The Pedestrian
https://steamcommunity.com/id/masamasa/recommended/466630/

修正前:
001
パズルとしては比較的シンプルで、ステージ構成も基本ギミック+各エリアごとのちょっと特殊なギミックという一般的なもの。
ゲームとしては単なるパズルではない世界の広がりを感じさせられる逸品という風格。パズル単体を飛び出し、パズル内での行動が背景世界に影響を与えたり、また背景世界の制約がパズル内に反映されたりという要素が各所にみられ、プレイしていて非常にワクワクとさせられました。

ふわっとした感じでゲームが始まる為上手くごまかされているんですが、ゲーム途中で、プレイヤーはどこに向かっているのか?何をしようとしているのか?といった疑問やなにやらが沸き、その展開が上手くゲーム難度の上昇と相まっていいテンションで最後までプレイできました。上手い導入,着地だと思いました。例えて言うなら、映画を映画館で見るような体験です。そう、ラストアクションヒーロー のような。

値段対プレイ時間的にも映画館での映画くらいなので、人によってはちょっと物足りないだとか、隠し要素,周回要素が欲しいという不満は残るかもしれません。


修正後
このゲームは面クリア型のパズルゲームです。
パズルを解いて次のステージに進む、とステージ単位のパズルを繰り替えす内容で、パズル自体も比較的シンプルな内容になっています。全体の構成も、基本ギミック+各エリアごとに用意されたちょっと特殊なギミックという一般的なものになっており、エリア別に舞台の背景が街並みであったり下水であったり裏通りや大学と移り変わっていきます。
このゲームの一番大きな特徴は、そうしたエリア別の変化に、単なるパズルではない世界の広がりを感じさせられるつくりになっていることです。そもそもの各ステージでのパズルを解くための行動が、パズル単体を飛び出して背景世界に影響を与えたり、また背景世界の制約がパズル内に反映されたりという要素が各所にみられるのです。
例として挙げると、ステージの右端にある出口(大半のステージの目的は出口に到達することです)に到達すると背景画面が右にスクロールし、次のステージのモニタに主人公が左から登場します。出口が画面の下にある場合は下にスクロールして上から登場しますし、鍵を開けることが目的ならば、そのステージの背景に用意された鍵が開きます。
そうした細かな演出が素晴らしいゲームで、このゲームの本質はパズル本体ではなく背景にあるのでは?と思わせられるつくりになっており、非常にワクワクとさせられました。
ということで、画面を見た感じ面白そう!!と思った方にオススメです。

このゲームの本質はパズル部分ではないのでは?という考えはまたゲーム自体のストーリーにもあらわれています。ふわっとした感じでゲームが始まる為上手くごまかされてしまうのですが、ゲーム途中で、このゲームのプレイヤーはどこに向かっているのか?何をしようとしているのか?といった疑問が沸くと思います。このあたりの語り口は上手く、その疑問に後押しされながら転がるように話を進めていく、その展開が上手くゲーム難度の上昇と相まっていいテンションで最後までプレイできました。上手い導入,着地だと思います。例えて言うなら、映画を映画館で見るような体験です。

値段対プレイ時間的にも映画館での映画くらいなので、人によってはちょっと物足りないだとか、隠し要素,周回要素が欲しいという不満は残るかもしれません。逆に週末の午後に初めて夕飯前には終わる程度のボリュームだからちょっと気になるなと言う人にも気軽に勧められるという、そういった不満点の逆の側面でもあるかな、と思います。適当なモノローグ,文章だとか物語を演出する要素をもっと用意して多少ボリュームを水増しした方が、より評価する人が増える話かもしれませんね。

また先述の通り、画面を見た感じ面白そう!!と思った方にオススメなゲームなのですが、タイトルにゴキブリがいたりと、変なきどらなさや露悪的な部分も残っていて、ちょっとデザインの足並みが揃っていないのでは?と思わされます。なんでそこにゴキブリを用意しちゃうんですかね...。
ちょっとでも気になった方は、そういう部分には目を瞑ってもらい、勢いを大事に突っ込んでみることをオススメしたいな...と思います。

---
長くなりすぎてしまった。(455文字→1305文字)
草。
更に修正して400字目安にする。


001
比較的シンプルな面クリア型のパズルゲームで、基本ギミック+各エリアごとに用意されたちょっと特殊なギミックという構成になっています。
このゲームの一番大きな特徴は、そうした各ステージの構成が、パズル単体を飛び出して背景世界に影響を与える部分で、例えばそのステージの目的が鍵を開けることならば、そのステージをクリアした際、ステージの背景に用意された鍵が開きます。そうした細かな演出の積み重ねが素晴らしいゲームで、このゲームの本質はパズル本体ではなく背景にあるのでは?と思わせられるつくりになっています。

ということで、画面を見た感じ面白そう!!と思った方にオススメです。是非その勢いで購入しましょう

他のレビューにもあるかと思いますが、不満が起きそうなポイントとしては値段対プレイ時間のボリューム不足があげられます。適当なボリューム水増要素があったほうが、より評価する人が増える話かもしれません。このあたりは自分がどういうゲームが好きで嫌いなのかを把握して判断してもらう方がよいと思います。
---
445文字

レビューに正解はない話だとは思うのだけど、
とりあえず問題になりそうな箇所を目立つ範囲で直す+付け加える方向で考えてみた。
突き抜けた異質なレビューの方が耳目をひける というのはあるけど、そういうのじゃない方向で。