未来永劫初心者日記

日記です。ゲーム好き。 masamasa/masam/Lava/oniku/onick/rokkaku あたりの名前でよくゲームしてます。
Battlenet:masamasa#1286 steam:http://steamcommunity.com/id/masamasa twitter:https://twitter.com/masamasa_42

2016年02月

Ingress:Lv16

仕方がないっちゃしかたがないのですが、
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52137748.html
Ingressの画面がないのはどうかとおもいますねw

さておき昨日(2016/02/28)
少なからぬ人と時を同じくしてLv16になりました。
やっと!!っすよ。やっと!!!!
004005
Ingress:Lv16...にはまだなれていない
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52134755.html
はぁ、遠かった。

どうでもいいですけど、へんに切りが悪いところで終わるよりかはマシなので、明日明後日はagent活動を自粛して、
ソジャーナを360できろうかなぁ、とか考えています。
もしくは365で。

Ingress Anomaly Obsidian Satelite 浜松 行ってきました。

昨日は浜松行ってきました。
日帰りで。

参考:
Ingress:浜松 ルール
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52136738.html

いやー浜松大変なことになってましたわw
001002
で、
初めてこのMissionを受けようと思ったし、
初めてこのMissionをクリアできました...。
2490てw
(ずーっとpickupして、そろそろどれくらいだろう...?って思って1000とかそういう感じですからね...)

冗談はさておきIngressですよ。
徒歩参戦なので、疲れる疲れる言いながら坂を登って浜松城へ...。
仙台の時もそうだったんですが、こういう、歴史のある海岸沿いの地方都市って、
歴史がある=城がある
城がある=山がち
で、城下町(陸の街道)と港町(海の街道)が都市圏を作って発展してきた
...ってのが一般的(よくある話)なので、どうしても坂まみれなんですよね...。

...すいません。仙台の話は

の知識です...。

さておき(詳しいことは言えませんが)ENL勝利おめでとうございます。
お疲れ様でした。

そういやパッケージ、RAREを買ったんですが、
VERY RAREの中身見ると、VERY RARE買っとけばよかったなぁ..とか思ってしまいました。
まぁわざわざ現地まで行ったんだし、とかね。
(あのメダル欲しい)

終わった後も(リアル)クリックゲー
003
こう、傘が開かれるとその遠いところにもCrateが発生するのって、支援物資の投下失敗 みたいな演出なんですかね?

0031
で、得た資金を元にHQを5に!!
...遠かった...

映画オデッセイ,小説火星の人 関連

001
良記事紹介

映画「オデッセイ」は原作ファンから観ても傑作か
http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20160223/E1456155629429.html
本筋じゃない部分のネタバレ(主に小説版の)
してますが、結構な良記事です。
こういう部分が好きな人はまぁほんと小説版読んでおくのオススメ
という感じです。

「みてみて!! おっぱいー!!」の部分のシーン、
映画ではちゃんとそのシーンがあったにも関わらず
そのフレーズだけ削除(画面に出てこなかった)されてたんですけど、やっぱ、その「一単語だけ」ですら、
なにかしらレーティング的に影響があったり...とかなんですかね?

町山智浩 映画『オデッセイ』を語る
http://miyearnzzlabo.com/archives/30854
時期的には随分前の記事(書き起こし)ですが、
映画劇中のディスコサウンズについてreferしやすい形で絡めて紹介されています。
これも良記事。

アメリカで受けているのは、やはり作中にみられる開拓者精神的な部分の影響が大きいんじゃないですかね?
そんな感じがします。

HotS:MMR3000以下のHowToWin QM

001
低MMRな野良Playerなりに
私はこう考えています。

■MMR-2000のゲームは加点法
ルールを理解している人の方が少ないので、うまい人がいるチームが勝つ。
勝者を決めるゲーム
■ MMR2000-3000のゲームは減点法
数を数えられないヤツ等のカモを殺しまくるゲーム。へたな人がいるチームが負ける。
敗者を決めるゲーム

(参考までに)
■ MMR3000-のゲーム...についてはよくわからないです。
多分、構成で、勝者を決めるゲームになったり、敗者を決めるゲームになる...のかな?...まずは戦略ありきで。つまり加点法と減点法両方
全体のバランスが評価されるゲーム
...かな?...うん...多分。

で、未だにMMR2500-3000をうろついている私が、負けるとき視点で(敗者を決めるゲームなので)、HowToWinを書いていこうと思います。
(...一応、「未だにMMR2000-3000」と書いているようにジョーク前提な記事です...勝てるようになるとは言えません...。)

余談ですが、
勝者を決めるゲームでは、勝ち方を学ぶ(上手い人のプレイから, セットプレイの練習で)
敗者を決めるゲームでは、(自分の)負け試合から敗因を考えて改善する
のが上達の近道だと思います。
ほんとセットプレイ練習して強くなるの、簡単に練習結果が実感できていいですよね。

---
■Q 味方のGraymaneが突撃しまくって大フィードした上"no help. gg"とかのたまいます。どうすれば良いでしょうか。
■A 解決案
ゲーム始めたころ、MMR2000にいっぱいいたillidanのように、状況を見ずに突っ込むgreyがQMには信じられないくらいものすごく多量に存在します。
■案1 突っ込むのを止めてもらう:話し合う
味方のGraymaneが凄く馬鹿:諦める
味方のGraymaneがちょっと馬鹿(言葉が通じる):話し合えばわかります。
大変ですね。
■案2 突っ込むのを助ける
Noob cant follow us. We should follow and support noob. This is team play.
これです。時々使います。
ちなみにこれを発言する場合には、誰かが失敗する前に言っておく必要があります。
なぜならNoobのプライドは高いので、失敗したあとにそう発言すると、trollプレイを始めることが多々あるから、です。
誰がnoobなのか名指ししないのは、結構重要なことだと思います。
...まぁ、といってもハーメルンの笛吹きよろしく、どれだけfollowしたとしても、
その上をいく滅茶苦茶なinitiate、tower dive、chaseでnoobはゲームを壊してくれるんですけど...
■案3 greymaneが死なないようにする
極論、これです。どうするの?って、すごく良い解決案があります。
「自分がgreymaneを使う」
今まで難解提唱したことか、
「Novaがfree heroの週はNovaを使うと勝ちまくれる」戦法です。
味方にfeedするgrey使いが減り、
相手にはfeedするgrey使いが存在する可能性が残っている
というこれ!!

