BGA:LivingForest
http://blog.livedoor.jp/lava3/archives/52324848.html
小ネタとかテクニックとかセオリー(と考えているモノ)とか
について追記

・精霊は複数枚買える
初心者のころはうっかり忘れがち
多量購入多量消火の動き...がこのゲームのインタラクションで一番大きなモノなように思う。

・墓地を確認できる
自分のボード下側にあるカードの束がそれ。格納されているのでクリックして確認しよう
このゲーム、黒丸がデッキに残っている枚数を知る為に、
そこまで黒丸が出た枚数カウンティングしなくちゃいけないのか...だるいな
とか思ってたら、確認できた。
最初何ゲームか、無駄な努力/やらなくて良い努力してた...。

・1ラウンド目に黒丸3枚めくった場合
ダメージが大きいが、次ターンにデッキに黒丸は2枚しかない為、デッキを全部めくることができる
というのが大きなメリット
次ターンに高出力で動ける前提でアクションするのが良い

・トークン強い
1T目に早々に黒丸が2枚めくれてしまって...という時
キープしてトークンを取ると次のターンにデッキを全部めくることができる という考え方もできる。
スタートダッシュとしてはかなり良い。
1ターン目に3番手の場合、次のターン(2番手)に多量にリソースがでるので、
それを使って精霊を買い炎を出しまくって更に次のターン(1番手)に大量消火...ができるといいな....

・1ラウンド目の消火
1ラウンド目だけは、2炎が1枚(1点)しかないので消火が選ばれないことがある(カードの捲れ方次第)
ここで手番が早いかつ1水しかない みたいな場合に悩むことになる。
基本的に水が出る木を買うのが良い,無難
うっかり炎上するとダメージが大きいし、なんなら後手番はそれを狙うのが良い。
気付いたら煽って炎上させていこ

・移動
1アクションがついてくるマスは勿論強いのだが埋まりがち
同じく3番手の場合、次のターン(2番手)に多量にリソースを"出すため"にトークンを取りに行く
みたいなオプションを考えるのが良いように思う。
うっかりトークンの方が強いという可能性もあるのではないか?と考えている



うーん、このゲーム、かなり面白いのでは???