのですが
序盤は行き当たりばったりでクリア出来てしまって(選択肢が少ない為、等で)
中盤あたりから、"序盤でちゃんと学習しなかった所為で解き方が身についていなくて"全く解けなくて投げる
なんてことが頻発しがち。
(...と思っています。思い当たるゲームが非常に多い)

...なんですけど、ぶっちゃけこのゲームでは
序盤から"新しい要素の学習"→"いきなり応用"(→"更に応用")
というステージ構成が基本なお陰で、
(手法を)学んで考えるステップが強烈に強調されていて
手ごわさが半端なくて良い
極端な話、すぐに詰むから脚力が鍛えられる 的なw

たしかに選択肢が少なくてガチャガチャやってるだけでクリアできるステージも
序盤にはあるはあるんですけど
それが極端に少なくて
どう解くか?についてどうアプローチするか?を考える機会が多いパズルゲームになっている(ように思います)
例でいうなら、小問がない数学の問題 みたいなの。
(これ、算数や数学の"学習のしかた"にも似てると思うんですよね。簡単な段階で手持ちの武器(解法)を揃えられてないと壁に当たったときに詰む っていう)
(算数でもある(文章問題を読まずに数字をかけるだけ するヤツとかいるよねw)し、同じことが数学でも再度起きるんですよね...)

閑話休題
で、それはそれとして
その上で、前述のDanSalvatoのtweetや紹介記事にあるように
このゲーム、"何かある"ゲームなわけなんですよ...。

ちなみに5時間ではまだその"何かある"段階まで到達はできてないです...
wktkしながらプレイしてます...。

とりあえず今思ったのは
008
このタイトルのしたの点線は何だろう??何か意味があるのかな...???
です

(無いかもしれない)

雑記:Iconoclasts クリアした


https://store.steampowered.com/app/393520/Iconoclasts/

クリアした
実績
https://steamcommunity.com/id/masamasa/stats/appid/393520/achievements
1周だけ。
大体10時間くらいかな...。

・操作感がよく
・ドットもきれいで
・値段もお手軽(セールの値引きが大)で
・ストーリー,世界観,設定が思いのほかちゃんと作り込まれていて、話の展開がちゃんと気になる
あたりが推しポイント

ただ
メトロイドヴァニアっぽい推薦のされかた(特にsteamでreccomendに上がってきたのは)
で、実際それっぽい画面,紹介なんだけど、実際のところは全然違うということ。
(探索メインではなく、物語の進行にある程度区切られたプラットフォーム型のステージを使用している という感じ。)
と、
こういうゲームには珍しい、ちょっと異質な世界感(ディストピア系)
主人公以外のほぼ全キャラが性格悪い(自己中,過剰に独善的,癇癪,気遣いをわかっていてやらない)
あたりがちょっと独特w
そこらへんの町にいるNPCの大半を含め、サブキャラがどいつもこいつもクソ野郎なのは
(作者の意図通りなんだろうけど)流石に酷いw
作者自身も人間関係にめっちゃ疲れている人だから...とかなんかな...?

それなりに楽しめた(少なくとも値段以上には)ので
こういうの気になる人には"それなりに"オススメです。

メトロイドヴァニア好きでこういうの買いたい!!
...な人には、もっとオススメのゲームが他に多数あると思うので避けた方が良いでしょう。
な感じ

雑記:Superliminal 買った プレイした クリアした オススメ!!

000
https://www.epicgames.com/store/ja/product/superliminal/home

買った。
購入の決め手はこのあたり
・見た目
・製品化までの経緯がPortal似(学生が卒業制作→会社を作ってリリース という流れ)
・値段 今なら(〜1/2まで)EpicStoreで1000円引きのクーポン配布中で664円で購入することができる
&購入すると使用した1000円クーポンが再度貰える(w) セールでの割引に加えて純粋に1000円引き...w
・日本語完全対応(字幕)

前からちょっと気になってたので、いいタイミングかな、と。
あと、割とすぐ終わる というのだけ聞いてたので

■記事いくつか
『Superliminal』錯視を利用して物理法則をねじ曲げろ! 脳とゲーム世界が騙されまくる一人称視点パズルアドベンチャーが日本語対応で発売開始
https://www.famitsu.com/news/201911/13186823.html
強制遠近法と錯視が脳を刺激する新作パズル『Superliminal』配信日決定! 捉え方で道が開ける
https://www.gamespark.jp/article/2019/11/08/94470.html
目の錯覚や遠近法を利用したパズル『Superliminal』PC版が11月12日に発売へ。「知覚したものが現実になる」不思議な世界を探索
https://automaton-media.com/articles/newsjp/20191108-105922/

■感想
ぱっとみ、距離感の操作でオブジェクトの大小を変えるだけのワントリック,ワンアイデアの出オチなゲームでしょw
みたいに思ってプレイすると、多いに裏切られる内容になっている。
こういう裏切りは非常に楽しい。
(世の中にはそういう"いい意味での裏切り"、製作者が自分の予想の範疇を超えてくる行為を嫌う人もいて、そういう人にはオススメしない)

Portal2でもそうですけど、「これは製作者が想定していなかったルートだろう!!」みたいな考えって、基本、"浅はか"だよね 想定,用意された"逸脱するルート"だよね...という考えでプレイする"こなれた人"を捉えに来ている感じが良い。
Portalなりの先達が存在する前提でそれを踏まえて作られている。

2時間(丁度2時間で終わった)でクリアできる手軽さは良い
飽きる,疲れる前に終わる。

値段もあってそれなりにお勧めです。

---
オススメしない点としては、2時間で短いので、
walkthrough系動画...特に好きなyoutuberとかがこのゲームをプレイしてるようなケースでは、
自分でプレイするより人がプレイするのを見るほうがコンテンツとしては面白そう...なこと。
...うーん...人によってはそれはそれでどうかと思うかもしれないけど...