■Q MurkyやLVがLi-Ming相手に蒸発します。
■A Li-Mingを使って相手を蒸発させましょう。
...(問題を解決していない)冗談はさておき、最近変更されたMatchUpのルールに、
QMでチームを作られる際、Abather, Murky, LV, Cho-gallの複数が同一チームになることはないようになりました。
ということは、AbatherやCho-gallを使うと、MurkyやLVが味方になることはない
=Li-Ming相手に蒸発する仲間と組む機会が減る ということです。

greymaneの例とは違って、自分でMurkyやLVを使うのは解決にならない為
MurkyやLVが自分のチームにいるのは我慢ならないという場合の数少ない選択肢なんじゃないでしょうか。(QMでプレイすること前提で)
圧倒的に低MMRの下位QMで猛威を振るっていそうなLi-Mingに対抗するためのひとつの考え方..としてアリではないですかね?
(確認してないですけど)AbatherやCho-gallの勝率も最近は上がってるんじゃね?とか思ってます。
(Chogallはそもそも最近上がってましたけど。)

なんか、これ
All the places you'll go; all the ways that you'll throw -- A picture-book guide to throwing your games.
https://www.reddit.com/r/heroesofthestorm/comments/3z6qv3/all_the_places_youll_go_all_the_ways_that_youll/
HotS:良記事との出会いには、時にその記事が言及しているゲーム自体の楽しさを上回る楽しさがある。
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/cat_50029267.html
をベースになんでも書けそうですね...

blogに関してちょっと考えたり思い出したり

こう、Twitterからやりとり引っ張ってきて1エントリ稼ぐのは
それはそれでどうなの?他の投稿と同じような密度なの?
という話はあるけど、
まぁなんとなく変化球で。

■そりゃぁ一般論として「わざわざ」blog書いているんだから見てくれる人が多いに越したことはないだろう、と
こういうの、あまり他の人のblogと比較しないからどうなのかが全然わからない。
勿論有名な人を検索すると100とかそういうレベルじゃないのは当然で、
アクセス数を考えるならそもそも日記みたいな事じゃなくて
・毎回ちゃんとした記事にする とか
・閲覧してくれる固定客を大事にする/固定客とコミュニケーションを取るようにする とか
・いっそのことニコ動なり実況なりするべき
なんだろうけど寧ろ
・ジャンルを変えるべき
とかかも知れない とか思う。
まぁ全部ひっくるめて、結局のところ自分で参照する備忘録的な運用なので、気にするのを辞めた に近い。

「気にしてないから!!」って言ってしまえば
・アクセスの低さも気にならないし、
・アクセス数を増やすための努力をしていないことの言い訳にもなるし
・なにより本当に気にせずに済むし、
ということで、割りといいことの方が多いと思う。
(blogのアクセス解析なんか、数ヶ月に1回みるくらいでいい。もしくは全く見ない)
実際、知り合いに見てもらったり、自分でメモ用として確認する分にはそれで全然問題無いしね。
それを気に病む人(気にしないとは言ったけど、アクセスしょぼいのが気になることをやめられない人)は、まぁ、
なんらかの努力(前述の「ジャンル絞って更新頻度上げてどっかで軽く炎上して2chで自演する」)が必要なのかな
みたいな話。

あ、でも、
・更新タイミングを統一したい
とかは思ってる。
・1日1回は更新
はやろうとしてる。
習慣的な話。

---
■アクセス数について
さておき、増えたり減ったりはしてます

ということで一時期今の3倍以上のアクセスがありました。
だもんで、それ以前は
「日本語化するとそれなりに人増えるんだろうなぁ」
くらいだったのに、
「日本語化するとめちゃ人増えるわ。すげぇ!!!」
って思うように。
あと、世の中には本当に、英語だから嫌 って人が結構な量いるんだな....(恥ずかしいから?か)言わないだけで
ってのと
LoL日本語化おっそwww
LoL日本語化ベータ鯖の民度とその晒しpost wwwww
とかは思うようになりましたね。
人が増えるとアレな人が起こす極端な例の絶対数が増える(アレな人の割合は変わらないとしても)ということで、
日本語化の威力をいろんな方向から実感しています。

まぁWoWであんなに日本人居なかったのに、同じスクリプト攻略型のFF14が人気なのあたりから、
言語対応の有無でのゲームに対する接され方の違いを、多少なり感じたりはしてはいましたし、
英語にそんなに煩わしさを感じるのかな?(受験で英語勉強したりしなかったの?)とか、
ゲームやりたさより煩わしさが勝つ人も多いんだなぁとか、いろいろありますけど...。

ちなみにHSに関して言えば、知られた話ですが
日本語化対応後に日本語のHS関連のwikiがアクセス過多でダウンしてたりとかそういう話もありますね。

---
■アクセスターゲット
このblogに飛んで来る人、一時期はmtg関連ばかり(特にEDH関連は、思った以上にアクセスがあって驚いた)だったんですが、
その次はリアル脱出ゲームのネタバレ関連のアクセスが激増した時期もありました。
ネタバレ解禁されているゲーム以外については書いたりしてないですが、未だにそれ関連のアクセスがあります。
備忘録的なこういう記事(http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/51955301.html#more)は自分でも好きなので
そういう記事にアクセスがあると嬉しいですね。
そしてその後はHearthstone関連です。
最近はHotSについてか穴埋めpostばかりですが、それでもHearthstone関連のアクセスが多いので
まぁそういうことなんだなぁとかは思います。
(HotS本当に楽しいし、LoLやDota2よりオススメなんですけどねぇ。ほんと日本語化が必要なのか!?)
まぁHSについては、単純にゲームが面白いですしね。(普通の感想)
(あと、炎上要素に満ちているから とかはあるかもしれない。実際本当にw)

ちなみにmtg関連のpost以前はROやWoWとかに関してのpostが多かったのですが
それ関連のアクセスは全然でした。
WoWなんて、同じguildの人で、見てるよ!!って人の人数を足してUUと比較すると...みたいな事すらあったり...

