Tacoma
http://store.steampowered.com/app/343860

遂に発売を迎えた「Tacoma」のローンチトレーラーが公開、傑作“Gone Home”を生んだFullbrightの新作
http://doope.jp/2017/0867639.html
雑な私のレビュー(@steam)
http://steamcommunity.com/id/masamasa/recommended/343860


001
3時間でクリア!!怒涛の一本道なので、リプレイ性皆無です。
うーんこの思い切りは寧ろ凄い。


Tacomaである

ここでいうTacomaとは、ゲーム中に登場、ゲームの舞台となった宇宙ステーションの名前です。
ゲーム自体の舞台設定は近未来、ゲームの舞台が宇宙ステーションっていうんだから、まぁSF。
だもんで、SF的なブツが多く登場します。
これもプレイするとすぐにわかるんですけど、なるほどSFです。

ですがしかし舞台設定が近未来で宇宙のSF物語といえども、現在進行形の我々の文化の片鱗が、(あるいは形を変えて)そこには残っています。
それは、100年前,200年前,それ以前から我々の文化に存在し続けている、物語や恋愛、音楽、酒、各人の抱える人間関係の問題なんか。
それらは今まで生き残ってきた以上、100年先,200年先もある程度(...あるいは人類がこの形で生きていくならば永遠に付きまとう存在として)
残っていくであろう。...そんな雰囲気,作り手の思いを感じさせられました。

(ゲーム自体の舞台は2088年です)

詳しいことは書けないすね...。

しかしまぁ、こう、現在から想像した未来だけど
未来でも人は悩んでるんだろうな 的な部分が語られます。
求職,就職,金銭,契約や親子関係,デマ(?)とか
経済活動,企業の活動における人間の価値は低下し
人間(とくにこの作品に主に出てくる6人)は不安に振り回されています。
勿論、宇宙空間故の不安要素も。


metascoreは物語る

賛否両論
だけれども、その否の部分の大凡は、同開発陣の過去作品"Gone Home"と同類の物...
 (つまりそれらは失敗ではなく、意図されたデザインなのだと言える)
なので、賛否の否を上回る賛を"Gone Home"に感じられた人...
 (全ての人がそうだとは思えないし、実際、そうである必要はない)
...そういった人達には、自信をもって勧められる、まさに期待した作品と言える感じすね。
なんのこっちゃない、いつもと同じって話ですね。

逆に言うと、凄く対象が狭い作品ということも言えます。
 (売り上げ,今後の同開発陣の作品リリースに懸念を感じる人もいるかもしれない。いてもおかしくない。
...少なくとも私は多少、そう、かんじたり...。)

"Gone Home"未プレイの方でも、楽しめそうだな...って思った場合は、是非プレイしてもらいたい。

面白かったです。