いうて実際自分で買っておきながらなんですけど、
こういうゲームはそうしたコンテンツとして消費されるのに非常に向いているように思うんですよね。
戦略や、操作面等のプレイヤに依存する部分が少なく、見た目のインパクトが大きく,コンテンツに占めるウェイトが高く
体験としてみんなで共有する場合の価値が高い感じ、とか。

短いゲーム(上手く短時間で纏められた良作)が、そういう問題()で売り上げが落ちたり、とかあったりすると、それはそれで悲しいな...




まぁそれはまた別の話ですけど。



おわり

雑記:DISCO ELYSIUM 購入 / 関連記事 / ゲームプレイ


https://store.steampowered.com/app/632470/Disco_Elysium/?l=japanese

TRPG的な内容でなおかつ日本語未対応 しかし話題作
という作品

アクション性無し、テキストベースな内容で物凄い分量の英語がありしかも内容がかなり難解
...ということで流石に見送りかな...って思ってたんですけど、
意を決してsteamのセールで購入しました(1/3まで20%引き)


■DISCO ELYSIUM 購入
購入...の決め手になった理由(steamでセールだった以外で) は、このあたり

■GOTY部門賞
GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】
https://www.gamespark.jp/article/2019/12/13/95430.html
Best Independent Game
Best Narrative
Best Role-Playing Game
の3部門で受賞してること
(加えて、Best Fresh Indie Developer ZA/UM(Disco Elysium) [受賞] も)

特にNarrativeで賞を取ってるってこと、が大きいです。
(blogにもちょくちょく書いていますが、"そういうゲーム"が好きです)
絶対、俺好きやろ、気に入るに決まってるやろ...っていう。

■2010年代のベストゲーム
The 10 Best Video Games of the 2010s
https://time.com/5752663/best-video-games-2010s-decade/
タイム誌が2010年代最高のビデオゲーム10本を発表。『GTA』『ゼルダ』『Fortnite』など文化的、商業的に重要なゲームが挙げられる
https://news.denfaminicogamer.jp/news/191220g
minecraftやfortnite等の"席巻した,時代を作った,時代を作っている" ゲーム、BotWら"凄い" ゲーム
に並んで、"DISCO ELYSIUM"の名前が挙がってる。ということ
...マジで!? 流石にBotW級のRPGって凄くない???? やりたくなるでしょ。やらなくちゃ!!って思うでしょ。
(勿論、厳密に同じベクトルで評価してそういう結果、というわけではないけど>BotW級)

■翻訳はされなそう
これだけ話題でも翻訳はされなそう...よっぽどのことが無い限り...と思われること
また、Indieゲーでいうと、switch版が出る...つまりはゲームの内容的にswitch版が出うるか否か?
というのは日本語対応の有無の分かりやすい指標になる...と考えています。
(switch版が出るタイミングで、それに合わせてPCでも日本語対応 という流れが非常に多い)
つまり、switch版が出なそう(内容的に)というのは、翻訳されなそうと考える要因として大。


■関連記事
はみ出し刑事のおっさんが物理全振りで挑む!ハードボイルドオープンワールドRPG『Disco Elysium』プレイレポート【デジボで遊ぼ!】
https://www.gamespark.jp/article/2019/10/23/94045.html


■ゲームプレイ
TRPGだ、ちょっとヤバい中年刑事が主人公だ
っていう諸々がゲームの内容として面白い。

先述のtweet、以下storeの紹介文(赤線)にあるように、自分の中にある考えが独立して自分に干渉なり提案なりしてくる
000

たとえば序盤のシーン
脳筋キャラ(キャラメイクする)が頑張って「魅力的だね」みたいな感じで誉めようとした(そういう発言しちゃうことの良し悪しは別として)
ら、ちょっとチャレンジングなダイスロールに挑戦させられて
(一応、しないという選択肢はあったはあったのだけれども...)
まぁやってみるか....で、そのチャレンジングなダイスロールに失敗すると
択一で無茶言わされる...とかあるw
000(クリック拡大)
酷いw

そしてこのゲーム、これに限らず頭おかしい選択肢がちょくちょくぶち込んでくるのだけど、
私の英語力の問題もあって、毎回、
これはもしかしてガチなのか?ネタなのか?それとも俺の誤読か?ってなるw
煽ってるのか皮肉なのか本気なのか みたいなのもある。

疲れるw

雑記:DDLC



公式 https://ddlc.moe/
steamのストア https://store.steampowered.com/app/698780/Doki_Doki_Literature_Club/
非公式日本語化パッチ https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1296040205
何も知らない人はここだけ読んでストアからダウンロード(無料)して
日本語化パッチだけあててプレイする(所要4時間(:私の場合))のを推奨

続きを読む
steam gamer tag
PSN gamer tag

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