映画感想 オデッセイ

001
http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

小説感想 火星の人
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52136880.html

ということで、映画見てきました。

前情報としては、
・原作と違う部分が結構ある
・一部原作ファンは映画の内容に批判的
・原作を読んでから見に行ったほうが良いという(一部の)意見アリ
(e.g. あとのことは知らんよ「オデッセイ」火星のことも知らんよ | 江波光則映画レビュー | 江波光則 | cakes(ケイクス)
https://cakes.mu/posts/12179 (微ネタバレ有り))
を踏まえて、見てきました。
感想を書きます。

映画,小説の軽いネタバレ含みます。続きを読む

Hearthstone:亜種デッキに含まれる意図の量は、一般的なデッキのソレより比較的多い

以前に書いていたのだが、
Hearthstone:日記/週記
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52134494.html
002
SecretPaladinをちょっとイジってこういうDeckを作成、
Daily消化に使っていた。

イジった(改良した ではない) その方向性としては、
盤面を取りやすく、テンポ負けせず、特定のカードでアドも取る と。
その結果、
 有利だった相手により強く (よりマウントが取りやすく)
 タメだった相手にちょい有利に (盤面の取り合いに強いカード増量)
 不利だった相手により不利に (キレイに裁かれると、息切れしつつ(相手も手札を使っているので)手札の補充もままならない)
という感じ。

Daily消化用というのは、不利なDeckに当たった場合に即投了とする(完全に割り切る)ことで、
時間あたりの回転数と勝ち数を最大化できると考えた調整の為。
(勝率を最大化、ではない)

ちなみに、こういうマナ域が上と下に分かれているDeckは、相手がミスったり事故ったりした場合に勝てて、
都合の良いドローの時にも勝てる、という2段構えなのがいい所。(mtgなんかでもそういう構築があった。勿論それを「絶対に嫌!!」って嫌う人も居た)
大会向きではないけど、用途を考えれば全然それで問題ないしね。

で、それはさておき、ふとTwitterで見かけた、HS Read2Winさん紹介の「アグロパラディン」
が、似たカードを採用...例えばDivine Favor(ちなみにDivine Favor自体は、登場直後からよく見たカードではあります。)
していて、このカード選択はちょっと参考になるかな...と思ったので見てみた。
(あくまで私のはSecretPaladinの亜種で、この紹介されてたDeckはAggroPaladin)
(DeckListはリンク先で見てください。)

...でまぁ結論から言うと、
ミスチャレ2枚 シクレ7枚 4剣1枚 2/2/2Protectorの合計11枚が抜け
1/1/3, 1/2/1*3枚 シュレッダー*2 番人*2 Lotheb, Boom, 蜘蛛2体目の合計11枚が追加されてた。
(11枚も違えば、まぁ完全に違うDeckではあるんだけどw)
実際、ミスチャレやシクレは相手の反撃に蓋をする用途,テンポ取りの用途なのでいいとして
4剣を抜くのや、1/1/3採用,1/2/1 Charge採用はアリかな...という感じ。(というか忘れてた)
また、番人は一時期採用して、結果抜いたんだけど、そのあたりを採用する場合は再検討も良いかも、と。
ミスチャレもいっそのこと1枚にしてもいいかなぁとすら思うようになってきた。
またそうなってくると、MadScientistの採用もちょっとだけ健闘したい。
本気かよ!?とかいう事例なのかもしれないけど...まぁ無くもないでしょ。

今後の調整はさておき、私が採用していたカードについて言えば
・ミスチャレ2枚 シクレ7枚:まぁシクレパラなので...というのは冗談で、やはりテンポとアドバンテージの塊だから。
・4剣1枚:実のところ、本体を殴る用途なのもある。あとタフ4を殺したい時。
・2/2/2Protector:盤面を取るのに強いから。何の事はない、DivineShieldはテンポ効果の大きい能力だから。
1枚なのは2枚引いて使えない盤面を迎えるデメリットを回避する為。
なあたり。
ある意味こういう「色々と見切ってる」Deckでの調整は意味が薄いかもしれないけど、
そうして意図を確認した上で、変えていくのは楽しいし面白い。良いかもしれない...なんて考えながら調整するのは。

DUELYST Link memo


公式 https://duelyst.com/
steam http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=237188187
kickstarter https://www.kickstarter.com/projects/keithlee/duelyst/comments
wiki http://duelyst.gamepedia.com/Cards
wiki日本語 http://wiki.duelyst.jp/

Squad Builder http://duelystdb.com/

■記事
Faction Overview in Duelyst: Know Thy Enemy
http://forums.duelyst.com/t/faction-overview-in-duelyst-know-thy-enemy/13870
各種族について 入門記事

Deck Building Strategy Thread
http://forums.duelyst.com/t/deck-building-strategy-thread/3275
各種族について コアとなる非常によく使われるカード ポピュラーなデッキ

Guide
http://duelyst.gamepedia.com/Guides
各記事へのlink hub

Mini Guide : What card should I craft first!
http://forums.duelyst.com/t/mini-guide-what-card-should-i-craft-first/16783
オススメクラフトカード

■Duelyst blog 日本人player
http://lunashade.wpblog.jp/ Luna Side Base 一番手堅い感ある
http://alfort.hatenablog.com/archive/category/Duelyst 更新途絶

■2ch
Duelyst pixel.1
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/game/1445897478/
Duelyst Part2
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/game/1446304943/
Duelyst Part3
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/game/1446361804/
Duelyst part4
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/game/1446952990/
Duelyst Part5
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/game/1448453466/
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/game/1448453466/
Duelyst Part6
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/game/1450336222/

>basic deck
>https://i.gyazo.com/f4da7dea736f2ffae0c39dc4f78d2c44.png
>https://i.gyazo.com/d1ae5a422c2ca4cad0b53b0f36bcd1c8.png

>Ctrl+Shift+Fでウィンドウモード

>1 :名無しさんの野望:2015/11/01(日) 00:22:23.45 ID:3QO9AEI6
>DUELIYST(オープンβ)
>Counterplay Games Inc.によるのF2P対戦オンラインターンベースストラテジーゲーム。
>6種類の陣営から一つを選び多種多様なカードからデッキを構築するCG要素、加えて戦略シュミレーション要素を持ったゲームである。
>
>【公式】https://duelyst.com/
>【ブラウザ版】http://beta.duelyst.com/
>【フォーラム】http://forums.duelyst.com/
>【Youtube】https://www.youtube.com/user/PlayDuelyst
>【公式Wiki】http://duelyst.gamepedia.com/Duelyst_Wiki
>【日本語Wiki】http://wiki.duelyst.jp/
>【推奨スペック】http://forums.duelyst.com/t/desktop-client-early-preview/12238

>243 :名無しさんの野望:2015/10/28(水) 15:07:24.74 ID:ee03KxL5
>Gauntlet neutral minion Tier List Guide
>http://forums.duelyst.com/t/gauntlet-neutral-minion-tier-list-guide/15830
>| Magmar, Lyonar | > | Vanar | > | Songhai, Abyssian | > | Vetruvian |
>http://duelyst-forums.s3.amazonaws.com/86989d2072fb636a4c67db20f262d9f362fd68ab23a7.png

>2 :名無しさんの野望:2015/11/01(日) 00:29:07.54 ID:czM5JfoW
>Gauntlet neutral minion Tier List Guide
>http://forums.duelyst.com/t/gauntlet-neutral-minion-tier-list-guide/15830
>http://duelyst-forums.s3.amazonaws.com/86989d2072fb636a4c67db20f262d9f362fd68ab23a7.png

小説感想 火星の人


上下巻
ハヤカワ文庫 SFカテゴリで1位なんですな。
そりゃまぁそうか。

いまやっている映画「オデッセイ」原作の「火星の人」です。
読了しました。
いやー面白かった。
最後残り数ページ、「あぁ、読み終わってしまう...」って悲しくなるくらい。
内容的には、主人公のジョークを見習いたいなぁと思いましたw
あとはまぁ、みんな凄いな、と。

001
http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/
ちなみに、明日、映画版を見に行く予定です。
(実はインターステラー直後に映画の情報を知って、映画から入ったクチ。映画ティーザー→小説の順)
メディアは違いますが、インターステラー(映画)好きだった人にはかなりオススメ出来る小説すね。
いいSF!!
小説としては、
・終わるのを勿体無く思う
・後日談を読みたくなる
あたり満足感高くて、オススメの1作です。

話題としてはこういうのがチラホラ



邦画タイトルもそうだけど、今回権利買った国内配給会社の担当が、なにか手を加えないと気が済まない系の人だったのかな?と感じさせられる。

Hearthstone:TCGでDeckの相性問題を使ってドヤるのは王道プレイ/TCGプレイヤは言い訳を欲している

001
(外野がこういう事書くのはただ敵を作るだけなのでは?という話はさておき)

すげー今更ですが、
FreezeMageで(相性の悪い)AggroShamanに勝ったぜー
○○さん凄い!!(ドヤ!!!)
みたいなやり取り、TCGでスゲーよく見ます。
実際に相性が良いのか悪いのかは別として
・相性悪い相手に勝ったぜ=乗り手が強いぜ
と、乗り手の強さをアピールする為の手法ですね。
有名なのはコレっすね。
流石です

---
今回は別の話。
「相性わりー」「相性わりー」とブツブツつぶやいている人、
「地雷踏んだ」と言う人、TCG大会会場ではよく見ます。
TCGゲーマーの大多数は無闇にプライドが高いので、常に言い訳を欲しています。
(DTCGなHearthstoneとは違って、MTGでは直接対面するため、愚痴や言い訳が非常に良く聞こえてくる。)
(ゲームに負けた後、聞こえるように大声で言う人もいる。本当に。)
特にランダム要素は格好の責任転嫁ターゲットです。
例えばmtgがかなりレガシーなTCGながら今でも生存している理由の一つに、
土地"事故"があるから...なんじゃないか?とすら思っています。本気で。

TCGゲーマーがいかに言い訳を必要としているかは、
ゲーム終了後にデッキのトップを確認したり、
相手の運の良さ(相手のブン回りとか)に敗因を求める人の多さにも見て取れますね。
さておきそういった前言い訳にも似た言動は、
勿論負けたときの言い訳と同じように、精神的安寧を得るのにも有効な手段なので、
ゲームに負けてイライラする人には積極的に使われることをお勧めします。

なにがいいたいかというと、
・ドヤと別に前言い訳的な側面もあるよね。
・でもそれってTCGってことやん
です。

---
相性問題については、例えそれが嘘だろうとも
・本人が嘘だと思ってなければ問題ないので言いっぱなしNPですし
・一周回って嘘だとわかっていつつもポジショントークで確信犯的に相性が悪いと言っている可能性もあります。
(...真偽の検証コストが高ければ高いほど良いですね)
勿論
・実際に真実
なのかもしれません。
まぁぶっちゃけそのどれかなんて判別は難しいのですから、
「言ったもん勝ち」になっているので非常に感じ悪く受け止められてしまうんじゃないでしょうか?
...
というか少なくとも私にとってはそうですね。

ということで、発言者がどの程度その発言に責任を持っているかはわからないし
その程度のこと(TCGでオラついてる人はみんなやってるようなこと)なので、
気にしたら負け(無関心がベストチョイス)
むしろ気にするほうが悪いまである
...なんじゃないかなぁ、とw

適当な発言でまとめる手管

Ingress:浜松 ルール

IQTECH ANOMALY INTEL FOR FEBRUARY 27: HAMAMATSU
http://investigate.ingress.com/2016/02/16/iqtech-anomaly-intel-for-february-27-hamamatsu/
pdf(日本語)へのLink
http://investigate.ingress.com/wp-content/uploads/2016/02/02-27-Hamamatsu-Japanese.pdf
これは凄い...。

ほぼほぼ上級者専用 (チームで、HQの指令の元、統率をもってうごくような)
のゲームでもある
フラッシュシャードと、
通常の多くの人が参加しやすい
クラスタ戦
とのハイブリッドになっています。
大変だ...。

私は通常の方(お客さん的な方)での参加で =)

HELLDIVER

001
http://steamcommunity.com/app/394510/

Magickaの開発会社
Arrowhead Game Studios
https://en.wikipedia.org/wiki/Arrowhead_Game_Studios
開発の新作(2015/12)です。

2016-02-16_00002
正直な話をしましょう。
このゲーム、結構面白いです
...面白いですけど、結構ストレスフルです。

勿論、友人も集めず、野良でプレイしているから
なんでしょうけど、
コミュニケーションも取れずに、フレンドリーファイア(以下FF)の嵐の中にぶち込まれるのは、ほんとキツイ。

L4DのようなCOOPの面白さ(Objectiveがあって、チームで分担して生存と目的達成を目指す)
は勿論あるんですが、やっぱL4DにFFがあったらクソゲーでしょ
みたいな。
意図的FFに対しては罰則もあるっぽいんですが、
罰則されない方法もある(タレットを使う)し、
他のゲームでもあるように意図的トレインやられるともう駄目
(人が逃げ回るのを見て笑うような)
なので、正直、機能しているようには思えない...。

つまるところゲームを壊そうとする人が多すぎる...ってやつで、
どっかでハックされたとかで無料でキーでも配ってるのか?みたいな感じ。
そしてソロではちょっと色々厳しいバランス...という。

(つまるところ、こういうゲームが好きな友人 を多く抱えているなら、勿論アリでしょう。)

なので、
それでもいいし、それこそMagickaっぽい!!...みたいなMagickaフリークな人向け
...というのが感想の大部分を占めてます。

邪推ながら、これ、Sonyが金出してPSでもリリースされてるので、
(ハードを越えてマルチプレイできる...という前提ですが)
その界隈の"子供"が多いのかな?とすら思いますね。
ほんと邪推でしかないですけど。
(割合は別として、プレイヤが多い為、極端にアレな人の絶対数も多い という話)

...といいつつ調べてみたら、PC同士でしかマッチングされない模様...

---
どうでもいいですけど、こうして書いてるゲーム、
なんか2014年あたりのゲームがやけに多いのは、割引とかそういうアレです。
つまらないゲームだと3ヶ月〜半年で割引、1年たたずに大幅割引 とかありますけど
おもしろいゲームだと1年でそこそこ割引、レビューは高評価で埋まってる、みたいなのが多数なので...
(そしてそういうコスパが良く面白さ()がある程度保障されている「セール中の高評価ゲーム」ばかり手を付けてる)

まぁ最初に書いたように、(私だけでなく)
HELLDIVERはそんな高評価でもないし、
2014どころじゃなく新しいゲームですけどね...。
(つまるところ、想定したほどは売れてない?)

---
勿論、面白い!!って人もいます。(ググるとみつかる)
そして面白いって理由も実際凄くわかるんですよね...
難しい話です。
(概ね、プレイヤー(私自身)の所為)

HER STORY ネタバレ 考察 その5 Irreparable

やり始めたからにはやっぱ最後までやるべき...というのもありますよね。

前回迄

HER STORY
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52114172.html
HER STORY:今年一番オススメのゲーム
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52114463.html
HER STORY:探偵脳 統計トリック 用意された謎 ネタバレなし
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52114555.html
HER STORY:記事や、レビューのレビュー等
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52114676.html

HER STORY ネタバレ含む考察 その1 探偵脳起床
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52114840.html
HER STORY ネタバレ 考察 その2 物語概要
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52115316.html
HER STORY ネタバレ 考察 その3 動画確認 探偵脳は理由を求める
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52115616.html
HER STORY ネタバレ 考察 その4 探偵脳が起床する
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52128236.html
HER STORY ネタバレ 考察 その4.1 日本語版
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52136405.html

以下ネタバレ含む考察まとめ
3日目迄続きを読む

HER STORY ネタバレ 考察 その4.1 日本語版

とのこと。

これでかなり人に勧めやすくなりますね。

Pony Island

001
http://steamcommunity.com/app/405640/

クリアした。
(↑の画像はオープニング)

多くを語ることはないし
多くを語ることは出来ない

005
004
003

そう、かわいいポニーが出るゲームだ。
...
多くを語ることはないし
多くを語ることは出来ない
...
ので、良いレビューを勝手にちょっと引用しよう。
002

個人的な感想でいうと、
「圧倒的に好評」にものすごく同意
だ。
また、前情報は一切無いほうが良い。勿論、ゲームトレイラーも


以下、ちょっとネタバレ続きを読む

HotS:RehgarとLi-MingがHotTopicすぎる。

001
■rehgar
色々な人(HotSに関連してblog書いてる人(日本人/日本人以外含め))
が言及してますが、rehgar強すぎませんかね?
MMR2500↓だと、
 supportなのになぜかsoloでsplit push、
 supportなのに5VS5な状況でなぜか突進initiate、
 supportなのにTowerDiveして死
みたいな「お前はsupportというroleが分かってるのか?」みたいな人がいて
そういう人が使うrehgarの対処は容易なのですが
(それでも強い場合がある)
MMR2500〜3000の人がちょっと長所短所わかって運用するだけで
もうかなり対処しづらい強さがあります...
(MMR3000↑の人が使う場合はいわずもがな)
Q伸ばすbuildが無いに近い(弱い)ので、consはHeal力欠如
対面する場合、そのconsをうまく利用するしかないんでしょうけど、にしても...という強さ

■wiz
で、Wiz(Li-Ming)ですよ。
素で強い所為で、有象無象が使ってる風。
SkillCapが高いHeroにはなってるようで、ヘタなWizはほんと狩り易いです。
(それでもWizのことをちゃんと知らない人は、"ヘタなWiz"にすら狩られているのが現状)
で、上手いWizはほんとやばい。
とりあえず自分でもっと使っていけば、使われたときの対処もかなり上手くなるかなぁとは思います。
あ、Tabで相手のbuildをちゃんとみて(例えばLv20でslowを取ってるか?とか)おくのは、非常に重要っすね。
あと、死にそうな奴は帰れ とか(LoLでYi相手に瀕死で立ち回るクソ野郎のせいでpartyがWipeするような問題)
死にそうなヤツがいるのがTraitの点で、相手にとってかなりの利益になる
...ってことすらわからないような足手まといがいるMMR帯を早く脱しろよ
という話でもありますけど。

Iolliteさんのpostがcounter等について非常にわかりやすいです。
現状のHL確認
http://iolite8lp.blog.fc2.com/blog-entry-161.html

他にも面白い,凄い,役に立つ,便利,頭がいい ...みたいなHotS関連のblog書いてる人(日本人)をご存知の方いたら、
是非サイトを教えてください。コメント欄等で。

■最近
war:Tyrael
dps:Thrall
sup:Uther
あたりを練習中です。
Tyraelはpro用っぽさ(compがしっかりしたteamでの運用前提)あるけど、まぁとりあえずsoloで動きの勉強etc
Thrallは超初心者なので...やられて嫌だったことをやってみよう→うまくいかない みたいな段階
Utherはまだまだ下手なので。
使うと(俺みたいな初心者ですら)大体強いんですけど、
まぁ練習する余地が多く残ってるよなぁ...と感じます。

speciaistはZagara強すぎるし、次点でnazeeboがギリ、他は好きなのもいるけどメタ的に弱すぎる...って感じ。
前述2名についてはどっちもそれなりに使ってるので特に練習というほどでも...
しかしこのメタで未だにMurky使ってる人がいるのは面白いですねw 今はちょっとダメすぎでしょ...
Mageメタが進めば、Azmodanにワンチャンあったり...とかないすかね?
(burstに対して強い。安全圏からのpokeが強い。object前のmerc仕込みが容易。...とか)
QのCDが10sec→8secに!! みたいな強烈なBUFF来ないかなぁ...来ても困るけど

Super Time Force Ultra

001
http://steamcommunity.com/app/250700/

今更ですがsteamがLUNARセール中につき、
ここんとこいろいろ買ってます。

今回のこのゲーム(同、セール中)、略称はSTFU
...正式?な略称かはさておき、steamトレカ等ではそう略されて表示されています。
002
FAQやゲームで言うなら某LoLと同様、あきらかに"そっち"が先にありきの略称w
さておきベルトっぽいアクションゲームです。

まぁ詳しいこと(ゲームシステム等)はレビューなりなんなりを読んでもらうとして
例えば4gamer
インディーズゲームの小部屋:Room#348「Super Time Force Ultra」
http://www.4gamer.net/games/040/G004096/20140902105/
時間巻き戻し, パラレルワールドの自分と共闘する...というこのゲームのシステム以前に
こういうロックマンスタイルの武器切り替えベルトスクロールアクションが好きな人にとってはなかなかの面白いのでオススメです。

...あんま書くことないなw
内容については面白さを損なうので、やってもらって楽しむのがいいかと思います。
だもんで、まぁあとは特に私が好きなステージ 199Xについて
003
004
これ、やってもらって見て貰うのが早いですが、はい、MADMAX2,3...w
しかも最終エリアはまんまサンダードームやんけ!!!wって思いながらプレイしてました。
大胆すぎる直球パロ 映画まんまw (更に、飛行機は出ないけど、ジャイロキャプテンも出てきます)
更に仲間になるキャラがブーメラン使いの野生児だしwww

このステージに限らず全編通して色々と面白いので、オススメのゲームです。セール中だしね。

KINGDOM

001
http://steamcommunity.com/app/368230/

見た目面白そうだったので、買ってみた。
なかなか面白い。

とりあえずは何も見ずにプレイするのが良いと思う。
手さぐり楽しい。

で、何回か死んで(2時間)、
・次はこうやろう

・あれはなんだったんだ?
がいくつか残ったので
検索してみた。
....Resources程じゃないけど、すげぇ検索しづらいタイトルだ...
Kingdom game wiki
http://www.ign.com/wikis/kingdom
とりあえず結構面白いです。
値段相応にオススメ。(現在、steamでセール中)

以下微ネタバレ
(初回プレイのてさぐり感を損ないます)続きを読む

Overwatch やるとは言ったが時間を指定してはいない。

いわんや2016年とも。

再掲
Overwatch 2/9
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52135408.html

...まぁ2016年の2/9とは言ってない...は冗談として、さて、いつからですかね?

モンスターハンタークロス:装飾品外し

postし忘れてたヤツ
---
個人的な話ですが
以前のシリーズ(例:4G)では、装備セットを登録する際、
・テンプレA
・テンプレAの装飾品を外したもの
という装備セットを組で登録するようにしていました。
というのも、複数の装備で特定の装飾品を兼用して使用している場合、
装備セットの付け替えを行った際に特定の装飾品が不足していると表示され
ちゃんと装備の付け替えができなかったからなんです。
(前の装備に装飾品が入ったままになっている)
なので今迄装備を付け替える時には、Aセット→Aの装飾品外しセット→Bセット とワンクッション置いて行っていました。
(...まぁ手作業でもいいんですけどw)
特にこれは笛使いあるある(笛の装飾品を使う機会が多い為、使いまわす機会も勿論多い)な感じです。
(...なもので、これ、横着する為に、笛装飾品を大目に作る人がいたりもしました。1個で+2で、+10で上限なんですが、10個15個と。
素材余る人は余るでしょうし、1回作ってしまえば手間もなくなりますしね。)

で、MHX
002
[Yボタンですべての装飾品を解除します]
これですよ。
oh..素晴らしい!!
モンスターハンタークロスはただただ色々な箇所が改善されている
とファーストインプレッションで感じたしそう書いていたんですが、
(今更気づいた)これも、そういった改善箇所の一つですね。

小説感想 恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-

買って積んでた新装版を読んだ。



正直、そんなに面白くなかった...。
というのも、パープルヘイズのスタンド能力が工夫しにくくて、敵味方とうまく絡むことが出来てなかったから...
ちょっとフーゴさんのこのスタンド、応用効かなすぎだよやっぱり...
回数制限とか日光の殺菌とかそこらへんを無理やりからめるしかないんだけどさぁ...。

まぁ中身としては
・本編(漫画)では描写されなかった関係性がフーゴ視点で描かれる点 (ナランチャやアバッキオ登場シーンの心理描写や補足等)
・4部5部登場キャラと新規キャラとの裏での因縁が数多く出てくる点 (なんとあいつと兄弟!!とか)
・敵の強さの演出に、「4部の強敵をあっさり倒す」という点 (あぁいたいた!!こんな敵w みたいな)
・挿絵, コミックと同様のスタンド能力紹介
なんかは、たしかによかった。
特に1個目、「漫画で読んだあのシーンのフーゴの心理は?なんであぁいうことをしたのか?」といった内面の描写は
同人作品的な楽しみがあって、非常にファン向け作品という感じ。
...とはいえこのストーリーは凡庸...でもまぁこれが上遠野浩平らしい ってことなのかなぁ...?
読み終わって、まぁこんなもんか...なんて思ってしまった。

ちなみにWikipediaによると
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%81%AE%E5%A5%87%E5%A6%99%E3%81%AA%E5%86%92%E9%99%BA)
JOJOの小説は今迄6冊出ている。
有名(個人的な意見)なのは3冊目以降で、どれも著名な作家(JOJOファンでもない人が作家名で買ったりするような)
企画意図として、JOJOってすごく面白い、で、そういう小説家を知っている人,小説家のファンにJOJOを知ってもらう為...なのかな?
と、そう当時は思っていた...けど、実際のところはJOJOファン向けになってるものばかりだった。勿論大歓迎ですけどね。
 『“The Book”jojo's bizarre adventure 4th another day』乙一、2007年
 『恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-』上遠野浩平、2011年
 『JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN』西尾維新、2011年
 『JORGE JOESTAR』舞城王太郎、2012年

個人的な感想、
TheBookは非常に良かった。
西尾維新のは悪評ばっかり聞く。
今、舞城王太郎のを読み始めたんだけど、舞城王太郎臭が強すぎて笑えるw
舞城王太郎もそもそもすきなので、かなりおもしろい。楽しめて読んでる。こればかりはJOJOファン向けとは言えないよなぁな内容。

Overwatch 2/9

手短に

Overwatch Closed Beta Back in Action February 9
http://www.overpwn.com/news/126-overwatch-closed-beta-back-in-action-february-9

>Overwatch Beta Returns February 9th
Asiaでも開始!! とのこと (Asiaが2/9からとは言ってない)

楽しみ。

(書くことがない)

Hearthstone:Year of the Kraken. 次にくるのはCardSet?...だよね

001

先日、次の拡張はUlduarがテーマだ!!
Hearthstone:Year of the Kraken
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52135319.html

と書いて、ふと気づいたのですが、
次に来るのは順番的にカードセットですよね...。

それぞれの拡張はこう
Naxx:Adventure →ローテアウト
GVG:CardSet →ローテアウト
BRM:Adventure →次のタイミングでローテアウト
GT:CardSet →次のタイミングでローテアウト
LoE:Adventure
???:CardSet


と考えると、
???はLoEと1セットとなる。...というかそうしてあげないとLoEが浮いてしまう。
...と考えると、LoE+???で、Year of the Kraken というセット/テーマ/拡張 という扱いなのかな...?
LoE:Adventure →Year of the Kraken →次の次のタイミングでローテーションアウト
???:CardSet →Year of the Kraken →次の次のタイミングでローテーションアウト


...どっかに詳しい説明ないかな?
もしかしたらローテーションでのセットの区切りとか無視したネーミング かもしれないけど...。

---
余談
Kraken繋がりで、North Sea Kraken
こいつもUlduarの近くでみられるMobすね。(Questは3.2から)
(ゲロを吐く。ゲロ=4点)
Kraken自体が、Ulduar(を含む拡張WotLK)のテーマとなっている北欧神話関連の怪物なだけ...って話ではありますけど。

Hearthstone:カードセットローテーションと、旧カード使用可能フォーマットに関して

001

カードセットのローテーション、MTG等他のTCGでは非常に上手くいってるとおもいます。
効果/メリットとしてこんな感じ。
・新規プレイヤーが参入しやすくなる
・古いカードが存在するせいで、新しいカードを使って貰いにくいという問題を回避 / 新しいカードの販促
・強力すぎる相互効果を排除 / 環境を回す
強さのバランス取り等に役立ちますし、新しいカードを使って貰うのにも非常に効果的です。
2点目は、ローテーションがないTCGで強さがインフレし続けて行っている結果、どうなってしまってるか?
...を参照にしてもらえればわかりやすいですね。
3点目は、異常な効果のカードを追加しやすくなる、という点が第一で、
 次に副次的に、多くのカードが使える環境の多様性が増す,夢のコンボができるようになる というメリットがあります。
制限がある方が燃える的な面も。

で、私見ですが、そういう視点で見たとき、Hearthstoneについて
ゲームとしてはかなり良い(楽しくなる)と思うのですが、
単純にこのままのやりかただと古いフォーマットをあえてプレイする人は、かなり少なくなるんじゃないかなと思います。

比較の為、おなじTCGであるMTGではどうなっているかというと、
・大前提として、公式が賞金を供出する大会が開かれている
・Standardというフォーマットでの大会はごく一部
・HSでのArenaに相当するSealedやDraft形式での大会や、Wildに相当する形式での大会が開かれている
古いカードの価値を認めた上でゲームの多様性を保証するように、と、
(これはゲームの寿命という観点で非常に重要)
Standard以外の遊び方という余地を残す為の努力が公式からなされています。
MTGには、Standardをやらない人がいる...なんてのは、ちょっとそっち方向に尽力しすぎなのかも?とは思わなくもないですが。

正直、この他TCGの取り組みの1点目、HSはやれてないと思います。
(超一部のプレイヤーだけ参加できる大会は、大会として「観客」こそ歓迎していても
 「プレイヤー」には供しないという考えです。実にe-sports的(プレイヤーよりファンが欲されている)ではありますが。)
なので、その点はちょっとまずい/うまくいかないかな、と。
なにも必ずしもお手本にして追従しろという訳では無いですが、少なくとも何かしらの枠組みか、ご褒美が必要そうですね。
...というかまぁ、ということは必要であると考えられれば、そういう仕組みがそのうち作られるんじゃないかな?と睨んでます。

既にMOというお手本(ミニトーナメントが数多く開催されている)が、分かり易く存在してしまってますから、
まぁ手本がある以上、それなりに上手くはいくでしょうし。

別な話、
個人的には、ローテーション大賛成です。

Hearthstone:Year of the Kraken

新しい話題は楽しいですね。
ローテーション等今後の展開についても楽しいですが、ひとまずYear of the Krakenについて

>What is the Year of the Kraken?
>The Year of the Kraken is a thematic way to refer to the first year of Standard format play. Next year, when the first new Expansion of the year is released, a new Hearthstone year will begin, Standard format will be updated, and a different mythical beast will symbolize the year!

>mythical beast will symbolize the year
ということで、拡張セットシリーズの名前(このあたりはMTG等を参考)であって、
そのカードセットのモチーフとするところの名前じゃないようです。

で、これが絵

https://bnetcmsus-a.akamaihd.net/cms/gallery/BKGAKS5DDZU11454386172857.jpg
...といいつつイカの絵やんけ!!と思ったのはさておき、
この絵から想像するのは、WotLKのこのインスタンス

Ulduar
http://wowwiki.wikia.com/wiki/Ulduar_(instance)

ラスボス(Yogg-Saron)がタコ
(...イカじゃないんだな...)(詳しくはリンク先参照 後ろの方に触手が見えます。)

おまけの隠しボス(Algalon the Observer)が星座です。

このRaid、北欧神話とクトゥルフ神話(とノーム)がベースで、スクリプトも凝っていて、非常に面白かったです。
(ラスボスのYogg-Saronは「見ると狂う」というまさにあの神)
ということでズバリ次期拡張のテーマはUlduar!!と思います。
(機械っぽいモチーフも画像の背景に出てますね。)

正式発表が待ち遠しいですね。
ちなみに既に何匹かhearthstoneにも登場してしまってますが、こいつらがボス
The Ulduar bosses
http://vignette4.wikia.nocookie.net/wowwiki/images/1/19/Ulduar_bosses.jpg/revision/latest?cb=20100116095232
LeviathanやらTronやらMaidenやら、いろいろ既に出てきてますね。
Wing自体は4+αあるのですが、AdventureModeとしても問題なさそう(各Wingに未登場のBOSSが十分量残ってる)

Resources:色々

穴の効率
https://plus.google.com/111288853761247711238/posts/XpdpUxVBzz7
一部資源はホント酷い。
泥,石灰,鉄,石炭あたりの優秀さ凄い。

TecCenterの効果範囲,威力変遷
https://plus.google.com/+Scarmsk/posts/e9faEGm1TM9
やっぱLv7くらいにしたいすね...
にしてもScanCost高いなぁ。

その他のLinkはこっち参照
Resources:ボラティリティ/Link memo
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52133614.html

Resourcesはじめてちょっと(Lv10ないくらい)の時にLeadersBoardでRankを見て、
rankが10000くらい←全世界で10000人しかこのゲームやってない?
日本国内に絞るとrankが300くらい←日本にいるプレイヤー数は300人くらい?
って思ったんですが、実際、それくらいプレイヤ数少なそうで、結果Resourcesの情報も少ないですね。
(当時のレベル(Lv10?)未満の人は勘定されていないため、それぞれもう少し多い)
現在(後述)それなりに成長が鈍化してきたので、まったりやるようにしていこうと思います。

現在こんな感じ。
001
無いものは掘れない を地で行ってる感じ。

Hearthstone:日記/週記

■01/25(月)
001

うーん、これで。
002
Uldaman抜いた。
ArgentProtectorは盤面の取り合いをしている時に強いので、やむを得ず入れている。
Paladinはほんとカードが全部強いよなぁ...って思う。
多分どう組んでも強い。「あのカードが入らないなんて」がいくらでもある。
1度盤面をとられるとDeckに1枚の床ドンでしか返せないけど、そうならないように1マナから頑張るDeck
ZombieChowが出てきた場合には即投了するのが時間効率良くてオススメ。(本気で)

○ Paladin Secret 後攻 盤面取って勝ち。下に寄せてるからね。
○ Paladin Secret 後攻 こんな場になって勝ち。
 相手のJuggler→マスバトの動きで壊滅した返しに床ドン持ってたので助かった。たまたま。
003
Palで2勝してDailyが終わったので終わり。

■01/26(火)
001
真逆...
× Paladin 後攻 Zoo こっちちょい有利の完全に平たい場から、Shadowflame打たれて負け...
002
○ Warrior 先行 多分Patron クソみたいなリーサル
003
こっち1/1DS Jugglerという展開に、相手、2T目に2/1/3を温存してくれたお陰(後で左のほうから出てきた)で、3マナ5Draw出来、勝利。

○ Shaman 後攻 Control Faceだと思ってそれ用のマリガンしたけどControlだった。
まぁ月末にFaceがこのRankにはいないよな...みたいな読みはある。

2勝が終わったので終わり。

■01/27(水)
001
画像増やすと見づらいな...
RogueでArenaの続き(現3-0)
○ Paladin 先行 序盤の展開が遅かったが、相手のハンドが除去まみれだったっぽく、慎重に展開して相手の大物をAssasinate*2して勝利
○ Rogue 後攻 悩んで1T目にmec warperを出した(handに先生とharvest golem)ら、2/2/4が出てきて余り美味しくないもgolem展開できていい感じ。互いに除去が多く消耗戦。シュレッダーが強くてなんとか勝利。
最終ターンのダメ押しskulker...こいつほんとArenaでヤバイ...。
002

■01/28(木)
BrawlをRogueで
Deckはコレ
http://www.hearthpwn.com/decks/421213-just-a-little-miracle
× Rogue 先行Alexスタート、相手1TにQuestingAdventurer→Coin→Argusで4/4 即投了
× Paladin 後攻 相手Tilion→StormWindChampion+Ragnaros 投了
...おっ、何だこのゲームw
○ Rogue 先行Alexスタート、Pillagerでコイン2枚手に入れた返しでoracleにパンダとstepで6枚引かれ4枚燃えるも殴り勝ち
Rogue3勝が終わったので終わり

■01/29(金)
Arena5-0の続き。
Dailyが5コスト以上、minion40破壊、本体100点なので雑に
○ Warlock 後攻 相手がLeperGnome→ヒロパという動き。コインを温存して2Tヒロパ3Tシュレッダー 息切れしないでクロックかけて勝ち
○ Paladin 後攻 1TFaerieDragon展開、相手初動2T目ヒロパ こっちヒロパ、相手3T目Acolyte...こっちSensei
で、相手4T目TideHunterとヒロパ こっちシュレッダーだしてstub,Dragon,ヒロパ残りで盤面整理。4T相手MecYeti+Secret ゲッダンとRedemption警戒してやっぱゲッダンで盤面完全制圧しててそのまま勝利。多分事故ってたんだろう。にしてもシャクられるの警戒してTidehunterよりはYetiのほうがなんとかなったのでは?と思うんだけど...7-0
本体100点が終わったので終わり。

■01/30(土)
DruidでRanked かな
○ Hunter Face 先行 相手初動2T目Eluk ハズレ MadScientistをWrathで捌いたりいろいろで相手息切れし勝利
○ Hunter Face 先行 勝ち。ライフが1残った最終ターン、コンボあって勝った。普通
適当なコメントしかない。

■01/31(日)
昨日2個終わったので今日は残Dailyが1→2
起動してやりにくそうなshaman3勝をResetだけして終了


今週はこんな感じ。
もう現時点で結構、この日記要らなくね?な気分になってる。
steam gamer tag
PSN gamer tag

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